385件中 21 - 30件表示
  • 部落解放文学賞

    部落解放文学賞から見た文学賞文学賞

    部落解放文学賞(ぶらくかいほうぶんがくしょう)とは、部落解放同盟が1974年に創設した文学賞。主催は、部落解放同盟中央本部と部落解放・人権研究所による実行委員会。応募作品は被差別部落の内外から募り、反差別の視点から選考される。入選者は『解放新聞』で名前を発表され、入選作品は『部落解放』誌の臨時増刊号に掲載される。部落解放文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 叶紙器

    叶紙器から見た文学賞文学賞

    1965年、大阪府大阪市にて生まれた。2000年代より、大阪市にて会社員として働きながら、作家を目指し小説の執筆に取り組んだ。休日など空き時間を利用してミステリー小説を執筆し、3年がかりで「伽羅の橋」を完成させた。文学賞に投稿した経験は一度もなかったが、初めて「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」に同作を応募したところ、審査した島田荘司より「巨大なスケールと優れた着想を備えた10年に1度の作品」との評価を得て、同賞を受賞した。叶紙器 フレッシュアイペディアより)

  • 大山文学賞

    大山文学賞から見た文学賞文学賞

    大山文学賞(テサンぶんがくしょう)は韓国の文学賞大山文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 現代文学賞

    現代文学賞から見た文学賞文学賞

    現代文学賞(げんだいぶんがくしょう)は韓国の文学賞現代文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 美少女文庫新人王

    美少女文庫新人王から見た文学賞文学賞

    美少女文庫新人王(びしょうじょぶんこしんじんおう)は、フランス書院が主催する長編ジュブナイルポルノを対象とした公募新人文学賞である。美少女文庫新人王 フレッシュアイペディアより)

  • ワルプルギス賞

    ワルプルギス賞から見た文学賞文学賞

    デジタル時代に則した公募新人文学賞を目指し講談社が自社の投稿サイトプロジェクト・アマテラス内において2012年に設けた公募新人賞。特色としては、第一次選考には編集部が介入せず、選考が全てサイト内の読者の手に委ねられていること、一次選考における審査では、抜粋した八千字のみが選考対象となることなどがある。第一回ワルプルギス賞を経て、第二回では「ワルプルギス賞らいと」と改題され、主にライトノベル作品を募集している。また、その過程で選考方法も一部変更されている。以下、第一回と第二回に分けて選考方法を記述する。ワルプルギス賞 フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に大賞

    ひぐらしのなく頃に大賞から見た文学賞文学賞

    ひぐらしのなく頃に大賞(ひぐらしのなくころにたいしょう)は、07th Expansionの同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』を題材にした二次創作の短編小説作品を対象にした文学賞。スクウェア・エニックス主催。応募方法が電子メールのみである点が大きな特徴。ひぐらしのなく頃に大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に 語咄し編

    ひぐらしのなく頃に 語咄し編から見た文学賞文学賞

    『ひぐらしのなく頃に 語咄し編』(ひぐらしのなくころに かたりばなしへん)は、07th Expansionの同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』を題材にした文学賞『ひぐらしのなく頃に大賞』(スクウェア・エニックス主催)の受賞作品を掲載したアンソロジー。また、受賞作品を基にする同名のコミックアンソロジー、ドラマCD。ひぐらしのなく頃に 語咄し編 フレッシュアイペディアより)

  • ロマン大賞

    ロマン大賞から見た文学賞文学賞

    ロマン大賞(ロマンたいしょう)は、1992年から集英社が主催していた公募文学賞。同社のライトノベル系文芸誌『Cobalt』及びコバルト文庫の読者を対象とした作品を募集していた。ロマン大賞 フレッシュアイペディアより)

  • アンテラリエ賞

    アンテラリエ賞から見た文学賞文学賞

    アンテラリエ賞(Prix Interallié)は、フランスで最も権威のある文学賞の一つ。1930年、パリのアンテラリエ・クラブでフェミナ賞の発表を待っていた30人のジャーナリストによって創設された。主にジャーナリストによって書かれた小説に与えられる。アンテラリエ賞 フレッシュアイペディアより)

385件中 21 - 30件表示

「文学賞」のニューストピックワード