前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
228件中 1 - 10件表示
  • 救急指定病院

    救急指定病院から見た救急医療救急医療

    救急医療について、相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。救急指定病院 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県立こども病院

    宮城県立こども病院から見た救急医療救急医療

    東北地方で唯一の高度小児専門病院として、2003年(平成15年)に開設された。外来診療は、基本的に紹介状(診療情報提供書)を持った患児を対象とする予約制であり、周産期・小児の三次救急については1年中24時間対応するが、母体側に合併症がある場合や低出生体重児の搬送については、仙台赤十字病院や東北大学病院と役割分担して受け入れている。二次救急は仙台医療圏(仙台市内が圏域)の輪番制に参加。一次救急は基本的に受け入れていない。宮城県立こども病院 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜市民病院

    岐阜市民病院から見た救急医療救急医療

    岐阜市における基幹病院の一つとして地域医療を支える存在となっているが、他の中核病院の例に漏れず本院でも外来診療は非常に混雑した状況が続いており、内科など一部の診療科では予約診療でなければ1?3時間待ちという状況も散見される。本来、一次医療機関(診療所、町医者)が非常に発達している岐阜市ではこういった状況は少ないはずなのであるが、大病院ならではの安心感が(本院を含む中核病院に)患者をひきつけているという面もあり抜本的な解決策は無い。救急医療においては岐阜市民病院は救命救急センターは開設されていないものの、救急診療部を設置して岐阜市病院群輪番制(二次救急)に参加しており、毎年約3,000台もの救急搬送・22,000人にもおよぶ救急外来を受け入れる岐阜医療圏でも最も救急患者数の多い病院の一つである。また小児救急に関しては一次医療を行う岐阜市小児夜間急病センターを院内に併設し運営の支援を行うとともに、本院小児科は二次医療的な症例に対応する病院として岐阜市小児二次救急病院群輪番制に参加している。岐阜市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急通報受理機関

    緊急通報受理機関から見た救急救急医療

    救急 — 救急車と救急隊員を派遣し、緊急に医療を必要とする傷病者の応急手当をする。緊急通報受理機関 フレッシュアイペディアより)

  • たらい回し

    たらい回しから見た救急医療救急医療

    現在、救急患者は増加しているにもかかわらず、救急医療を提供する体制は、病院の廃院、診療科の閉鎖、勤務医への負担などにより極めて不十分な状況にあり、名ばかりの「救急医療」となっている。医療機関側にあっては、救急医療は医療訴訟のリスクが高く、病院経営上の医療収益面からみてもメリットはない等の状況が、救急医療の崩壊に拍車をかけている。なお、救急医療体制を充実させても、患者が来ないために空きベッドが多く、経済的な観点から相当でないという背景もある。たらい回し フレッシュアイペディアより)

  • 日本臨床救急医学会

    日本臨床救急医学会から見た救急医療救急医療

    一般社団法人日本臨床救急医学会(にほんりんしょうきゅうきゅういがくかい、英文名 Japanese Society for Emergency Medicine)は、医師のみならず看護師、救急隊員ほか救急医療に関係するコメディカルや消防機関が参加し救急医療の進歩発展を図るために設立された学術団体。日本臨床救急医学会 フレッシュアイペディアより)

  • 孤独死

    孤独死から見た救急医療救急医療

    独居者の突然死は孤独死には含まれないとはされるものの突然死する直前の心肺停止段階の場合は適切な救急救命医療(→救急医療)によって救命できる可能性もある以上、場合によってはこれに含まれるケースもあると考えられる。孤独死 フレッシュアイペディアより)

  • 特定機能病院

    特定機能病院から見た救急医療救急医療

    救急医療を提供することは義務付けられていない。(救急医療の提供義務は地域医療支援病院)特定機能病院 フレッシュアイペディアより)

  • 医龍-Team Medical Dragon-

    医龍-Team Medical Dragon-から見た救急救命救急医療

    明真大学付属病院救急救命部麻酔医で全身管理を司る麻酔のプロ。明真大学付属病院救急救命部に「手術一回につき100万円(論文絡みなら300万と跳ね上がるらしい)」という高額な報酬で雇われて居る。吸入麻酔を故意に吸い込み、酩酊状態になって遊ぶ悪癖を持っているが、その仕事ぶりは如何なる患者でも「ゆっくり数えて7つ」で麻酔を効かせ、的確な判断で生体肝移植のドナーの術中死を未然に食い止めるほどの腕前。麻酔薬の治験のために患者を死なせた過去を持ち、贖罪のために敢えて守銭奴を演じ、高価な酒で泥酔するなど悪役として振る舞っている。一時期、麻酔の世界的権威であるドクター・バウマンにミスをフォローされたことをきっかけに自信を喪失していたが、伊集院の心からの説得により立ち直る。その後は麻酔遊びをやめ、自分の腕が鈍らないうちに少しでも多くの若手を育てることを決意する。医龍-Team Medical Dragon- フレッシュアイペディアより)

  • 麻酔科医

    麻酔科医から見た救急医療救急医療

    麻酔科医(ますいかい、)または麻酔科医師、麻酔医、麻酔医師とは、術前、術中、術後に麻酔の管理を行う麻酔科の医師であり、今日では手術の進行と共に不安定になる患者の容態を医療行為によって生命維持する役割(全身管理)を担う。術中だけでなく術前・術後の麻酔科医の任務を重視して、他科と協同して行う周術期管理と呼ぶ。手術室でのチーム医療(手術チーム)の一員である他、複数の麻酔科医を麻酔チームと呼ぶこともある。重労働であるため、他国でNurse Anesthetistを制度化している例があるが、日本では看護師などコメディカルの周術期業務を整理・統合し、患者の入院から手術を経て退院までの業務の流れを効率化するのと合わせて、麻酔科医を名実共にリーダーとして周術期のチーム医療を実現するという「周術期管理チーム」の名称の下に調整が進行中である。全身麻酔手術中は、麻酔と筋弛緩剤によって、呼吸を含む患者の生命維持機能の多くが停止するため、必然的に麻酔のみでなく生命維持全般を受け持つ。術後の意識状態の確認も含み、救急医療での蘇生(心肺蘇生法)との学術的繋がりが深いため講座名として麻酔蘇生学を名乗る教室が増えている。救急外来(ER)では通常救急専従医か麻酔科医のどちらかが主治医となり急患の全身管理を担う。麻酔科とペインクリニックの両方を標榜する診療科もある。麻酔薬の薬理学などを外科学に応用する立場で、学術的な関連領域は広い。麻酔科医 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
228件中 1 - 10件表示

「救急搬送受け入れ拒否」のニューストピックワード