331件中 41 - 50件表示
  • ダメージコントロール手術

    ダメージコントロール手術から見た救急医療救急医療

    腹腔内圧が高く閉腹困難である場合、輸液用のフィルムバッグによる閉腹(silo closure)も検討される。多くの三次救急医療機関では、ダメージコントロールの思想を駆使して、多発外傷患者の救命に全力を尽くしている。ダメージコントロール手術 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜中央病院

    岐阜中央病院から見た救急医療救急医療

    終末期医療においては、岐阜中央病院には28床からなる緩和ケア病棟(ホスピス)を有しており、日本医療機能評価機構にも付加機能として認定されている。緩和ケア病棟の設置は岐阜県では本院が唯一であることから、岐阜県においては緩和医療の中心的な役割を担っている。また慢性期医療や終末期医療だけでなく、本院は急性期医療に関しても力を入れており、救急医療に関しては二次救急病院として年間1200?1500台の救急搬送・5000人前後の救急患者を受け入れている。2007年7月には心臓カテーテル室が設置され、循環器科の診療機能拡大が図られている。そのほか脳神経外科病棟には脳卒中センターとしての機能を有している。岐阜中央病院 フレッシュアイペディアより)

  • みどり病院 (岐阜県)

    みどり病院 (岐阜県)から見た救急医療救急医療

    急性期医療を中心に岐阜市東部の地域医療を支えている。救急医療においては一次救急を中心に二次救急まで対応しており、年間300台前後の救急搬送を受け入れている。また近隣には「すこやか診療所」や「みどり訪問介護ステーション」、「すこやかデイサービスセンター」など福祉・介護施設が点在しており、福祉・介護分野においても地域における中心的な役割を果たしている。みどり病院 (岐阜県) フレッシュアイペディアより)

  • CTAS

    CTASから見た救急救急医療

    CTAS(Canadian Triage and Acuity Scale)は、カナダで10年以上の開発・運用実績のある救急外来での救急外来患者緊急度判定(トリアージ)システムである。欧米では、従来、戦争や災害時の医療で用いられてきたトリアージの概念を、一般の救急医療、救急外来における患者緊急度判定に導入する研究が先行しておりカナダやアメリカでは実際に運用されている。カナダではこの問題に先進的に取り組んでいて、病院外来の患者緊急度判定システムCTAS(Canadian Triage & Acuity Scale)の開発と運用を行っている。カナダではインターネットで住民に公開されており、患者のサイドでも本システムを利用することが可能である。CTAS フレッシュアイペディアより)

  • ホスピーラ・ジャパン

    ホスピーラ・ジャパンから見た救急救急医療

    事業内容:病院関連製品(ジェネリック注射剤、医療過誤防止システム、救命救急監視システム、麻酔剤および鎮痛剤)の輸入・販売ホスピーラ・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 急患

    急患から見た救急医療救急医療

    救急医療を必要とする患者のこと 。急患 フレッシュアイペディアより)

  • バイタルサイン

    バイタルサインから見た救急医療救急医療

    5つ目や6つ目としては、瞳孔の反射を診ることも行われ、尿量を含める場合もある。救急医療では、バイタルサインとして意識レベル(意識スケール)も重要視している。最近では、パルスオキシメーターによる動脈血酸素飽和度(SpO2)の測定値も含めることがある。バイタルサイン フレッシュアイペディアより)

  • 石川錬治郎

    石川錬治郎から見た救急救命救急医療

    千葉大学園芸学部助手などを経て、1990年、秋田市長選挙に出馬し初当選(以後3期連続当選)。秋田市交通局および秋田市ガス局の民間への移管や秋田市消防本部における救急救命の整備、秋田県では初となる中高一貫校の開設、現在も継承されている各地域への市民サービスセンターの整備などに尽力。ユニークなものとして、月に1回、市民と直接電話で意見や提言などを聞く市長ホットラインを開設していた。3期目途中の2001年、女性への現金授受問題が取り沙汰される中、妻の介護を理由に辞任。石川錬治郎 フレッシュアイペディアより)

  • たらい回し

    たらい回しから見た救急医療救急医療

    現在、救急患者は増加しているにもかかわらず、救急医療を提供する体制は、病院の廃院、診療科の閉鎖、勤務医への負担などにより極めて不十分な状況にあり、名ばかりの「救急医療」となっている。医療機関側にあっては、救急医療は医療訴訟のリスクが高く、病院経営上の医療収益面からみてもメリットはない等の状況が、救急医療の崩壊に拍車をかけている。なお、救急医療体制を充実させても、患者が来ないために空きベッドが多く、経済的な観点から相当でないという背景もある。たらい回し フレッシュアイペディアより)

  • 病歴

    病歴から見た救急救急医療

    病歴は患者の深刻さや現場によって異なることがある。たとえば、救急車医療においては患者の名前、徴候の現れた時期、アレルギーなどの詳細な情報を得るのには限度がある。それとは対称的に、精神障害者の病歴は、精神病の治療を行うのに適切な多くの情報を得るために、長期間で詳細にわたる。病歴 フレッシュアイペディアより)

331件中 41 - 50件表示

「救急搬送受け入れ拒否」のニューストピックワード