268件中 21 - 30件表示
  • 婦人公論文芸賞

    婦人公論文芸賞から見た文学賞文学賞

    婦人公論文芸賞(ふじんこうろんぶんげいしょう)は女性をテーマとした小説やエッセイなどの文芸作品に贈られる中央公論新社が創設した文学賞。前身は、女流文学賞。前年7月から当年6月までの作品に対して10月に年一回の発表であった。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与された。婦人公論文芸賞 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史文学賞

    歴史文学賞から見た文学賞文学賞

    歴史文学賞(れきしぶんがくしょう)は、日本唯一の歴史小説専門の文学賞である。歴史文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 田村俊子賞

    田村俊子賞から見た文学賞文学賞

    田村俊子賞(たむらとしこしょう)は、田村俊子の死後に発生した印税を基に設立された文学賞。女流作家の優れた作品に贈られる。「田村俊子会」が主催。第17回で終了した。俊子の友人だった湯浅芳子が中心となって設立し、俊子に夫を寝とられた佐多稲子も選考委員を務めた。その様子は瀬戸内寂聴『孤高の人』に詳しい。田村俊子賞 フレッシュアイペディアより)

  • 女流文学者賞

    女流文学者賞から見た文学賞文学賞

    女流文学者賞(じょりゅうぶんがくしゃしょう)は、1946年から1960年まで、女流作家の優れた作品に贈られた文学賞。鎌倉文庫系の『婦人文庫』が主宰したが、その1949年の倒産後は、『女流文学者会』が運営した。1961年に中央公論社に引き継がれ、女流文学賞と改名した。女流文学者賞 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉文芸賞

    埼玉文芸賞から見た文学賞文学賞

    埼玉文芸賞(さいたまぶんげいしょう)は、埼玉県の文芸活動の振興を図るため、1969年に創設された文学賞である。埼玉県・埼玉県教育委員会が主催し、さいたま文学館主管で実施されている。小説・戯曲、評論・エッセイ・伝記、児童文学、詩、短歌、俳句、川柳の7つの部門がある。埼玉文芸賞 フレッシュアイペディアより)

  • 弁天様には言わないで

    弁天様には言わないでから見た文学賞文学賞

    マンション「七福ハイツ」(しちふくハイツ)管理人にして文学賞「植木賞」作家、そしてヴィジュアル系インディーズバンド「ブルーベルベット」のヴォーカルとして活躍する青年。この名は作家並びに歌手としての通称で、プライベートでも概ねこの名で呼ばれるが、弁天からは本名の花山大吉(はなやま だいきち)をもじって「大ちゃん」と呼ばれる。容姿端麗だがナルシストで、わがままで身勝手、口が悪く、女性にだらしが無いなど、言動に問題の多い人物。また、かなりの音痴。成人してからも尻に残る蒙古斑に悩む。物語前半、出会って以来なかなか自分になびかない秋元勇紀を何とか口説こうとするが、相手にされないばかりか自らの言動や弁天の失敗や悪戯も相まって「変態」「最低」との悪評を受ける。物語後半、バンドメンバーに罵詈雑言を浴びせ口論の末に相次ぎ解雇したせいでバンド活動ができなくなり、小説の依頼にエッセイを書いたために連載を打ち切られ、さらに七福ハイツのオーナーが離婚に伴い自ら管理人として住み込むことにした煽りを食って住まいを無くし、生活の基盤を失った。解雇した元バンドメンバーの罠による嘲笑の中で弁天に救われ、「音楽で世界を取る」決意をし、彼女により新しいバンドメンバーとしてミキと毘沙奈に引き合わされた。以後も、毘沙奈への想いから努力するミキをせせら笑ったり、演奏について彼に辛く当たることが間々あったが、一方で「自分を見下した相手をいつか見返せ」「仙人の力を借りることは、やましいことではない」など自分なりの助言を彼に与えることもあった。周囲の人々を何かと怒らせたり困らせる言動が多かったが、ブルーベルベット最後の大舞台を成功させるため死をも厭わない覚悟を毘沙奈に語ったり、弁天が懐かしがった「光核桃」(コアンホータオ)を会場に満開に咲かせることを事実上最後の願いとするなど、心の内には別の側面を秘めていることを窺わせた。弁天様には言わないで フレッシュアイペディアより)

  • メガミノベル大賞

    メガミノベル大賞から見た文学賞文学賞

    メガミノベル大賞(メガミノベルたいしょう)は、学研パブリッシング主催の公募文学賞。同社のライトノベル系文庫レーベル・メガミ文庫(2004年12月創刊)がアニメ原作の小説化作品を中心とする路線から2008年7月の新装刊によりオリジナル作品を強化するに当たって創設された。メガミノベル大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 赤い鳥さし絵賞

    赤い鳥さし絵賞から見た文学賞文学賞

    文学賞の多くが文学作品の著者に対して贈呈されるが、本賞は対象となった児童文学作品の著者に対してではなく、それを支える挿絵を描いた童画家に対して贈呈されるという異例の特色を持っている。赤い鳥さし絵賞 フレッシュアイペディアより)

  • 竹山広

    竹山広から見た文学賞文学賞

    1981年、第1歌集『とこしへの川』を発刊し、歌壇にデビュー。同年、第2回長崎県文学賞を受賞。以降は各文学賞を相次いで受賞。竹山広 フレッシュアイペディアより)

  • ホーマー賞

    ホーマー賞から見た文学賞文学賞

    ホーマー賞(ホーマーしょう、HOMer Award)は、英語圏におけるSF小説の文学賞である。ホーマー賞 フレッシュアイペディアより)

268件中 21 - 30件表示

「文学賞」のニューストピックワード