前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • 文学賞

    文学賞から見た鹿島田真希

    芥川賞、野間文芸新人賞、三島由紀夫賞の三賞は純文学の新人賞において重きをなし「三冠」と呼ばれることもあるが、2016年現在、この三賞全てを受賞しているのは笙野頼子、鹿島田真希、本谷有希子、村田沙耶香の4人である。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た筒井康隆

    また、各次選考過程において、各選考委員の専門分野・嗜好・思想・人間関係、出版社・編集部・編集者の事情・思惑・販売戦略、「後援」すなわちスポンサーの立場で賞イベントに関与する企業・団体の意向、候補者・応募者の話題性や関連業界との人脈などといった様々なバイアスが加えられることも少なくなく、関連する企業の商業的都合が優先されたり文壇政治のパワーゲームの結果として授賞と作品の出来が必ずしも直結しなくなる場合もある。例えば直木賞では主催者と強い関連を持つ文藝春秋の影響が色濃く、同社が数多くのベストセラーを手掛け強みを持つ歴史小説・時代小説・人情小説が有利と言われ実際に数多く授賞している一方で、企画・販売の実績が少なくノウハウに乏しいSF・ミステリー・ファンタジーなどに授賞した事例は少なく総じて不利とされており、SF作家である筒井康隆は自身の直木賞落選の経緯を批判的に風刺した小説『大いなる助走』を執筆している。また、高い権威を持つ著名文学賞の場合、知名度や文壇での地位を求めて受賞を渇望する人物や、自身の作品に絶対の自信を持ち受賞を確信して疑わない性格の人物が、自身の作品の落選という事態に対して強い不満を示す場合もある。他にも様々な文学賞や公募新人賞において、最終選考に残った作品や作家を巡って、特定の選考委員の熱烈な推薦で授賞が決まった、逆に特定の選考委員の個人的な猛反対の批判により落選となった、選考会議の場に全く取り上げられることも無く落選した、他にも選考を巡る対立で審査委員が辞任した、授賞から何年も経ってから主催者・選考委員・スポンサーなどの授賞する側と作家や新人など受賞した側との間に何らかの関係があったことが明らかになった、などという“裏話”“トラブル”の類は枚挙に暇が無い。また、筒井が『大いなる助走』で槍玉に挙げていることであるが、文学賞の選考委員として名前が出る人物には多忙な売れっ子が多く、そのような時間的余裕の無い人物が果たしてきちんと候補作や最終選考の作品を全て読破しその内容を把握・分析して選考に参加しているのかということも度々取り沙汰されてきた疑念であり、著名作家の選考委員としての「名義貸し」や、出版社・スポンサーや選考委員の人脈・都合が優先された縁故授賞などと言った不明朗な選考や出来レースの噂も、その真偽は別として散見される。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た福田和也

    福田和也『作家の値うち』(飛鳥新社、2000年)文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た石原慎太郎

    授賞が決まった作家は正賞・副賞を授与され、受賞の経歴という箔が付き、作品が紹介され、それと共に多くは次回作の掲載・刊行の機会を得ることになる。ただし、文壇で重きをなす文学賞であっても“受賞”と“長期的に作家として文筆一本で生活していけるか”はあくまで別の話で、たとえば猪瀬直樹は石原慎太郎との会話の中で、歴代の芥川賞作家の中にも生活保護を受けている人が多くいる、というようなやりとりがあったことを自身のブログで過去に記している。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た猪瀬直樹

    授賞が決まった作家は正賞・副賞を授与され、受賞の経歴という箔が付き、作品が紹介され、それと共に多くは次回作の掲載・刊行の機会を得ることになる。ただし、文壇で重きをなす文学賞であっても“受賞”と“長期的に作家として文筆一本で生活していけるか”はあくまで別の話で、たとえば猪瀬直樹は石原慎太郎との会話の中で、歴代の芥川賞作家の中にも生活保護を受けている人が多くいる、というようなやりとりがあったことを自身のブログで過去に記している。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た本谷有希子

    芥川賞、野間文芸新人賞、三島由紀夫賞の三賞は純文学の新人賞において重きをなし「三冠」と呼ばれることもあるが、2016年現在、この三賞全てを受賞しているのは笙野頼子、鹿島田真希、本谷有希子、村田沙耶香の4人である。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た読売新聞社

    読売新聞社主催の読売文学賞には小説賞の他に戯曲・シナリオ部門賞、随筆・紀行賞、評論・伝記賞、詩歌俳句賞、研究・翻訳賞の各部門が設けられており、朝日新聞社主催の大佛次郎賞や毎日新聞社主催の毎日出版文化賞は小説だけでなく評論・ノンフィクション・エッセイなどを幅広く対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た文藝春秋

    また、各次選考過程において、各選考委員の専門分野・嗜好・思想・人間関係、出版社・編集部・編集者の事情・思惑・販売戦略、「後援」すなわちスポンサーの立場で賞イベントに関与する企業・団体の意向、候補者・応募者の話題性や関連業界との人脈などといった様々なバイアスが加えられることも少なくなく、関連する企業の商業的都合が優先されたり文壇政治のパワーゲームの結果として授賞と作品の出来が必ずしも直結しなくなる場合もある。例えば直木賞では主催者と強い関連を持つ文藝春秋の影響が色濃く、同社が数多くのベストセラーを手掛け強みを持つ歴史小説・時代小説・人情小説が有利と言われ実際に数多く授賞している一方で、企画・販売の実績が少なくノウハウに乏しいSF・ミステリー・ファンタジーなどに授賞した事例は少なく総じて不利とされており、SF作家である筒井康隆は自身の直木賞落選の経緯を批判的に風刺した小説『大いなる助走』を執筆している。また、高い権威を持つ著名文学賞の場合、知名度や文壇での地位を求めて受賞を渇望する人物や、自身の作品に絶対の自信を持ち受賞を確信して疑わない性格の人物が、自身の作品の落選という事態に対して強い不満を示す場合もある。他にも様々な文学賞や公募新人賞において、最終選考に残った作品や作家を巡って、特定の選考委員の熱烈な推薦で授賞が決まった、逆に特定の選考委員の個人的な猛反対の批判により落選となった、選考会議の場に全く取り上げられることも無く落選した、他にも選考を巡る対立で審査委員が辞任した、授賞から何年も経ってから主催者・選考委員・スポンサーなどの授賞する側と作家や新人など受賞した側との間に何らかの関係があったことが明らかになった、などという“裏話”“トラブル”の類は枚挙に暇が無い。また、筒井が『大いなる助走』で槍玉に挙げていることであるが、文学賞の選考委員として名前が出る人物には多忙な売れっ子が多く、そのような時間的余裕の無い人物が果たしてきちんと候補作や最終選考の作品を全て読破しその内容を把握・分析して選考に参加しているのかということも度々取り沙汰されてきた疑念であり、著名作家の選考委員としての「名義貸し」や、出版社・スポンサーや選考委員の人脈・都合が優先された縁故授賞などと言った不明朗な選考や出来レースの噂も、その真偽は別として散見される。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た豊崎由美

    豊崎由美・大森望『文学賞メッタ斬り!』(ちくま文庫、2008年)文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た村田沙耶香

    芥川賞、野間文芸新人賞、三島由紀夫賞の三賞は純文学の新人賞において重きをなし「三冠」と呼ばれることもあるが、2016年現在、この三賞全てを受賞しているのは笙野頼子、鹿島田真希、本谷有希子、村田沙耶香の4人である。文学賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「文学賞」のニューストピックワード