385件中 51 - 60件表示
  • スクウェア・エニックスライトノベル大賞

    スクウェア・エニックスライトノベル大賞から見た文学賞文学賞

    スクウェア・エニックスライトノベル大賞(スクウェア・エニックスライトノベルたいしょう)は、スクウェア・エニックスが主催していた日本の公募新人文学賞スクウェア・エニックスライトノベル大賞 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーダッシュ小説新人賞

    スーパーダッシュ小説新人賞から見た文学賞文学賞

    スーパーダッシュ小説新人賞(スーパーダッシュしょうせつしんじんしょう)は、集英社が主催する公募新人文学賞スーパーダッシュ小説新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市自分史文学賞

    北九州市自分史文学賞から見た文学賞文学賞

    北九州市自分史文学賞(きたきゅうしゅうし じぶんし ぶんがくしょう)は、北九州市が1990年(平成2年)から約四半世紀にわたり行った、公募形式による自分史(または自分自身に大きな影響や感銘を与えた人物の生き方)作品(ノンフィクション作品であること)を対象とする文学賞。大賞作品は学習研究社から出版され、副賞200万円。北九州市自分史文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日童話新人賞

    毎日童話新人賞から見た文学賞文学賞

    毎日童話新人賞(まいにちどうわしんじんしょう)は、かつて毎日新聞社が主催していた、児童文学を対象とした公募文学賞。昭和52年度(1977年)に創設され、平成14年度(2002年)・第26回をもって休止された。毎日童話新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 光のほうへ

    光のほうへから見た文学賞文学賞

    原作小説『SUBMARINO』は作者のヨナス・T・ベングトソンにとって2作目の小説であり、映画公開後の2010年9月にスウェーデンの文学賞「文学賞」を受賞している。光のほうへ フレッシュアイペディアより)

  • 琴音

    琴音から見た文学賞文学賞

    しかし、同年9月2日、同賞の後援である新潮社との行き違いから受賞を辞退し、公募文学賞では、異例の事態として、大手新聞社などで報道された。琴音 フレッシュアイペディアより)

  • 竹山広

    竹山広から見た文学賞文学賞

    1981年、第1歌集『とこしへの川』を発刊し、歌壇にデビュー。同年、第2回長崎県文学賞を受賞。以降は各文学賞を相次いで受賞。竹山広 フレッシュアイペディアより)

  • 「きらら」文学賞

    「きらら」文学賞から見た文学賞文学賞

    「きらら」文学賞(きららぶんがくしょう)は、小学館が主催していた公募の新人文学賞。小学館の月刊文芸誌『きらら』誌上で募集された。対象は未発表の長編小説。ジャンルは不問。枚数は400字詰め原稿用紙換算で300枚以上800枚まで。選考は「きらら」編集部が行う。締切は設定されておらず、原稿を随時受け付けていた。「きらら」文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ベック賞

    マルティン・ベック賞から見た文学賞文学賞

    マルティン・ベック賞(マルティン・ベックしょう、Martin Beck Award)は、スウェーデン推理作家アカデミーが優れた翻訳推理小説に与える文学賞マルティン・ベック賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本エンタメ小説大賞

    日本エンタメ小説大賞から見た文学賞文学賞

    日本エンタメ小説大賞(にほんエンタメしょうせつたいしょう)は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、ニッポン放送、リンダパブリッシャーズの3社が2012年より主催する公募の新人文学賞。ミステリー・SF・恋愛・ホラー・ライトノベルなど、応募作品のジャンルは問わないが「映画の原作になること」を意識したエンタテインメント性の高い作品を求めている。日本エンタメ小説大賞 フレッシュアイペディアより)

385件中 51 - 60件表示

「文学賞」のニューストピックワード