331件中 11 - 20件表示
  • 孤独死

    孤独死から見た救急医療救急医療

    独居者の突然死は孤独死には含まれないとはされるものの突然死する直前の心肺停止段階の場合は適切な救急救命医療(→救急医療)によって救命できる可能性もある以上、場合によってはこれに含まれるケースもあると考えられる。孤独死 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜市民病院

    岐阜市民病院から見た救急医療救急医療

    岐阜市における基幹病院の一つとして地域医療を支える存在となっているが、他の中核病院の例に漏れず本院でも外来診療は非常に混雑した状況が続いており、内科など一部の診療科では予約診療でなければ1?3時間待ちという状況も散見される。本来、一次医療機関(診療所、町医者)が非常に発達している岐阜市ではこういった状況は少ないはずなのであるが、大病院ならではの安心感が(本院を含む中核病院に)患者をひきつけているという面もあり抜本的な解決策は無い。救急医療においては岐阜市民病院は救命救急センターは開設されていないものの、救急診療部を設置して岐阜市病院群輪番制(二次救急)に参加しており、毎年約3,000台もの救急搬送・22,000人にもおよぶ救急外来を受け入れる岐阜医療圏でも最も救急患者数の多い病院の一つである。また小児救急に関しては一次医療を行う岐阜市小児夜間急病センターを院内に併設し運営の支援を行うとともに、本院小児科は二次医療的な症例に対応する病院として岐阜市小児二次救急病院群輪番制に参加している。岐阜市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 離脱

    離脱から見た救急医療救急医療

    ニコチンでは、ニコチンパッチのような置換療法が存在する。ニコチンからの離脱によって、救急医療を必要とすることは一般的ではない。離脱 フレッシュアイペディアより)

  • 上條吉人

    上條吉人から見た救急医療救急医療

    上條 吉人(かみじょう よしと、1959年 - )は、日本の精神科医兼、救急医であり、『臨床中毒学』を執筆した救急医療の専門家である。北里大学病院の救命救急センター医局長、同大学医学部救命救急医学講座の特任教授や、北里大学メディカルセンターの救急科教授兼部長を経て、現在は埼玉医科大学病院急患センター(ER)の診療副部長兼救急科教授。上條吉人 フレッシュアイペディアより)

  • 石巻市立病院

    石巻市立病院から見た救急医療救急医療

    1987年(昭和62年)4月13日、旧北上川河口付近の石巻市南浜町1丁目7番25号に設置された「石巻市夜間急患センター」が診療を開始したが、二次および三次救急医療の充実のため、1998年(平成10年)1月7日に同センター隣接地に当院は開院した。石巻市立病院 フレッシュアイペディアより)

  • 意識

    意識から見た救急医療救急医療

    医療分野では患者の意識の状態を意識レベルという数値で評価する。特に救急医療や麻酔科学分野で用いられる。意識 フレッシュアイペディアより)

  • 日本臨床救急医学会

    日本臨床救急医学会から見た救急医療救急医療

    一般社団法人日本臨床救急医学会(にほんりんしょうきゅうきゅういがくかい、英文名 Japanese Society for Emergency Medicine)は、医師のみならず看護師、救急隊員ほか救急医療に関係するコメディカルや消防機関が参加し救急医療の進歩発展を図るために設立された学術団体。日本臨床救急医学会 フレッシュアイペディアより)

  • 小児初期救急センター

    小児初期救急センターから見た救急医療救急医療

    小児初期救急センター(しょうにしょききゅうきゅうセンター)とは崩壊寸前である小児救急を維持すべく地域の小児科医を集約し初期救急に対応する施設である。小児初期救急センター フレッシュアイペディアより)

  • 救急救命士

    救急救命士から見た救急救命救急医療

    救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし、米:Emergency Medical Technician、英:Emergency Medical Technician Paramedic)は、病院への搬送途上に限り傷病者に対し救急車等にて救急救命処置を施し、速やかに病院へ搬送することを目的とした国家資格の名称。救急救命士 フレッシュアイペディアより)

  • 救急救命室

    救急救命室から見た救急医療救急医療

    従来、日本では1次・2次・3次と重傷度に応じた医療機関(救急指定病院)が設定されており、重傷度に応じて救急隊が搬送するというシステムが採られていた。日本の救急医療は元来、3次救急医療を中心に発展してきたが、患者のニーズに答えるためには1次、2次救急医療の整備も急がなくてはならないことが指摘されていた。そこで1次、2次救急医療をもこなせる救急医療システムおよび救急医を育成するという方向転換が図られ始めた。またこれらはあくまでも救急車来院の患者に関してであり、独歩来院に関してはほとんど検討されていなかった。3次救急医療を担う各地の救命救急センターや高度救命救急センターでは原則として救急車来院を診察し、時間外における独歩来院は別部門が診察する所もあった。救急車来院だけでなく、独歩来院の中にも重症患者が潜んでいることがある。そこで、こうした諸問題を解決するために北米型ERシステムを採用する病院が現れ始めている。救急救命室 フレッシュアイペディアより)

331件中 11 - 20件表示

「救急搬送受け入れ拒否」のニューストピックワード