60件中 11 - 20件表示
  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た浜松市

    2014年に一部マスメディアが実施した実態調査で、少なくとも2013年に実施された採用試験において、山梨県・山形県・岐阜県の3県と、静岡市・浜松市の2市が、性的指向や宗教などに関する質問が含まれた心理テストを実施していたことが判明した。教員本来の能力に関係が無いと考えられる質問である上に、採用選考で差別が行われている疑いがある実態に、批判の声が強く出ている。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た道徳教育

    ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。また、一般教養試験とまとめて、一つの試験として行われることが多い。受験者が多い自治体ではマークシート方式を採用している。教職に対する基礎知識を問う試験である。具体的には、教育法規(教育基本法など)、教育の方法や教育課程、学習指導要領、教育史、教育心理学から、道徳教育、人権教育、中央教育審議会の答申、文部科学省の通知文・報告書など多岐に渡る。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た私立学校

    私立学校の場合は学校独自の選考や、自治体によっては私学協会への採用希望名簿の記載登録、あるいは私学適性検査が行われる。私学適性検査の結果は各私立学校が教員採用時の「参考資料」として用いるとされる。学校独自に選考される場合、その時期は不定期である。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た教育基本法

    ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。また、一般教養試験とまとめて、一つの試験として行われることが多い。受験者が多い自治体ではマークシート方式を採用している。教職に対する基礎知識を問う試験である。具体的には、教育法規(教育基本法など)、教育の方法や教育課程、学習指導要領、教育史、教育心理学から、道徳教育、人権教育、中央教育審議会の答申、文部科学省の通知文・報告書など多岐に渡る。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た堺市

    教職教養試験同様ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。概ね、高校入試レベルから高校で学ぶ基礎的なレベルでの出題が多い。国語、数学(算数)、理科、社会(地理歴史、公民)、外国語からまんべんなく出される。また芸術、体育に関する問題、情報処理に関する問題、受験する自治体に関係するいわゆるご当地問題など出題範囲は多岐に及ぶ。したがって幅広い見識が必要になる。ただ、堺市のように、一般教養試験(思考力・判断力を問う問題(一般知能に該当する文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等)を除く)を課さないケースもある。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た学習指導要領

    ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。また、一般教養試験とまとめて、一つの試験として行われることが多い。受験者が多い自治体ではマークシート方式を採用している。教職に対する基礎知識を問う試験である。具体的には、教育法規(教育基本法など)、教育の方法や教育課程、学習指導要領、教育史、教育心理学から、道徳教育、人権教育、中央教育審議会の答申、文部科学省の通知文・報告書など多岐に渡る。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た小学校

    ほとんどの自治体が一次試験で行う。各校種、教科に対する専門的な知識、素養を評価する試験である。また学習指導要領からの出題も多い。小学校の試験では、小学校で指導する全教科から出題されるため、出題範囲は非常に広いが、難易度としては一般教養と同程度である場合が多い。中学校、高等学校の試験は、それぞれの教科に関する出題となる。これらの校種では高い専門性が求められるため、難易度も大学入試レベルから大学の専門レベルと高度である。特別支援学校、養護教諭、栄養教諭の試験は、それぞれの職種の専門性が問われる。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た認定こども園

    教員採用試験は、他の公務員試験と異なり、主に都道府県および政令指定都市の教育委員会によって行われ、その採用は競争試験ではなく選考試験によることが定められている。なお、市町村立の義務教育学校を含む小学校と中学校については、基本的に都道府県教育委員会が採用試験を行い(東京都の区立の義務教育学校を含む小学校と中学校については基本的に東京都教育委員会が、政令指定都市の義務教育学校を含む市立小学校と中学校は政令指定都市の教育委員会がそれぞれ採用試験を行う。このほか、大阪府など一部の都道府県では、市町村立の義務教育学校を含む小学校と中学校であっても、市町村教育委員会が採用試験行うこともある)、市町村立の認定こども園を含む市町村立の幼稚園、中等教育学校を含む市町村立の高等学校(定時制を除く)、市町村立の特別支援学校については該当市町村の教育委員会または東京都の各区の教育委員会が採用試験を行う。このほか、養護教諭と栄養教諭についても、基本的に主に都道府県教育委員会または政令指定都市の教育委員会(前述のように、一部の都道府県では、養護教諭や栄養教諭であっても、市町村教育委員会が採用試験行う場合もある)が採用試験を行っている。ほとんどの自治体が二段階による選考を行っている。概ね一次試験が学力試験と人物試験、二次試験が人物試験となる。ちなみに、市町村立については、特別区立(以下、区立という)を含むこととする。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た静岡市

    2014年に一部マスメディアが実施した実態調査で、少なくとも2013年に実施された採用試験において、山梨県・山形県・岐阜県の3県と、静岡市・浜松市の2市が、性的指向や宗教などに関する質問が含まれた心理テストを実施していたことが判明した。教員本来の能力に関係が無いと考えられる質問である上に、採用選考で差別が行われている疑いがある実態に、批判の声が強く出ている。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た中央教育審議会

    ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。また、一般教養試験とまとめて、一つの試験として行われることが多い。受験者が多い自治体ではマークシート方式を採用している。教職に対する基礎知識を問う試験である。具体的には、教育法規(教育基本法など)、教育の方法や教育課程、学習指導要領、教育史、教育心理学から、道徳教育、人権教育、中央教育審議会の答申、文部科学省の通知文・報告書など多岐に渡る。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「教員採用試験」のニューストピックワード