1831件中 101 - 110件表示
  • 文部省

    文部省から見た教育教育

    文部省(もんぶしょう、)は、かつて存在した日本の行政機関の1つで、教育、文化、学術などを担当していた。2001年(平成13年)の中央省庁再編にともない、総理府の外局であった科学技術庁と統合し文部科学省となった。日本以外の国で教育行政を担当する官庁は、文部省と訳されることがある。しかし、多くは「教育」と訳されることが多く「文部」が使われることはない(教育省を参照)。文部省 フレッシュアイペディアより)

  • バウハウス

    バウハウスから見た教育教育

    バウハウス(, バオハオスとも)は、1919年、ドイツ国・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。学校として存在し得たのは、ナチスにより1933年に閉校されるまでのわずか14年間であるが、その活動は現代美術に大きな影響を与えた(モダニズム建築、20世紀美術の項を参照)。バウハウス フレッシュアイペディアより)

  • 田口禎則

    田口禎則から見た教育教育

    政党には所属していない。旧浦和市・さいたま市議会議員時代は会派にも属さず無所属で活動。自治体を超えた埼玉県の地方議員の組織「地方主権をめざす埼玉自治体議員グループ」に参加。埼玉県議会では民主党の保守系議員と無所属議員によって結成された会派「地方主権の会」に所属して活動。2005年12月、民主党埼玉県連が「地方主権の会」と民主党の旧社会党系議員による会派「民主党議員団」の一本化の方針を示したため、「民主系議員」に括られることを嫌って「地方主権の会」を離団。無所属となる。2007年2月、次期統一地方選挙への不出馬を表明した。引退に際しての朝日新聞の取材に対し、「県とほぼ同じ権限を持つ政令指定都市選出の県議は存在意義が薄れていると感じた。選挙区や議員定数の見直しが必要」と語った。今後は政治活動経験を生かし教育問題に関わる活動や野外教育の拠点づくりを行うという。田口禎則 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉納治五郎

    嘉納治五郎から見た教育教育

    嘉納 治五郎(かのう じごろう、1860年12月10日(万延元年10月28日) - 1938年(昭和13年)5月4日)は、日本の柔道家、教育者である。兵庫県平民。嘉納治五郎 フレッシュアイペディアより)

  • LOGO

    LOGOから見た教育教育

    1967年、教育(特に構成主義教育)のために、、Wally Feurzeig、シーモア・パパート、シンシア・ソロモンによって開発された。名称はギリシャ語の logos (言葉)に由来する。(現代ではいささか想像しにくくなったことであるが)当時代表的な既存言語であったFORTRANや、その影響を受けた言語がもっぱら数値計算を指向したものであったのに対し、「言葉」で操作する言語であるといったようなことを強調したものである。多くの計算機科学の概念を教えるのに使うことができ、例えばカリフォルニア大学バークレー校の講師は3巻の著書 Computer Science Logo Style にまとめている。LOGO フレッシュアイペディアより)

  • 管理教育

    管理教育から見た教育教育

    管理教育(かんりきょういく)とは、学校(教員)が一元的に児童・生徒の在り方を決定し、これに従わせる様式の教育方法、ないしその方針である。主として、命令一下による集団行動の徹底に重きを置く。管理教育 フレッシュアイペディアより)

  • 通用規範漢字表

    通用規範漢字表から見た教育教育

    『通用規範漢字表』(つうようきはんかんじひょう、簡体字 《》、)は中国の教育部と国家語言文字工作委員会が共同で作成した正書法の規範とする漢字表。一般教育に必要な一級字3500字、出版等のためにさらに必要な二級字3000字、人名、地名、科学技術、文語文などに必要な三級字1605字の合計8105の簡体字を基準にした漢字を収録し、2013年から使用されている。通用規範漢字表 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県立柏中央高等学校

    千葉県立柏中央高等学校から見た教育教育

    柏市の中央、松ヶ崎地区に位置する全日制普通科の公立高等学校である。福祉教育推進指定校および人権教育推進指定校に指定されており、「初志貫徹 ?ゆっくりと 一歩一歩 確実に?」という教育方針のもと、人格の陶冶と体力の増進・資質能力の啓発に努めている(後述)。千葉県立柏中央高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ミーム

    ミームから見た教育教育

    人類の文化における「進化」とは、例えば古代と現代では衣食住が異なるように、社会学的な意味で文化が大きく変化することである。こうした文化的進化は、脳内に受け継がれる情報が進化した結果である(脳そのものの生物学的進化ではない)。社会的に共有される情報は会話、人々の振る舞い、本、儀式、教育、マスメディア等によって脳から脳へとコピーされていくが、そのプロセスを分析するため、それらの情報をミームとして定義し、分析することにこの概念・科学用語の意義がある(ただしミームとは何かという定義は論者によって幅がある)。ミームを研究する学問はミーム学(Memetics)と呼ばれる。ミーム フレッシュアイペディアより)

  • 文化人類学

    文化人類学から見た教育教育

    また1970年代以降、文化人類学がおもな対象としてきた発展途上国社会で急激に開発が進み(ポストコロニアル)、新たな社会問題が発生するようになるに伴って学問の性格も徐々に変化してきた。特に1980年代以降は、開発、医療、エイズ、環境問題、教育、観光などの社会問題を扱う応用人類学の分野が急成長し、急激に多様化が進みつつある。さらに、ポストモダンの相対主義的潮流のなかでポストコロニアル理論を打ち立てたエドワード・サイードの『オリエンタリズム』や人類学者ジェイムズ・クリフォードの『文化を書く』などの批判に関連して、文化人類学者が異文化を「書く」とはどういうことなのか、という学問の根幹に関わる問題も提起された。同様に人類学的行為の政治性や方法論・理念(文化相対主義、社会構築主義など)についての議論も盛んに行なわれている。さらに構造主義を普及させたクロード・レヴィ=ストロースは、従来の欧米の人文科学における人間の文化・生活に対する捉え方に疑問を投げかけ、哲学部門を中心とした人文科学全体の学問の在り方に関する議論が活発になっている。文化人類学 フレッシュアイペディアより)

1831件中 101 - 110件表示

「教育」のニューストピックワード