347件中 21 - 30件表示
  • 救急救命士

    救急救命士から見た救急車救急車

    救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし、米:Emergency Medical Technician、英:Emergency Medical Technician Paramedic)は、病院への搬送途上に限り傷病者に対し救急車等にて救急救命処置を施し、速やかに病院へ搬送することを目的とした国家資格の名称。救急救命士 フレッシュアイペディアより)

  • 九州新幹線 (鹿児島ルート)

    九州新幹線 (鹿児島ルート)から見た救急車救急車

    九州新幹線の列車において実施される急患搬送協力体制のこと。体調が悪くなった客が横になれるようにN700系と800系新幹線車両に設置されている多目的室を活用し、対象は新生児など周産期の緊急治療が必要な患者であるとされる。元々日本の患者の救急搬送体制には救急車とドクターヘリ等があるが、それらは数が少なく緊急時には利用することができなくなり、更にはヘリでは急激な気圧変化が懸念され、陸上の救急車搬送では振動や長い所要時間で患者に負担をかけることになるという問題があった。そこで高度医療を担う病院が多い拠点都市間の同士を短い所要時間で頻繁に結んでいる新幹線に注目し、医療界がJR側に協力を仰ぎ実現することになった。九州新幹線 (鹿児島ルート) フレッシュアイペディアより)

  • 救急自動車

    救急自動車から見た救急車救急車

    救急自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急搬送

    救急搬送から見た救急車救急車

    救急搬送 フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・スティンソン

    キャサリン・スティンソンから見た救急車救急車

    1915年7月18日シカゴのシセロ飛行場で宙返り飛行を行った最初の女性飛行士となった。その後、500回ほど宙返りを演じ、1度も失敗することはなかった。彼女の操縦した飛行機はピッチの制御とロールの制御を別々のレバーで行うライト式の操縦方法であったことは特筆に値する。日本での興行飛行にも参加し、美貌の女流飛行家として人気を得た。またアメリカ合衆国での郵便飛行を行なった最初の女性飛行士の1人であった。第一次世界大戦中はカーチスJN-4ジェニーやその単座型のカーチス スティンソン・スペシャルで飛び、アメリカ赤十字の資金集めのための飛行を行ない、カナダでの飛行では、カナダの飛行距離と飛行時間の記録を残した。ヨーロッパで赤十字の救急車の運転手を務めた。1920年に飛行するのをやめた。キャサリン・スティンソン フレッシュアイペディアより)

  • 阿倍野消防署

    阿倍野消防署から見た救急車救急車

    阿倍野区松崎町4丁目に位置し、晴明通・阪南の2出張所、約120名の職員、特別救助隊(都市災害対応救助隊)、消防車、救急車が配備され、阿倍野区の安全確保に努めている。阿倍野消防署 フレッシュアイペディアより)

  • 広州総合病院

    広州総合病院から見た救急車救急車

    中国の一般的な救急車は信用性に疑問があるため、広州で救急車を呼ばなければならないような、非常事態に陥った場合には広州総合病院の対外医療連絡部という部署へ直接電話して病院の救急車を直接呼ぶと安心である。広州総合病院 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽市消防本部

    鳥羽市消防本部から見た救急車救急車

    1964年10月 救急車を消防本部に配備。鳥羽市消防本部 フレッシュアイペディアより)

  • 亀山市消防本部

    亀山市消防本部から見た救急車救急車

    1969年8月 救急車を消防署に配備。(同年9月救急業務を開始)亀山市消防本部 フレッシュアイペディアより)

  • 三沢市消防本部

    三沢市消防本部から見た救急車救急車

    1970年4月 救急車を消防署に配備し、救急業務を開始する。三沢市消防本部 フレッシュアイペディアより)

347件中 21 - 30件表示

「救急医療」のニューストピックワード