331件中 51 - 60件表示
  • みらいしょうぼうし キュータ

    みらいしょうぼうし キュータから見た救急救急医療

    東京消防庁のマスコット「キュータ」は未来消防士。黄色のアンテナで危険をキャッチすると、スーパーマンのように空を飛び、消火活動と救急活動に駆けつける正義の味方。遙か彼方の未来から、悪の帝王ヒドラーを追ってやってきた未来の消防士キュータ。ヒドラーは不気味な円盤から次々に怪人たちを21世紀の東京に送り込む。怪人たちは次々と子供たちを唆し、火の勢いを強めていく。燃えさかる炎にさすがのキュータもひとりだけでは太刀打ちできない。だがキュータの心強い仲間?東京消防庁の消防隊が見事に火を消し止める。子供たちの力を借りてヒドラーを追いつめるキュータ。そのとき、東京を直下型大地震がおそう。キュータはプレッシャーに負けてしまいそうになるが、子供たちの活躍もあって、このピンチを回避するのだった。みらいしょうぼうし キュータ フレッシュアイペディアより)

  • 東京歯科大学市川総合病院

    東京歯科大学市川総合病院から見た救急医療救急医療

    東京歯科大学市川総合病院(とうきょうしかだいがくいちかわそうごうびょういん)は、千葉県市川市菅野五丁目にある医療機関。学校法人東京歯科大学の附属病院であり、慶應義塾大学病院の関連病院グループに含まれる。救急告示病院、災害拠点病院。東葛南部地域における中核病院であり、同地域に置ける救急医療の中枢を担っている。日本において珍しい歯科単科大学に属する医科・歯科総合病院であり、歯科は東京歯科大学直属で、医科は他大学医学部、医科大学の卒業生によって診療が行われている。病院の理念は「愛と科学で済生を」。東京歯科大学市川総合病院 フレッシュアイペディアより)

  • 感染防止衣

    感染防止衣から見た救急救急医療

    感染防止衣(かんせんぼうしい)とは救急活動時に感染防止のため着用する服装である。感染防止衣 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市消防局の救急隊

    大阪市消防局の救急隊から見た救急救急医療

    大阪市消防局の救急隊とは、大阪市消防局が救急業務を実施するため配置している隊である。救急車を運用している。大阪市消防局の救急隊 フレッシュアイペディアより)

  • 大垣市民病院

    大垣市民病院から見た救急医療救急医療

    設備面においてはMRIやSPECT、マンモグラフィなど多数の高度医療機器を備えている。施設面においては、1982年から順次進めてきた管理棟・病棟の改築が3病棟の竣工をもって完成しており、この際にがん化学療法を外来で行う「通院治療センター」(全国最大規模)や東海地方最大級の輸血センターなどの高度な医療設備、災害医療・救命救急対策としてヘリポートの整備などが行われた。ICUやNICUなどの各集中治療室はいずれも岐阜県で最大規模の病床数を有しており、救急医療・高度医療に対応している。外来患者が多いことに対応して、周辺には大小かなりの数(第55駐車場まで、欠番が多いので実際には28ヶ所)の駐車場が整備されている。また2007年1月から外来診療において、同年2月からは病棟においても電子カルテが導入されておりIT化が進められている。そのほか敷地内には職員向けに院内保育園も設置されている。また、岐阜県結核予防計画に基づく結核病床を有する病院である。他に県内では長良医療センター、羽島市民病院、県立多治見病院、白鳥病院など当院を含めて9病院が指定されている。大垣市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 日本救急医学会九州地方会

    日本救急医学会九州地方会から見た救急医療救急医療

    1993年4月に発足、九州地区における救急医学の進歩発展を図り、救急医療の普及と発展に貢献することを目的として活動を続けている学術団体。で、会員は、医師、看護師、救急隊員、その他の医学従事者など様々な職種で構成される。、年に一度、会員相互の最新の知識と情報を交換する場として学術集会を開催し、日頃の研究成果は日本救急医学会九州地方会雑誌「九州救急医学雑誌」として発刊、九州地区の救急医療の進歩と発展に寄与している。。日本救急医学会九州地方会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会

    日本臨床高気圧酸素・潜水医学会から見た救急医療救急医療

    日本臨床高気圧酸素・潜水医学会(にほんりんしょうこうきあつさんそ・せんすいいがくかい、英文名 Japanese Association for Clinical Hyperbaric Oxygen and Diving : 略称JACHOD)は、救急医療のなかでも特殊ではあるが特定の病態には不可欠な高気圧酸素治療と密接に関連する減圧症を対象とする潜水医学の臨床的課題を扱うために平成16年に設立された学術団体。設立当初は有限責任中間法人で、2010年より一般社団法人となっている。日本臨床高気圧酸素・潜水医学会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本神経救急学会

    日本神経救急学会から見た救急医療救急医療

    日本神経救急学会(にほんしんけいきゅうきゅうがくかい、英文名 Japanese Association on Neurological Emergencies)は、救急医療のなかでも複数の専門家が治療に関わる神経救急領域の進歩発展を図るために設立された学術団体。救急科、脳神経外科、神経内科、精神神経科、小児科、整形外科など参加者が幅広いのが特徴である。2014年の学術集会において、一般社団法人となることが承認された。日本神経救急学会 フレッシュアイペディアより)

  • 脳低温療法

    脳低温療法から見た救急医療救急医療

    通常、脳が重大な障害を受けた際には脳組織に浮腫が起こるほか、カテコールアミンやフリーラジカルなどが放出され、進行的に組織が破壊されていく。救急の脳障害においては、この進行的な脳組織の破壊を抑制することで救命率・機能予後の向上が見込まれ、またそれを抑制することが重要な課題となっている。脳低温療法 フレッシュアイペディアより)

  • ラビ郡

    ラビ郡から見た救急救急医療

    ラビ郡に所在する医療機関はラビ・ヘルスクリニック(Labi Health Clinic)のみである。この機関は、1958年に開院したラビクリニックを2002年に約70万ドルをかけて新築・拡充したもので、外来・救急・母子の健康・献血・歯科を提供している。ラビ郡 フレッシュアイペディアより)

331件中 51 - 60件表示

「救急搬送受け入れ拒否」のニューストピックワード