57件中 41 - 50件表示
  • 教員養成機関

    教員養成機関から見た教員採用試験教員採用試験

    教育学部以外に置かれた教員免許取得コースである。小学校教諭の免許は原則として教育学部(最近はこども学部、児童学部と称する学部もある)でなければ取得できないが、中学校・高等学校教諭免許は教育学部以外のほとんどの文系・理系等の学部で取得でき、教員免許取得者数は教員の需要よりもかなり多くなっている。このため、教員採用試験の倍率は恒常的に高くなっている。特に競合するのが、中学校の社会科教員である。中学校教諭社会科免許は、教育学部中学校教員養成課程でも小学校教員養成課程でも取得でき、法学部、経済学部、文学部史学科・地理学科・哲学科でも取得できる。教員養成機関 フレッシュアイペディアより)

  • 高校入試 (テレビドラマ)

    高校入試 (テレビドラマ)から見た教員採用試験教員採用試験

    英語担当。高校まで海外で過ごした帰国子女。業界でも大手と言われる旅行会社「大洋ツーリスト」で高校の修学旅行を担当していたが、その仕事をする中で自分が帰国子女であることから日本の学校制度を全く知らないことに気付き、日本の学校についてより深く知りたいと思うようになり、学校教育に携わる仕事に就きたいと一念発起し教員採用試験を受け、高校教師になる。高校入試 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た教員採用試験教員採用試験

    夫妻の長女。ヒロイン(7歳)を演じた菊池和澄が藍子役で再起用されたように、母似の性格。幼い妹をたしなめたり家を飛び出した母にかわって食事の後片付けをしたりする等、しっかり者の長子である。父が水木しげるであることを隠してきたものの、10歳頃に知られて男子にからかわれたり女子からも好奇の目にさらされたりしたことから、小学校が好きではなく成績もぱっとしなかった。しかし、猛勉強をして大学4年の1984年(昭和59年)に東京都教員採用試験に合格し小学校教員になった。作中では、ヒロイン子供時代の教訓的なエピソードが長女・藍子で再現されており、その中で同居する祖母(ヒロイン:飯田登志、藍子:村井絹代)が重要な役割を果たした。また進路をめぐる父と娘の対立・和解も再現された(過去:飯田源兵衛とユキエ・いずみ)。なお藍子をとおし、有名人の子供の視点からリアルな子供の世界が描かれた。原案者の長女で現・水木プロ社長の原口尚子(旧姓・武良)がモデル。ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • 教員資格認定試験

    教員資格認定試験から見た教員採用試験教員採用試験

    出題レベルは、教員採用試験などに比べると高めに設定されており、特に教科に関する科目ではより専門的に深く出題されている。教員資格認定試験 フレッシュアイペディアより)

  • 小学校教員

    小学校教員から見た教員採用試験教員採用試験

    公立小学校の教諭になるためには、各都道府県または政令指定都市の教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければならない。教員採用試験は、概ね7月?9月にかけて実施され、筆記試験(基礎学力・教育法に関する知識)・水泳などの体育実技・ピアノ演奏などの音楽実技・論文(教育論や、教師論を問われる)・面接(個人の場合もあるし、グループの場合もあるが、その受験者の意見を聞くのが目的ではなく、職場での協調性を問うのが目的)からなる。小学校教員 フレッシュアイペディアより)

  • 学習塾

    学習塾から見た教員採用試験教員採用試験

    また、塾の講師の中には、本当は学校の教員になりたかった者もいる。現実に、塾の講師の中には教員採用試験を受け続け学校の教員を目指すもの者も多数いる。また、塾で授業がうまくいったつもりで、評論家気取りで学校の批判をしている者が、いざ学校で授業してみてもうまくいかない場合が多い。普段の生徒指導や学級経営が重要なためである。学習塾 フレッシュアイペディアより)

  • 夏休み

    夏休みから見た教員採用試験教員採用試験

    教員採用試験や教職員の研修など、通常(授業等の実施中)では行いにくい校務の実施。夏休み フレッシュアイペディアより)

  • 予備校

    予備校から見た教員採用試験教員採用試験

    教員採用試験対策を行っている。東京アカデミーが最大手。この他、LEC教員採用試験講座、河合塾KALSの教員試験講座、教職ゼミナール、メセナ予備校、kei塾、教採予備校(教採出版社)、安達総合教育研究所教員採用試験講座、Z会教員採用対策講座などがある。予備校 フレッシュアイペディアより)

  • 在日韓国・朝鮮人

    在日韓国・朝鮮人から見た教員採用試験教員採用試験

    同年3月22日には文部省が都道府県教育委員会などに、在日韓国人などの教員採用試験の受験を認めるとともに、選考合格者には任用の期限を附さない「常勤講師」として採用するよう通知した。1993年には外国人登録法が改正され特別永住者の指紋押捺制度が廃止された。在日韓国・朝鮮人 フレッシュアイペディアより)

  • 情報 (教科)

    情報 (教科)から見た教員採用試験教員採用試験

    「情報」の教職課程は、他の教科と併設されることが無く、他教科と並行して取得することは困難である。したがって、大学新規卒業者が教員免許状を有する場合この教科のみとなり、情報教育に高い志を持って免許取得しても、この教科だけで受験可能な自治体の教員採用試験で合格し採用されない限り、常勤教員としての勤務が実現しない可能性が非常に高い。情報 (教科) フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「教員採用試験」のニューストピックワード