1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示
  • 教育学部

    教育学部から見た教員採用試験教員採用試験

    少子化等により1990年代の教員採用数に減少が見込まれたことから、1987年(昭和62年)の山梨大学と愛知教育大学を皮切りに、教員免許状の取得を任意としたゼロ免課程を導入する教育学部が増加した。教育学部の学際性を生かして、既存の縦割りの分野ではない環境や心理、生涯学習、福祉、地域などの分野の体系的教育が目指されている。ゼロ免課程の導入で教員養成大学・教員養成学部は、その目的である教員養成の特徴が目立たなくなり、教員養成大学・教員養成学部の存在意義が曖昧になってきている。そのため、教員養成系の教育学部の中には、規模を縮小してでも教員養成に集中するか、学部名を改称して教員養成課程もある複合学部として新たな道を模索するかの岐路に立たされているところがある。どちらにせよ、教育学部が以前のそのままの姿で残っている大学はなく、なんらかの形で改組を余儀なくされている。教育学部 フレッシュアイペディアより)

  • クラブ活動

    クラブ活動から見た教員採用試験教員採用試験

    教育(教育学研究や教育・保育・児童ボランティア、教員採用試験対策の勉強など)クラブ活動 フレッシュアイペディアより)

  • 日本体育大学

    日本体育大学から見た教員採用試験教員採用試験

    体育系大学唯一の教員採用試験合格を目指すためのクラブであり、体育授業全般の実技練習と研究授業「体育授業・保健授業・道徳教育・アスレチックトレーナーの研究授業等」を行っている。日本体育大学 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た教員採用試験教員採用試験

    1958年、都留短大を卒業し4月に神奈川県小学校教員として採用され津久井郡青野原小学校に勤務した。尚、同年は山梨県では小学校教員採用が無かったので神奈川県教員採用試験を受験した。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶺忠敏

    小嶺忠敏から見た教員採用試験教員採用試験

    サッカー部を持つ企業へ大卒後の就職が内定していたが、母校の長崎県立島原商業高校時代のコーチから誘いを受けて教員を目指し、長崎県の教員採用試験に合格した。小嶺忠敏 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た教員採用試験教員採用試験

    沖縄県知事翁長雄志、教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう沖縄県教育委員会に働き掛けた疑惑が持たれていた副知事安慶田光男が同日付で辞任すると発表、陳謝。翌日、沖縄県教育長が、安慶田副知事から複数の受験者に便宜を図るよう要求されたことを前教育長が証言したことを公表。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 在日韓国・朝鮮人

    在日韓国・朝鮮人から見た教員採用試験教員採用試験

    同年3月22日には文部省が都道府県教育委員会などに、在日韓国人などの教員採用試験の受験を認めるとともに、選考合格者には任用の期限を附さない「常勤講師」として採用するよう通知した。1993年には外国人登録法が改正され特別永住者の指紋押捺制度が廃止された。在日韓国・朝鮮人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川美代子

    吉川美代子から見た教員採用試験教員採用試験

    子供の頃からTBSラジオをよく聴いていたなどのことから、アナウンサーに憧れていた。本格的にアナウンサーを志したきっかけは、中学生時代に吉川の通っていた中学校のブラスバンド部がTBSラジオの番組『こども音楽コンクール』に取り上げられたことである。生徒を代表して吉川がブラスバンド部の紹介を行ったところ、当時同番組の司会を担当していたアナウンサーの山本文郎に「素晴らしい紹介だったよ。君は将来の吉川アナウンサーですね」と褒められたことが強く印象に残り、以後アナウンサーになることを将来の目標とするようになる。中学と神奈川県立横浜平沼高等学校では放送部に所属し、高校卒業後は早稲田大学教育学部に進学、大学在学中は成績優秀により大隈奨学金を授与。なお大学生時代は特に放送研究会といったサークルには入っていなかった。しかし大学卒業の時には「アナウンサーは狭き門で自分にはコネもないし、現実として難しそう」と思い、父親が中学教師だったこともあって同じく中学の社会科教師を目指し、教員採用試験にも合格していた。吉川美代子 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示

「教員採用試験」のニューストピックワード