60件中 31 - 40件表示
  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た公務員試験

    教員採用試験は、他の公務員試験と異なり、主に都道府県および政令指定都市の教育委員会によって行われ、その採用は競争試験ではなく選考試験によることが定められている。なお、市町村立の義務教育学校を含む小学校と中学校については、基本的に都道府県教育委員会が採用試験を行い(東京都の区立の義務教育学校を含む小学校と中学校については基本的に東京都教育委員会が、政令指定都市の義務教育学校を含む市立小学校と中学校は政令指定都市の教育委員会がそれぞれ採用試験を行う。このほか、大阪府など一部の都道府県では、市町村立の義務教育学校を含む小学校と中学校であっても、市町村教育委員会が採用試験行うこともある)、市町村立の認定こども園を含む市町村立の幼稚園、中等教育学校を含む市町村立の高等学校(定時制を除く)、市町村立の特別支援学校については該当市町村の教育委員会または東京都の各区の教育委員会が採用試験を行う。このほか、養護教諭と栄養教諭についても、基本的に主に都道府県教育委員会または政令指定都市の教育委員会(前述のように、一部の都道府県では、養護教諭や栄養教諭であっても、市町村教育委員会が採用試験行う場合もある)が採用試験を行っている。ほとんどの自治体が二段階による選考を行っている。概ね一次試験が学力試験と人物試験、二次試験が人物試験となる。ちなみに、市町村立については、特別区立(以下、区立という)を含むこととする。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た人権教育

    ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。また、一般教養試験とまとめて、一つの試験として行われることが多い。受験者が多い自治体ではマークシート方式を採用している。教職に対する基礎知識を問う試験である。具体的には、教育法規(教育基本法など)、教育の方法や教育課程、学習指導要領、教育史、教育心理学から、道徳教育、人権教育、中央教育審議会の答申、文部科学省の通知文・報告書など多岐に渡る。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た体育

    中学校、高等学校の技術、音楽、美術、保健・体育では高い技能が求められるため、重視される。また英語においてはリスニング能力が試される。この他に自治体によってはパソコン活用能力なども試されることもある。実施時期は二次試験に行う自治体が多いが、種目によって一次と二次に分けて行う場合もある。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た算数

    教職教養試験同様ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。概ね、高校入試レベルから高校で学ぶ基礎的なレベルでの出題が多い。国語、数学(算数)、理科、社会(地理歴史、公民)、外国語からまんべんなく出される。また芸術、体育に関する問題、情報処理に関する問題、受験する自治体に関係するいわゆるご当地問題など出題範囲は多岐に及ぶ。したがって幅広い見識が必要になる。ただ、堺市のように、一般教養試験(思考力・判断力を問う問題(一般知能に該当する文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等)を除く)を課さないケースもある。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た地理歴史

    教職教養試験同様ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。概ね、高校入試レベルから高校で学ぶ基礎的なレベルでの出題が多い。国語、数学(算数)、理科、社会(地理歴史、公民)、外国語からまんべんなく出される。また芸術、体育に関する問題、情報処理に関する問題、受験する自治体に関係するいわゆるご当地問題など出題範囲は多岐に及ぶ。したがって幅広い見識が必要になる。ただ、堺市のように、一般教養試験(思考力・判断力を問う問題(一般知能に該当する文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等)を除く)を課さないケースもある。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た社会 (教科)

    教職教養試験同様ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。概ね、高校入試レベルから高校で学ぶ基礎的なレベルでの出題が多い。国語、数学(算数)、理科、社会(地理歴史、公民)、外国語からまんべんなく出される。また芸術、体育に関する問題、情報処理に関する問題、受験する自治体に関係するいわゆるご当地問題など出題範囲は多岐に及ぶ。したがって幅広い見識が必要になる。ただ、堺市のように、一般教養試験(思考力・判断力を問う問題(一般知能に該当する文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等)を除く)を課さないケースもある。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た教育公務員

    公立学校の教員は、教員採用試験に合格し、採用候補者名簿に登載された者から教育公務員(正規職員)になった教諭と、年度ごとに雇用契約を結ぶ(臨時職員的な)教諭又は常時勤務する講師(常勤講師)とで構成されることが多い(なお、臨時的任用による常勤講師も教育公務員の扱いを受け、雇用期間の定めがない正規職員に近い身分の常勤講師も一部に存在する)。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た教育課程

    ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。また、一般教養試験とまとめて、一つの試験として行われることが多い。受験者が多い自治体ではマークシート方式を採用している。教職に対する基礎知識を問う試験である。具体的には、教育法規(教育基本法など)、教育の方法や教育課程、学習指導要領、教育史、教育心理学から、道徳教育、人権教育、中央教育審議会の答申、文部科学省の通知文・報告書など多岐に渡る。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た数学 (教科)

    教職教養試験同様ほとんどの自治体が一次試験で行う。全校種同一の試験であることが多い。概ね、高校入試レベルから高校で学ぶ基礎的なレベルでの出題が多い。国語、数学(算数)、理科、社会(地理歴史、公民)、外国語からまんべんなく出される。また芸術、体育に関する問題、情報処理に関する問題、受験する自治体に関係するいわゆるご当地問題など出題範囲は多岐に及ぶ。したがって幅広い見識が必要になる。ただ、堺市のように、一般教養試験(思考力・判断力を問う問題(一般知能に該当する文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等)を除く)を課さないケースもある。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

  • 教員採用試験

    教員採用試験から見た公務員

    だが、中学校・高等学校や都市部を除く自治体については、財源たる税収に基づく予算が縮小され、また定年を迎えた教諭のうち希望者に対して2002年度より実施されている再任用制度の影響から、定年退職者の数より新採用の募集人数が抑えられている。さらに少子化に伴う学校の統廃合も進んでいる影響で、正規職員である教諭の採用数を抑え、その分を、臨時職員である常勤講師・非常勤講師を毎年恒常的に任用することで人員を補う傾向にある。教員採用試験 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「教員採用試験」のニューストピックワード