1521件中 51 - 60件表示
  • 補助金

    補助金から見た教育教育

    公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。補助金 フレッシュアイペディアより)

  • LOGO

    LOGOから見た教育教育

    1967年、教育(特に構成主義教育)のために、、Wally Feurzeig、シーモア・パパート、シンシア・ソロモンによって開発された。名称はギリシャ語の logos (言葉)に由来し、他の既存の言語が数を処理するようにLOGOでは単語を処理することを強調している。多くの計算機科学の概念を教えるのに使うことができ、例えばカリフォルニア大学バークレー校の講師は3巻の著書 Computer Science Logo Style にまとめている。LOGO フレッシュアイペディアより)

  • 土屋正忠

    土屋正忠から見た教育教育

    体験教育に力を入れ、都市に生きる子ども達を自然の豊かな地方に長期滞在させ、農業や自然を体験させ、人間は自然の営みの中で生き生活してきた生物であることを実感してもらう、生産の仕組みを知る、労働の意味を知るなど、普段の学校生活(ファーストスクール)では不可能な体験学習を正規の授業のカリキュラムの一環として行うセカンドスクールの充実に努めた。2003年(平成15年)、セカンドスクールは第1回「オーライ!ニッポン」の大賞を受賞した。土屋正忠 フレッシュアイペディアより)

  • 教育指数

    教育指数から見た教育教育

    教育指数(きょういくしすう、英:Education index)とは、GDP指数、平均余命とともに、国際連合が発表する人間開発指数の1つ。その国の教育水準を示す指標として取り扱われる。教育指数 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の犯罪と治安

    日本の犯罪と治安から見た教育教育

    刑法犯罪の暴力犯罪も非暴力犯罪も各罪種の発生率が、1920年代後半-1930年代前半に第二次世界大戦終結前の最多、または、統計がある1926年以後の最多を記録(人口10万人中の発生率は、殺人は1926年は4.14件、誘拐は2.46件、強姦は1933年は2.53件、傷害は1935年は42.29件、強盗は1929年は3.80件、放火は1931年は3.99件。)した原因として、昭和金融恐慌・昭和恐慌・世界恐慌による経済的な貧困、社会保障・福祉・所得の再分配などの不整備、家庭・学校・職場・社会の教育の不十分、失業、などの人々の生活に関する環境的原因が複合的に影響して、暴力犯罪と非暴力犯罪の原因としての個人的素質の誘発と、暴力犯罪と非暴力犯罪としての現象を推進したという仮説が指摘されている。日本の犯罪と治安 フレッシュアイペディアより)

  • 田口禎則

    田口禎則から見た教育教育

    政党には所属していない。旧浦和市・さいたま市議会議員時代は会派にも属さず無所属で活動。自治体を超えた埼玉県の地方議員の組織「地方主権をめざす埼玉自治体議員グループ」に参加。埼玉県議会では民主党の保守系議員と無所属議員によって結成された会派「地方主権の会」に所属して活動。2005年12月、民主党埼玉県連が「地方主権の会」と民主党の旧社会党系議員による会派「民主党議員団」の一本化の方針を示したため、「民主系議員」に括られることを嫌って「地方主権の会」を離団。無所属となる。2007年2月、次期統一地方選挙への不出馬を表明した。引退に際しての朝日新聞の取材に対し、「県とほぼ同じ権限を持つ政令指定都市選出の県議は存在意義が薄れていると感じた。選挙区や議員定数の見直しが必要」と語った。今後は政治活動経験を生かし教育問題に関わる活動や野外教育の拠点づくりを行うという。田口禎則 フレッシュアイペディアより)

  • ジオパーク

    ジオパークから見た教育教育

    ジオパーク()とは、地球科学的に見て重要な自然の遺産を含む、自然に親しむための公園。地球科学的に見て重要な特徴を複数有するだけでなく、その他の自然遺産や文化遺産を有する地域が、それらの様々な遺産を有機的に結びつけて保全や教育、ツーリズムに利用しながら地域の持続的な経済発展を目指す仕組み。日本語では「地質公園」と訳されることがあるが、誤訳である。日本ジオパーク委員会では「大地の公園」という言葉を使っている。ジオパーク フレッシュアイペディアより)

  • 学校教育法

    学校教育法から見た教育教育

    幼稚園は義務教育およびその後の教育の基礎をつちかうものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。1947年4月1日の学校教育法の施行によって正式に学校として位置づけられるようになった。学校教育法 フレッシュアイペディアより)

  • 本郷中学校・高等学校

    本郷中学校・高等学校から見た教育教育

    高校ではクラブ活動が盛んだった時代があり、ラグビー部やサッカー部は全国を代表する名門だった。ラグビー部は1985年の第65回全国高等学校ラグビーフットボール大会では準優勝をしており、花園の常連校だった時代もあるが、難関国立大学をめざすコースの設定をはじめとする、大学進学指導体制の強化など学力養成を重視した教育方針への転換を期に、相対的な実力は低下し、近年は全国大会への出場も少なくなったが、2007年度は4年ぶりに全国大会へ出場した。2010年度は3年ぶり9回目の出場。なお、ラグビー部では2003年に生徒が自殺するという事件が起きた。本郷中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 待遇表現

    待遇表現から見た教育教育

    坂本恵と蒲谷宏が1991年の早稲田大学日本語研究教育センター紀要三号で発表した『待遇表現教育の構想』では、"「待遇表現」とは、「表現主体」が、ある「表現意図」を、「自分」・「相手」・「話題の人物」相互間の関係、「表現場」の状況・雰囲気、「表現形態」等を考慮し、それらに応じた「表現題材」、「表現内容」、「表現方法」を用いて、表現する言語行為である" と定義している。教育の場や標準としての言語の中で相手を卑下し、悪口する表現が取り上げられることは少ないため、狭義には敬語表現を指して待遇表現と呼称する場合もあるが、通常は自身の持つ感情や思想を直接的に表現するのではなく人間関係や場に配慮して選択的に表現する言語行為全般を指している。待遇表現 フレッシュアイペディアより)

1521件中 51 - 60件表示

「教育」のニューストピックワード