81件中 31 - 40件表示
  • 救急医療

    救急医療から見た119番

    「迅速な119番通報」「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た出血

    適切な処置とは、急変患者(外傷、骨折、意識喪失、気道閉鎖、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、腹部大動脈解離、肺血栓塞栓症、肺梗塞症、脳梗塞、くも膜下出血、破裂、肺炎、アナフィラキシーショック、敗血症、重度感染症、消化管出血、急性腹症(吐血、下血)中毒 等)に気が付いたら、救急車を呼び、意識を確認後、心肺停止の場合は、AEDなどの機器がある場合は器具、機器を用いて応急処置をする。(AEDは初心者や心肺蘇生の経験がない人でも説明書の通りにパットを胸部に付けるだけで電気ショックを与えるかどうか判断し、機械が自動的にやってくれる)機器がない場合も、心肺停止後、または意識がなく呼吸(自発呼吸)がない場合、酸欠の場合も、気道閉塞がないかを確認し気道確保後、救急車到着まで人工呼吸と心臓マッサージを行う。救急車到着後、救急隊員によりバイタルが確認され、必要な場合一次処置が行われる(外傷の場合も救急隊員により一次的な止血が行われる)病院到着後は輸液や輸血などが行われ、外傷や血管破裂により出血がある場合(内出血も含む)循環動態を安定させる為に止血を行う、また肝臓が損傷している場合、プリングル法、パッキング方(ガーゼにてパッキングを一時的に行い)ダメージコントロール手術を検討する。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た患者

    患者が救急医療を利用する場合には、生命の危機が迫っている、耐えがたい苦痛があるなどの緊急性があることを意味するが、通常、自分で病状の軽重を判断することは困難である。このため病状は軽くとも不安が強く救急医療を求める人々も多い。このため、まずこれらの緊急性の判断がなされる。また、複数の傷病者が発生している場合には重症の患者を最優先にする事(トリアージ)も行われ、「救命できる可能性が高く、より重症な患者」の診療が最優先とされる。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た酸欠

    適切な処置とは、急変患者(外傷、骨折、意識喪失、気道閉鎖、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、腹部大動脈解離、肺血栓塞栓症、肺梗塞症、脳梗塞、くも膜下出血、破裂、肺炎、アナフィラキシーショック、敗血症、重度感染症、消化管出血、急性腹症(吐血、下血)中毒 等)に気が付いたら、救急車を呼び、意識を確認後、心肺停止の場合は、AEDなどの機器がある場合は器具、機器を用いて応急処置をする。(AEDは初心者や心肺蘇生の経験がない人でも説明書の通りにパットを胸部に付けるだけで電気ショックを与えるかどうか判断し、機械が自動的にやってくれる)機器がない場合も、心肺停止後、または意識がなく呼吸(自発呼吸)がない場合、酸欠の場合も、気道閉塞がないかを確認し気道確保後、救急車到着まで人工呼吸と心臓マッサージを行う。救急車到着後、救急隊員によりバイタルが確認され、必要な場合一次処置が行われる(外傷の場合も救急隊員により一次的な止血が行われる)病院到着後は輸液や輸血などが行われ、外傷や血管破裂により出血がある場合(内出血も含む)循環動態を安定させる為に止血を行う、また肝臓が損傷している場合、プリングル法、パッキング方(ガーゼにてパッキングを一時的に行い)ダメージコントロール手術を検討する。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た応急処置

    適切な処置とは、急変患者(外傷、骨折、意識喪失、気道閉鎖、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、腹部大動脈解離、肺血栓塞栓症、肺梗塞症、脳梗塞、くも膜下出血、破裂、肺炎、アナフィラキシーショック、敗血症、重度感染症、消化管出血、急性腹症(吐血、下血)中毒 等)に気が付いたら、救急車を呼び、意識を確認後、心肺停止の場合は、AEDなどの機器がある場合は器具、機器を用いて応急処置をする。(AEDは初心者や心肺蘇生の経験がない人でも説明書の通りにパットを胸部に付けるだけで電気ショックを与えるかどうか判断し、機械が自動的にやってくれる)機器がない場合も、心肺停止後、または意識がなく呼吸(自発呼吸)がない場合、酸欠の場合も、気道閉塞がないかを確認し気道確保後、救急車到着まで人工呼吸と心臓マッサージを行う。救急車到着後、救急隊員によりバイタルが確認され、必要な場合一次処置が行われる(外傷の場合も救急隊員により一次的な止血が行われる)病院到着後は輸液や輸血などが行われ、外傷や血管破裂により出血がある場合(内出血も含む)循環動態を安定させる為に止血を行う、また肝臓が損傷している場合、プリングル法、パッキング方(ガーゼにてパッキングを一時的に行い)ダメージコントロール手術を検討する。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た下血

    適切な処置とは、急変患者(外傷、骨折、意識喪失、気道閉鎖、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、腹部大動脈解離、肺血栓塞栓症、肺梗塞症、脳梗塞、くも膜下出血、破裂、肺炎、アナフィラキシーショック、敗血症、重度感染症、消化管出血、急性腹症(吐血、下血)中毒 等)に気が付いたら、救急車を呼び、意識を確認後、心肺停止の場合は、AEDなどの機器がある場合は器具、機器を用いて応急処置をする。(AEDは初心者や心肺蘇生の経験がない人でも説明書の通りにパットを胸部に付けるだけで電気ショックを与えるかどうか判断し、機械が自動的にやってくれる)機器がない場合も、心肺停止後、または意識がなく呼吸(自発呼吸)がない場合、酸欠の場合も、気道閉塞がないかを確認し気道確保後、救急車到着まで人工呼吸と心臓マッサージを行う。救急車到着後、救急隊員によりバイタルが確認され、必要な場合一次処置が行われる(外傷の場合も救急隊員により一次的な止血が行われる)病院到着後は輸液や輸血などが行われ、外傷や血管破裂により出血がある場合(内出血も含む)循環動態を安定させる為に止血を行う、また肝臓が損傷している場合、プリングル法、パッキング方(ガーゼにてパッキングを一時的に行い)ダメージコントロール手術を検討する。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た日本の医療

    日本においては特に戦後、自動車の普及に伴って交通事故が激増し、これに対応する形で各地で救急科や救命救急センターの数が増加し、さらに内科系疾患にも対応する形となって現在に至っている。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た国民保健サービス

    イギリスの救急医療は国民保健サービス(NHS)によって提供され、救急部門についてはあらゆる万人(観光者、移民を含む)に対して自己負担なしであり、トリアージが常時実施されている。救急搬送については医学的必要性が認められる場合に限るが、自己負担はなし。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た気管挿管

    日本ではCPAOA(到着時心肺停止)の社会復帰率の低さから救急医療の強化が求められ、それに応じて救急救命士が法制化された。これは、医師の指示のもとに輸液ルート確保、食道閉鎖式チューブ等による気道確保、電気的除細動が認められる資格である。また2004年7月から、病院にて30症例の気管挿管の実習を修了した救急救命士には気管挿管が認められた(気管挿管認定救急救命士)。さらに2006年4月から講習および実習の後、強心剤(アドレナリン)の薬剤投与を行うことが認められた(薬剤投与認定救急救命士)。救急医療 フレッシュアイペディアより)

  • 救急医療

    救急医療から見た

    心臓や大血管系、及び、脳、脊髄に損傷がない場合の存命率は高く、予後は良好である。救急医療 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「救急搬送受け入れ拒否」のニューストピックワード