226件中 81 - 90件表示
  • 教育

    教育から見た家族

    家庭教育とは、家庭において行われる教育のこと。家庭というのは家族という社会集団が生活をする場であるが、多機能であるので、教育も行われ得る。学校という制度ができてからは、その教育機能の一部が学校へと分離することになったが、家庭は学校と連携を持ちつつその教育機能を持ちつづけている。「家庭教育」と言っても、家庭という場とともに、ひとりひとりの家族との人間関係が重要な意味をもっていると言える。基礎的な価値観・徳をこどもに示すことはしつけと呼ばれている。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た学び

    なぜ教育が欠けてはならないのかという問題について、イマヌエル・カントは「人は教育によって人間になる」と述べ、人間らしく生きるために教育が必要であると論じた。学びの意欲を喪失した若者が多いといわれる現代において、なぜ教育が必要かが改めて問われる状況にある。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た偏差値

    教育を受けた個人に起こる変化を「教育効果」と呼ぶ。一般的には学力の向上が思い浮かべられることがある。現在の日本では、学校教育に関わる学力を紙面の試験で測定できるもの、とりわけ偏差値で計る傾向が強く、このことに対して強い批判が長年存在しつつも、受験現場では不可欠となっている実態がある。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た知識

    教育(きょういく、、、、、、、、)は、教え育てることであり、ある人間を望ましい状態にさせるために、心と体の両面に、意図的に働きかけることである。教育を受ける人の知識を増やしたり、技能を身につけさせたり、人間性を養ったりしつつ、その人が持つ能力を引き出そうとすることである。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た出生率

    教育の費用を誰が出すか、ということについての考え方は国ごとに異なっている。フランスは、国民がフランス革命を起こし、横暴な王族・貴族を倒し、自力で国民のための政府を樹立した国であり、「国家は国民のためのものである」という理念が徹底されており、国民の人権がしっかりと尊重されている。フランスでは、公共機関が行う教育(国立や公立の 幼稚園から大学まで)の授業料が全て無料である。フランスでは、教育というのは国が国民に無料で提供すべきものだ、との考え方が徹底されており、実際にそうした制度になっており、それがしっかりと実施されている。その結果、親に過度に負荷がかからないようになっており、その結果 フランスでは親は安心して子供を多人数つくることができる。その結果フランスは出生率を高めることに成功し、出生率がヨーロッパ諸国で最高で、2.0を越え、順調に人口が増え、国力が増してきている。実際に、教育を受ける権利が守られており、経済的に裕福な親だけでなく、経済的に困窮している親であっても、子供を教育することもできているのである。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た第二次世界大戦後

    制度化された教育について、西洋では古代ギリシアまで遡ることが一般的である。高等教育機関は古代より世界各地に存在してきたが、現代の大学につながる高等教育機関が成立したのはヨーロッパの中世においてであって、11世紀末にはイタリアのボローニャでボローニャ大学が成立していたという。近代教育につながる教育学の祖形は、17世紀にコメニウスによって作られた。18世紀に入るとジャン=ジャック・ルソーが「エミール」を著し、この影響を受けたヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチによって学校教育の方法論が確立された。またペスタロッチは主に初等教育分野に貢献したのに対し、彼の影響を受けたフリードリヒ・フレーベルは幼児教育に、ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトは高等教育に大きな足跡を残した。19世紀に入ると産業革命以降の労働者の必要性から、民衆に対する教育の必要性が強く叫ばれるようになり、多くの国で公教育が導入され、初等教育については義務化される国が現れ始めた。この義務教育化の流れは産業化された国々を中心に広がっていったものの、多くの国で国民に対する一般教育が公教育として施行されるようになったのは、20世紀に入ってからである。また、特にヨーロッパや南アメリカのカトリック圏諸国においては、初等教育を国家ではなく教会が担うべきとの意見が根強く、19世紀における主要な政治の争点のひとつとなった。この論争は20世紀に入るころにはほとんど国家側の勝利となり、ほとんどの国で初等教育は基本的に国家が担うものとなっていった。第二次世界大戦後に独立したアジアやアフリカの新独立国においても教育は重視され、各国政府は積極的に学校を建設し、教育を行っていった。これにより、世界の識字率は20世紀を通じて上昇を続け、より多くの人々に公教育が与えられるようになっていった。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た政治

    道徳主義 - 政治や社会、道徳や倫理と言った教育の外にあるものから教育目的を定めるもの(例 アリストテレスの徳)教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た権力

    学校を軍隊・病院・監獄などと同様の近代特有の権力装置であるとしたミシェル・フーコー 、学校教育が近代社会に支配的な国家のイデオロギー装置であると論じたルイ・アルチュセール、教育が文化的・階級的・社会的な不平等や格差を再生産または固定化する機能を果しているピエール・ブルデュー、バジル・バーンスタイン、サミュエル・ボールズとハーバート・ギンタス、教育は家父長制を再生産しているとのフェミニズムからの議論、教育は社会の多数派の文化を押し付けているという多文化主義からの議論、などが有名である。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た文化

    学校を軍隊・病院・監獄などと同様の近代特有の権力装置であるとしたミシェル・フーコー 、学校教育が近代社会に支配的な国家のイデオロギー装置であると論じたルイ・アルチュセール、教育が文化的・階級的・社会的な不平等や格差を再生産または固定化する機能を果しているピエール・ブルデュー、バジル・バーンスタイン、サミュエル・ボールズとハーバート・ギンタス、教育は家父長制を再生産しているとのフェミニズムからの議論、教育は社会の多数派の文化を押し付けているという多文化主義からの議論、などが有名である。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た在籍者 (学習者)

    教育活動は複数の人間が集まって行われる以上、そこに必然的に社会が生まれる。学校や学級などはその例である。そこにおいて何らかの問題が生じることがあり、いじめ・不登校・学級崩壊、教員と児童・生徒学生との権力関係などがここに含まれる。教育 フレッシュアイペディアより)

226件中 81 - 90件表示

「教育」のニューストピックワード