1521件中 31 - 40件表示
  • 初等中等教育

    初等中等教育から見た教育教育

    初等中等教育(しょとうちゅうとうきょういく、)は、高等教育(大学などにおける教育)より前の教育のことである初等中等教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教務

    教務から見た教育教育

    学校、予備校、学習塾等において、教育や学習に関する事務のこと教務 フレッシュアイペディアより)

  • 教育行政学

    教育行政学から見た教育教育

    教育行政学(きょういくぎょうせいがく)とは、教育と行政の双方を対象とする学問のことである。教育行政学 フレッシュアイペディアより)

  • 心理戦

    心理戦から見た教育教育

    教育は機能的に観察すれば、人間に対して一定の知識や規範、技能を付与する過程であり、心理戦においては敵性の宣伝工作に対する準備の意味を持つ。人間は発達心理学によると幼児期、児童期、青年期に渡って段階的に知的能力を発展させていくが、特に青年期の知的発達は顕著である。青年期以降の合理的思考方法は「形式的操作」と呼ばれ、抽象的・論理的思考を司る。これは特に学校教育の影響が強く影響され、ロシア心理学者ルリアによると学校教育の未経験者は実体験に基づかない命題を前提に推論することが困難であることが観察されている。知的能力の欠如は高次思考力の低下による敵宣伝の効果の増進や、理解力の低下による味方宣伝の効果の減衰などが生じる可能性がある。団結を阻害し、士気を減退させるような味方にとって有害なステレオタイプを解消することや、利敵行為を防止するための精神教育なども行うことができる。心理戦 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社国際中学校・高等学校

    同志社国際中学校・高等学校から見た教育教育

    いわゆる修学旅行にあたる行事。しかし、目的が平和教育・人権教育なので一般的な修学旅行とは異なり、遊び要素は極めて少ない。中学校は長崎、高等学校は沖縄へ行く。研修旅行を控えた学年では、あらゆる教科で平和を題材にした内容のものを学習する。同志社国際中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 社会システム科学部

    社会システム科学部から見た教育教育

    社会システム科学部(しゃかいしすてむかがくぶ; Faculty of Social Systems Science)は、大学の学部の一つ。社会システム科学を中心とする学問領域の教育、研究などがなされる。学科には、経営情報科学科、プロジェクトマネジメント学科等がある。2001年4月に千葉工業大学が日本で初となる社会システム科学部を設置した。授与する学位の代表例は学士(経営情報科学)。社会システム科学部 フレッシュアイペディアより)

  • アートスタッフ

    アートスタッフから見た教育教育

    株式会社アートスタッフ(現・ワオ・コーポレーション 文教ソリューション事業部)は、主に大学など教育事業顧客に対して総合支援サービスを行う企業としてかつて存在した会社。大学・高校・中学などの教育機関向けに、教育支援コンテンツ・システム(リメディアル教材・システム、シラバスWeb公開システム、講義支援システムなど)、および広報媒体(ウェブサイト、パンフレット・リーフレット・ダイレクトメール・新聞広告等)の企画制作を中心とした企業活動を行っていた。アートスタッフ フレッシュアイペディアより)

  • ツヴィ・グリリカス

    ツヴィ・グリリカスから見た教育教育

    ツヴィ・グリリカス (Hirsh Zvi Griliches, 1930年9月12日 ? 1999年11月4日) はアメリカの経済学者。ハーバード大学教授。新技術の伝播、研究開発の役割、特許制度、教育等を含む技術革新の経済学における貢献で知られる。ツヴィ・グリリカス フレッシュアイペディアより)

  • 学習:秘められた宝

    学習:秘められた宝から見た教育教育

    1991年に開催した第26回ユネスコ総会において、21世紀の教育や学習の在り方について検討するため21世紀教育国際委員会を設置することが決議された。1993年に欧州共同体委員長(欧州委員会委員長)ジャック・ドロールを委員長として発足。当委員会は15カ国からの政府関係者、教育問題に関する専門家達から構成され、約3年に渡り検討された21世紀の教育及び学習を提言する報告書を、1996年にユネスコへ提出した。その表題が「学習:秘められた宝」(Learning:The Treasure within)である。ドロール報告書とも呼ばれる。学習:秘められた宝 フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル共産党

    ポルトガル共産党から見た教育教育

    1965年の第6回党大会では、クニャル書記長が「勝利への道- 民族主義及び民主主義革命における党の役割-」と題する報告書を公表。地下活動を行う党員に広く出回ったこの報告書は、「経済における独占の終結」や「文化や教育へのアクセスの民主化」など8項目の政治的目標を掲げたもので、以後、民主化運動に大きな影響を与える文書となる。ポルトガル共産党 フレッシュアイペディアより)

1521件中 31 - 40件表示