228件中 41 - 50件表示
  • 消防署長

    消防署長から見た救急救急医療

    消防署長(しょうぼうしょちょう)とは、消防署の長のことをいう。平時にあっては予防・警防業務全般を統括するとともに、災害時・有事にあっては消防本部の司令を受け、管内の出張所・署員を指揮して火災や救急などり災害に対処する。消防署長 フレッシュアイペディアより)

  • 大垣市民病院

    大垣市民病院から見た救急医療救急医療

    設備面においてはMRIやSPECT、マンモグラフィなど多数の高度医療機器を備えている。施設面においては、1982年から順次進めてきた管理棟・病棟の改築が3病棟の竣工をもって完成しており、この際にがん化学療法を外来で行う「通院治療センター」(全国最大規模)や東海地方最大級の輸血センターなどの高度な医療設備、災害医療・救命救急対策としてヘリポートの整備などが行われた。ICUやNICUなどの各集中治療室はいずれも岐阜県で最大規模の病床数を有しており、救急医療・高度医療に対応している。外来患者が多いことに対応して、周辺には大小かなりの数(第55駐車場まで、欠番が多いので実際には28ヶ所)の駐車場が整備されている。また2007年1月から外来診療において、同年2月からは病棟においても電子カルテが導入されておりIT化が進められている。そのほか敷地内には職員向けに院内保育園も設置されている。また、岐阜県結核予防計画に基づく結核病床を有する病院である。 他に県内では長良医療センター、羽島市民病院、県立多治見病院、白鳥病院など当院を含めて9病院が指定されている。大垣市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都保健医療公社東部地域病院

    東京都保健医療公社東部地域病院から見た救急医療救急医療

    1982年12月の東京都長期計画において、区東部と多摩南部にそれぞれ1カ所の病院を建設すること、そしてその運営については公設民営方式をとることが発表された(開設者は都と東京都医師会が出資する公社であり、都ではない)。これは、東京都のうち区東部の墨田区・江東区・足立区・葛飾区・江戸川区については相対的に病院が少ないことが理由であり、新病院においてはプライマリ・ケアの支援や病診連携の促進を図ることなどが目的であるとされた。診療機能については重点医療として地域に不足する循環器医療、及び救急医療を行うことなどが区東部地域病院建設委員会から報告された(1987年12月)。用地については都有地(元三共亀有工場跡地)に決まり、1988年3月に着工された。建物等については公社が東京都から無償貸付を受けている。東京都保健医療公社東部地域病院 フレッシュアイペディアより)

  • 国保中央病院

    国保中央病院から見た救急医療救急医療

    がん治療に実績があり、県内で唯一のホスピスを有するほか、2007年1月31日付で地域がん診療連携拠点病院に指定されていたが、2010年3月31日をもって指定を辞退した。また、桜井地区(桜井市・宇陀市・磯城郡・宇陀郡)の病院群輪番制参加病院(5病院)、中南和地区の二次小児救急輪番医療機関(8病院)として救急医療も担当している。国保中央病院 フレッシュアイペディアより)

  • 高度救命救急センター

    高度救命救急センターから見た救急医療救急医療

    高度救命救急センター(こうどきゅうめいきゅうきゅうセンター)とは、救命救急センターのうち特に高度な診療機能を提供するものとして厚生労働大臣が定めるものであり、広範囲熱傷や指肢切断、急性中毒等の特殊疾病患者に対する救急医療が提供される。その特殊性ゆえ、心肺停止患者の搬送が多数を占め、患者死亡率も一般の救命救急センターよりも高い傾向にある。高度救命救急センター フレッシュアイペディアより)

  • 東京都保健医療公社多摩南部地域病院

    東京都保健医療公社多摩南部地域病院から見た救急医療救急医療

    東京都保健医療公社2番目の病院として1993年に開設(公社の性格は当該項目を参照されたい)。区東部に次いで病床数が少なかった多摩南部(八王子市、町田市、日野市、多摩市、稲城市)を対象とする地域病院として、二次医療(入院して継続的な治療・看護が必要となる医療)を提供する病院として設置するとともに、重点医療として救急医療・及び地域に不足しているがん医療を行うこととされた。現在は東京都のエイズ診療協力病院(エイズ治療拠点病院、1995年11月16日指定)、東京都災害時広報医療施設(東京都災害拠点病院、1997年2月28日指定)、地域医療支援病院(1998年9月4日承認)の機能を有する。東京都保健医療公社多摩南部地域病院 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜中央病院

    岐阜中央病院から見た救急医療救急医療

    終末期医療においては、岐阜中央病院には28床からなる緩和ケア病棟(ホスピス)を有しており、日本医療機能評価機構にも付加機能として認定されている。緩和ケア病棟の設置は岐阜県では本院が唯一であることから、岐阜県においては緩和医療の中心的な役割を担っている。また慢性期医療や終末期医療だけでなく、本院は急性期医療に関しても力を入れており、救急医療に関しては二次救急病院として年間1200?1500台の救急搬送・5000人前後の救急患者を受け入れている。2007年7月には心臓カテーテル室が設置され、循環器科の診療機能拡大が図られている。そのほか脳神経外科病棟には脳卒中センターとしての機能を有している。岐阜中央病院 フレッシュアイペディアより)

  • 独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センター

    独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センターから見た三次救急救急医療

    救命救急センターによる三次救急を中心とした救急医療独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センター フレッシュアイペディアより)

  • メディック

    メディックから見た救急医療救急医療

    メディック (medic) は、英語で医療従事者、特に救急医療従事者を広くさす言葉である。メディック フレッシュアイペディアより)

  • 長崎労災病院

    長崎労災病院から見た救急医療救急医療

    公益財団法人日本医療機能評価機構の認定病院である。設立当初からの労災医療他勤労者に関する医療を始め、長崎県県北地域における地域医療の拠点として、また救急医療を担う病院である。病院屋上には離島からの患者搬送等に備えて県北地域の病院では唯一ヘリポートが設けられている。長崎労災病院 フレッシュアイペディアより)

228件中 41 - 50件表示

「救急搬送受け入れ拒否」のニューストピックワード