前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • 救急車

    救急車から見た人力車

    救急車(きゅうきゅうしゃ)は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両である。自動車のない時代から救急車は存在し、馬車や人力車が用いられていた。自動車が発明されてからは自動車が主流となっている。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見たスター・オブ・ライフ

    救急車は各国の法律に合わせ、緊急車両としてサイレンアンプと青色や赤色、又は橙色・緑色などの回転・点滅灯を装備している。車体には地域の住民や外国人にも救急車だと識別できるよう、「AMBULANCE」、「Emergency Medical Service(EMS)」、「所属名」、「緊急通報用電話番号」、「スター・オブ・ライフ」などのマークと救急車専用の塗装が施されている。例として、日本では白の車体の真ん中に赤いラインが引かれている。スウェーデンやイギリスでは黄色を主体に蛍光の黄色と緑のチェック柄模様がライン状に施されている。アメリカでは救急車の運営主体によって塗装色に差異があり、白地に青ライン、赤地に白ラインなど様々なタイプがある。世界的には白色、又は黄色をベースに赤十字の配色である赤色、又は青色や蛍光橙色のラインを採用している国が多い。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見たタクシー

    州により様々。ニューヨーク州では600ドルほど請求される。カリフォルニア州では、基本料金にタクシーのように搬送距離に応じた加算が行われる。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見たカリフォルニア州

    州により様々。ニューヨーク州では600ドルほど請求される。カリフォルニア州では、基本料金にタクシーのように搬送距離に応じた加算が行われる。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見たアメリカ

    大衆に自動車が普及し始めた1920年代以降、救急車は自動車をベースに制作されるようになり、20世紀後半以降多くの国・地域で自動車が救急搬送の主要な手段として採用されている。また、陸路を走る救急車を補完するために救急ヘリや救急船などが新たに開発された。ヨーロッパやアメリカなどでは地方都市間の距離が長く、山岳地域も多いことから搬送時間短縮のため救急ヘリが広く普及している。このように地形などの事情で、救急ヘリを使った搬送の方が多い国もある。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見た自動車

    救急車(きゅうきゅうしゃ)は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両である。自動車のない時代から救急車は存在し、馬車や人力車が用いられていた。自動車が発明されてからは自動車が主流となっている。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見た日本

    日本国内の救急車については日本の救急車を参照。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見た赤十字

    救急車の歴史は戦争・軍事と深い関係を持つ。戦時国際法の下で赤十字章をつけた救急車は戦闘中であっても攻撃されず傷病者を搬送することが認められている。ただし、救急車への武器の携行は許されていない(衛生兵は護身・防衛用の拳銃を同僚に預け武装解除してから同乗する必要がある)。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見たイギリス

    救急車は各国の法律に合わせ、緊急車両としてサイレンアンプと青色や赤色、又は橙色・緑色などの回転・点滅灯を装備している。車体には地域の住民や外国人にも救急車だと識別できるよう、「AMBULANCE」、「Emergency Medical Service(EMS)」、「所属名」、「緊急通報用電話番号」、「スター・オブ・ライフ」などのマークと救急車専用の塗装が施されている。例として、日本では白の車体の真ん中に赤いラインが引かれている。スウェーデンやイギリスでは黄色を主体に蛍光の黄色と緑のチェック柄模様がライン状に施されている。アメリカでは救急車の運営主体によって塗装色に差異があり、白地に青ライン、赤地に白ラインなど様々なタイプがある。世界的には白色、又は黄色をベースに赤十字の配色である赤色、又は青色や蛍光橙色のラインを採用している国が多い。救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 救急車

    救急車から見たスウェーデン

    救急車は各国の法律に合わせ、緊急車両としてサイレンアンプと青色や赤色、又は橙色・緑色などの回転・点滅灯を装備している。車体には地域の住民や外国人にも救急車だと識別できるよう、「AMBULANCE」、「Emergency Medical Service(EMS)」、「所属名」、「緊急通報用電話番号」、「スター・オブ・ライフ」などのマークと救急車専用の塗装が施されている。例として、日本では白の車体の真ん中に赤いラインが引かれている。スウェーデンやイギリスでは黄色を主体に蛍光の黄色と緑のチェック柄模様がライン状に施されている。アメリカでは救急車の運営主体によって塗装色に差異があり、白地に青ライン、赤地に白ラインなど様々なタイプがある。世界的には白色、又は黄色をベースに赤十字の配色である赤色、又は青色や蛍光橙色のラインを採用している国が多い。救急車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「救急医療」のニューストピックワード