81件中 21 - 30件表示
  • 救急医療

    救急医療から見た心肺停止

    急性病態は時間とともに病態が急速に変化し、その間の適切な処置によって転帰(病気の結果)が変化する余地が大きい。特に、心肺停止状態では救急車到着までの間の蘇生処置が転帰に大きく関わり、来院時心肺停止 (CPAOA) の予後・救命率は非常に悪い。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た日本の救急車

    加えて、救急車の出動件数は年々増加の一途をたどり、これに伴って救急車の到着時間、病院収容までの時間が延びている現状がある。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た疾病

    救急医療(きゅうきゅういりょう、Emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷や感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である 。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た救急医学

    日本では救急医が不足しており、救急医がいない病院では各科の医師が救急当直を行っている現状があるが、杏林大病院割りばし死事件を期に、医師は自分も犯罪者として糾弾される可能性があると考えるようになり、専門外の診療を避ける傾向が強まった。事件後、この事件を契機として、医療崩壊が大きく進行したと言われる。また、財政上、24時間あらゆる事態に即座に対応できる体制にある病院は存在せず、多くの中小の救急病院は、医療紛争を恐れて、救急医療から撤退した。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見たたらい回し

    病院群輪番制(救急指定病院が、救急患者のたらい回しをしないため、当番病院を定めて休日、夜間の救急医療に当たる方式)救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た集中治療室

    二次救急医療では対応できない複数診療科にわたる特に高度な処置が必要、または重篤な患者への対応機関。平たく言えば、「ICU(集中治療室)で加療する必要がある患者」への医療を指す。心筋梗塞、脳卒中、多発外傷、重症頭部外傷など。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た脊髄

    心臓や大血管系、肺及び、脳、脊髄に損傷がない場合の存命率は高く、予後は良好である。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た中毒

    適切な処置とは、急変患者(外傷、骨折、意識喪失、気道閉鎖、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、腹部大動脈解離、肺血栓塞栓症、肺梗塞症、脳梗塞、くも膜下出血、破裂、肺炎、アナフィラキシーショック、敗血症、重度感染症、消化管出血、急性腹症(吐血、下血)中毒 等)に気が付いたら、救急車を呼び、意識を確認後、心肺停止の場合は、AEDなどの機器がある場合は器具、機器を用いて応急処置をする。(AEDは初心者や心肺蘇生の経験がない人でも説明書の通りにパットを胸部に付けるだけで電気ショックを与えるかどうか判断し、機械が自動的にやってくれる)機器がない場合も、心肺停止後、または意識がなく呼吸(自発呼吸)がない場合、酸欠の場合も、気道閉塞がないかを確認し気道確保後、救急車到着まで人工呼吸と心臓マッサージを行う。救急車到着後、救急隊員によりバイタルが確認され、必要な場合一次処置が行われる(外傷の場合も救急隊員により一次的な止血が行われる)病院到着後は輸液や輸血などが行われ、外傷や血管破裂により出血がある場合(内出血も含む)循環動態を安定させる為に止血を行う、また肝臓が損傷している場合、プリングル法、パッキング方(ガーゼにてパッキングを一時的に行い)ダメージコントロール手術を検討する。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た二次救命処置

    「迅速な119番通報」「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た気道確保

    適切な処置とは、急変患者(外傷、骨折、意識喪失、気道閉鎖、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、腹部大動脈解離、肺血栓塞栓症、肺梗塞症、脳梗塞、くも膜下出血、破裂、肺炎、アナフィラキシーショック、敗血症、重度感染症、消化管出血、急性腹症(吐血、下血)中毒 等)に気が付いたら、救急車を呼び、意識を確認後、心肺停止の場合は、AEDなどの機器がある場合は器具、機器を用いて応急処置をする。(AEDは初心者や心肺蘇生の経験がない人でも説明書の通りにパットを胸部に付けるだけで電気ショックを与えるかどうか判断し、機械が自動的にやってくれる)機器がない場合も、心肺停止後、または意識がなく呼吸(自発呼吸)がない場合、酸欠の場合も、気道閉塞がないかを確認し気道確保後、救急車到着まで人工呼吸と心臓マッサージを行う。救急車到着後、救急隊員によりバイタルが確認され、必要な場合一次処置が行われる(外傷の場合も救急隊員により一次的な止血が行われる)病院到着後は輸液や輸血などが行われ、外傷や血管破裂により出血がある場合(内出血も含む)循環動態を安定させる為に止血を行う、また肝臓が損傷している場合、プリングル法、パッキング方(ガーゼにてパッキングを一時的に行い)ダメージコントロール手術を検討する。救急医療 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「救急搬送受け入れ拒否」のニューストピックワード