331件中 61 - 70件表示
  • ロンドン市長

    ロンドン市長から見た救急救急医療

    ロンドン市長は大ロンドンにおける行政を大ロンドン庁 (Greater London Authority) を通して統括し、予算をロンドン市議会 (London Assembly) に提案する。市長が担当するのは大ロンドンにおける警察、消防、救急、文化振興、開発などである。ロンドン市長 フレッシュアイペディアより)

  • 飛騨河合パーキングエリア

    飛騨河合パーキングエリアから見た救急医療救急医療

    上りPA内にはヘリポートが設置されている。これは主に高速道路上で起こった事故等による高度救急医療の搬送用として使われる予定である。飛騨河合パーキングエリア フレッシュアイペディアより)

  • ムルマンスク

    ムルマンスクから見た救急医療救急医療

    町には、地域民のために救急医療機関の支援の発展、一般医療技術の普及、救急や医療の品質向上といった政策が、罹病率低下の目的として導引されている。ムルマンスク フレッシュアイペディアより)

  • 交通量

    交通量から見た救急救急医療

    交通事故が発生すると、怪我をした人の救急搬送、事故車や破片の撤去、実況検分などで交通に影響する。交通量 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た救急医療救急医療

    救急車の出動などで発生する救急医療が問題となる。緊急事態や重度患者以外の軽症患者や無関係の通報で日本の救急車を出動させる迷惑行為である119番通報や、1991年(平成3年)4月23日に救急救命士法が制定されて、救急車内の救急救命士が制度化された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都保健医療公社東部地域病院

    東京都保健医療公社東部地域病院から見た救急医療救急医療

    1982年12月の東京都長期計画において、区東部と多摩南部にそれぞれ1カ所の病院を建設すること、そしてその運営については公設民営方式をとることが発表された(開設者は都と東京都医師会が出資する公社であり、都ではない)。これは、東京都のうち区東部の墨田区・江東区・足立区・葛飾区・江戸川区については相対的に病院が少ないことが理由であり、新病院においてはプライマリ・ケアの支援や病診連携の促進を図ることなどが目的であるとされた。診療機能については重点医療として地域に不足する循環器医療、及び救急医療を行うことなどが区東部地域病院建設委員会から報告された(1987年12月)。用地については都有地(元三共亀有工場跡地)に決まり、1988年3月に着工された。建物等については公社が東京都から無償貸付を受けている。東京都保健医療公社東部地域病院 フレッシュアイペディアより)

  • 日本脳死・脳蘇生学会

    日本脳死・脳蘇生学会から見た救急医療救急医療

    日本脳死・脳蘇生学会(にほんのうしのうそせいがっかい、英文名 Japan Association of Cerebral Resuscitation and Brain Death)は、救急医療の臨床現場で従来より議論されていた脳死や脳死に類似する病態、脳蘇生などを扱うために、当初は日本救急医学会のなかの分科会(専門委員会)として発足、その後、研究会となり、現在では学会として学術団体を組織している。組織は、代表理事、理事、会員より構成される。日本脳死・脳蘇生学会 フレッシュアイペディアより)

  • 現代医学教育博物館

    現代医学教育博物館から見た救急医療救急医療

    展示のほか、救急医療の実習施設や、実習や学会の時に使うミーティングルームがある。現代医学教育博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 回復体位

    回復体位から見た救急医療救急医療

    回復体位は、救急医療などの現場に於いて失神している・または「意識がもうろうとしている」など意識障害のある要救護者の生命の安全を図るためのもので、急な様態の変化などが起こっても大事に至らないよう配慮された姿勢である。回復体位 フレッシュアイペディアより)

  • 患者搬送車

    患者搬送車から見た救急医療救急医療

    一部の業者の中には、自らを「民間救急車」などと称して、一般の患者にあたかも「救急車」であるかのような誤解を生じさせかねない宣伝をしている業者が存在するが、これらの業者は救急医療を業務としているわけではなく、単に緊急性の低い安定した患者などを有料で搬送しているだけに過ぎず、他の「介護・福祉タクシー」と本質は全く同じものである。そもそも、わが国には民間救急という職種自体が存在しない。今まさに生命の危機に直面している、という「本物の救急患者」に対しては全く対応できず、医療機関への受入れ要請を行う救急専用回線(ホットライン)も有していない。そのため、医療機関に到着しても、一般の患者と同じように外来で受付をして、診察の順番が来るまで待つことになる。「高い運賃を払ったのだから救急搬送をしてもらえる」といった誤解をすることのないように、利用する際には、十分な注意が必要である。患者搬送車 フレッシュアイペディアより)

331件中 61 - 70件表示

「救急搬送受け入れ拒否」のニューストピックワード