57件中 31 - 40件表示
  • サテライン

    サテラインから見た教員採用試験教員採用試験

    通信衛星による講義の同時配信は他の予備校でも行っているが、河合塾ではサテライト、駿台予備学校ではサテネット、東進ハイスクールではサテライブと呼ばれる。河合塾や駿台予備学校の場合は、生の授業ではなく、スタジオでの収録映像を用いることが多く、3Dグラフィックなどが併用される場合もある。これらの衛星配信システムは「時間貸し」であることがサテラインとの大きな相違点で、サテラインは回線ごと株式会社日本入試センターが買い取っているため事実上24時間放送が可能な本格的な「テレビ局」といえる。最近ではこの長所を生かし「代ゼミライセンススクール」として、伊藤塾などと提携し、司法試験、公務員試験、教員採用試験などの対策講座を配信している。サテライン フレッシュアイペディアより)

  • 指導力不足教員

    指導力不足教員から見た教員採用試験教員採用試験

    今後は、その重責に耐えうる教員を教員採用試験で採用していくことが各教育委員会の課題である。また現職教員に対しては、指導力不足教員とならないように適切な研修を行っていく必要がある。なお、指導力不足の可能性がある教員に対し、指導力の回復及び現場復帰をはかるための研修制度が教育公務員特例法(平成20年4月1日改正法施行)において法制化され、現在文部科学省の「指導が不適切な教員に対する人事管理システムのガイドラインに関する調査研究協力者会議」により平成20年2月8日にガイドラインが発表されている。指導力不足教員 フレッシュアイペディアより)

  • 教育学部

    教育学部から見た教員採用試験教員採用試験

    少子化等により1990年代の教員採用数に減少が見込まれたことから、1987年(昭和62年)の山梨大学と愛知教育大学を皮切りに、教員免許状の取得を任意としたゼロ免課程を導入する教育学部が増加した。教育学部の学際性を生かして、既存の縦割りの分野ではない環境や心理、生涯学習、福祉、地域などの分野の体系的教育が目指されている。ゼロ免課程の導入で教員養成大学・教員養成学部は、その目的である教員養成の特徴が目立たなくなり、教員養成大学・教員養成学部の存在意義が曖昧になってきている。そのため、教員養成系の教育学部の中には、規模を縮小してでも教員養成に集中するか、学部名を改称して教員養成課程もある複合学部として新たな道を模索するかの岐路に立たされているところがある。どちらにせよ、教育学部が以前のそのままの姿で残っている大学はなく、なんらかの形で改組を余儀なくされている。教育学部 フレッシュアイペディアより)

  • 公務員試験

    公務員試験から見た教員採用試験教員採用試験

    教員や消防官、そして警察官の大部分の採用試験も地方公務員の採用者を選抜するために実施される試験であり、地方公務員試験の一種ということができる(なお、警察官の一部、すなわち警察庁採用の警察官は国家公務員 I 種・II 種試験合格者から採用される)。しかし、教員の採用試験は一般的な公務員試験とは試験形態が大きく違い、区別されることが多い(いわゆる「教員採用試験」)。また、警察官の採用試験においては、警視庁では年に3回、他道府県警でも2回実施されるところが多く、年明けにも、最終合格辞退者や、辞職者等を補充する目的で試験が行われる場合がある。公務員試験 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県教育委員会

    神奈川県教育委員会から見た教員採用試験教員採用試験

    教員採用試験については、横浜市と川崎市はそれぞれの教育委員会が独自に実施している。(相模原市は、県教育委員会と共同実施)。このため、神奈川県の小中学校教員採用試験に合格した者は、原則として、横浜市と川崎市以外の神奈川県内の学校に配属されることとなる。神奈川県教育委員会 フレッシュアイペディアより)

  • こどものじかん

    こどものじかんから見た教員採用試験教員採用試験

    塾の生徒への接し方と生徒からの評価はチャラ男。一方で教員採用試験に落ちたこともあり「学校の勉強はいっさいしなくていい」と発言するなど、塾の立場を優先させる。こどものじかん フレッシュアイペディアより)

  • 教諭

    教諭から見た教員採用試験教員採用試験

    教諭は、公立学校の場合、教員採用試験の合格を通じて採用される方法と、正規の教諭の病気休暇や欠員等により臨時的に任用される方法がある。その他の学校の場合は、学校の設置者の定めるところにより採用された、正規の教員であり、各学校の種別に対応する教員免許状の普通免許状または特別免許状を有していなければならない。また、教諭の職務を助ける職としては、助教諭がある。教諭 フレッシュアイペディアより)

  • 岩井厚裕

    岩井厚裕から見た教員採用試験教員採用試験

    帝京高校、東海大学を経て、1989年に日本サッカーリーグ1部の全日空サッカークラブ(1992年に横浜フリューゲルスへと改組)へ入団。一学年先輩の元日本代表FW前田治とは高校・大学・全日空/横浜Fと同じ道程を辿ることになった。日本リーグ時代からJリーグ創生期の全日空および横浜Fでレギュラーのセンターバックとして活躍。1996年にJリーグ初挑戦のアビスパ福岡に移籍し「チーム一熱い男」とも呼ばれた。福岡在籍中の1998年に故郷である埼玉県の教員採用試験に合格し、同シーズンをもって現役を引退。翌年から中学校教員へと転身した。現在は川口市立戸塚中学校(埼玉県)教員で、サッカー部顧問。岩井厚裕 フレッシュアイペディアより)

  • SUEMITSU & THE SUEMITH

    SUEMITSU & THE SUEMITHから見た教員採用試験教員採用試験

    高校の教員免許を取得している。30歳頃、高校の音楽教諭になるために大学通信教育で科目履修生となり、教員採用試験にも合格した。SUEMITSU & THE SUEMITH フレッシュアイペディアより)

  • 田中俊一

    田中俊一から見た教員採用試験教員採用試験

    2011年度の大阪府教員採用試験(高校数学)に合格していたが、敢えてプロサッカーへの道を選んだ。田中俊一 フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「教員採用試験」のニューストピックワード