94件中 11 - 20件表示
  • 文学賞

    文学賞から見たポプラ社小説大賞

    授与される記念品や賞金の額については賞毎に異なり、近年では『このミステリーがすごい!』大賞、ポプラ社小説大賞など、公募新人賞にも1000万円を超える高額賞金が懸けられたものが存在する。後述の様に公募新人賞については雑誌掲載や単行本刊行など、受賞作品での商業作家としてのデビューを保証しているものが多い。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た新聞

    文学賞は、文壇に登場していない新人を主な対象とし未発表の作品を公募して作品を選考し授与する賞(公募新人賞)と、新聞・雑誌への掲載や単行本の刊行などの形式で既に発表済みである作品や既存の作家に授与する賞に大別できる。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た朝日新聞社

    読売新聞社主催の読売文学賞には小説賞の他に戯曲・シナリオ部門賞、随筆・紀行賞、評論・伝記賞、詩歌俳句賞、研究・翻訳賞の各部門が設けられており、朝日新聞社主催の大佛次郎賞や毎日新聞社主催の毎日出版文化賞は小説だけでなく評論・ノンフィクション・エッセイなどを幅広く対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た文藝春秋

    また、各次選考課程において、各選考委員の専門分野・嗜好・思想・人間関係、出版社・編集部・編集者の事情・思惑・販売戦略、「後援」すなわちスポンサーの立場で賞イベントに関与する企業・団体の意向、候補者・応募者の話題性や関連業界との人脈などといった様々なバイアスが加えられることも少なくなく、関連する企業の商業的都合が優先されたり文壇政治のパワーゲームの結果として授賞と作品の出来が必ずしも直結しなくなる場合もある。例えば直木賞では主催者と強い関連を持つ文藝春秋の影響が色濃く、同社が数多くのベストセラーを手掛け強みを持つ歴史小説・時代小説・人情小説が有利と言われ実際に数多く授賞している一方で、企画・販売の実績が少なくノウハウに乏しいSF・ミステリー・ファンタジーなどに授賞した事例は少なく総じて不利とされており、SF作家である筒井康隆は自身の直木賞落選の経緯を批判的に風刺した小説『大いなる助走』を執筆している。また、高い権威を持つ著名文学賞の場合、知名度や文壇での地位を求めて受賞を渇望する人物や、自身の作品に絶対の自信を持ち受賞を確信して疑わない性格の人物が、自身の作品の落選という事態に対して強い不満を示す場合もある。他にも様々な文学賞や公募新人賞において、最終選考に残った作品や作家を巡って、特定の選考委員の熱烈な推薦で授賞が決まった、逆に特定の選考委員の個人的な猛反対の批判により落選となった、選考会議の場に全く取り上げられる事も無く落選した、他にも選考を巡る対立で審査委員が辞任した、授賞から何年も経ってから主催者・選考委員・スポンサーなどの授賞する側と作家や新人など受賞した側との間に何らかの関係があったことが明らかになった、などという“裏話”“トラブル”の類は枚挙に暇が無い。また、筒井が『大いなる助走』で槍玉に挙げていることであるが、文学賞の選考委員として名前が出る人物には多忙な売れっ子が多く、その様な時間的余裕の無い人物が果たしてきちんと候補作や最終選考の作品を全て読破しその内容を把握・分析して選考に参加しているのかということも度々取り沙汰されてきた疑念であり、著名作家の選考委員としての「名義貸し」や、出版社・スポンサーや選考委員の人脈・都合が優先された縁故授賞などと言った不明朗な選考や出来レースの噂も、その真偽は別として散見される。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た毎日新聞社

    読売新聞社主催の読売文学賞には小説賞の他に戯曲・シナリオ部門賞、随筆・紀行賞、評論・伝記賞、詩歌俳句賞、研究・翻訳賞の各部門が設けられており、朝日新聞社主催の大佛次郎賞や毎日新聞社主催の毎日出版文化賞は小説だけでなく評論・ノンフィクション・エッセイなどを幅広く対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た読売文学賞

    中堅以上の作家やその作品に対して授与される文学賞として、谷崎潤一郎賞、読売文学賞、野間文芸賞、吉川英治文学賞などがある。これらの主要な文学賞の場合、単一の作品のみならず作家としての総合的な筆力も選考にあたっての評価対象となるため、受賞実績を積み重ねてゆくことで文壇における地位が確立され、やがて大家として認められるようになる。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た地方紙

    地方自治体やその関連団体が主催する公募新人賞も存在するが、この場合、受賞作の多くは後援として携わる地方紙や地方の文芸誌に掲載されるのみで、受賞によって作家としてのデビューが約束されるわけではない。ただし、坊っちゃん文学賞などのように、全国で発売される雑誌と提携関係がありその雑誌に受賞作が掲載される賞もある。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た野間文芸新人賞

    代表的なところでは芥川賞、野間文芸新人賞、三島由紀夫賞、山本周五郎賞などがある。直木賞も創設当初は既発表の大衆文学の新人作家の作品を対象とした賞という主旨であったが、近年では既に作家として一本立ちしている中堅以上の作家の作品への授賞が専らであり、新人賞とは呼べない性質のものになっている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た本格ミステリ大賞

    ジャンル別では推理小説では日本推理作家協会賞や本格ミステリ大賞、SFでは星雲賞や日本SF大賞などがあり、その他にも数多くの分野毎に最高峰とされる賞が存在する。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た現代詩

    たとえば、評論や随筆などを対象とした小林秀雄賞、ノンフィクションを対象とした大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞、現代詩を対象としたH氏賞、戯曲を対象とした岸田國士戯曲賞などがある。これらは、それぞれの文学ジャンルにおいて方向性やトレンドを示す存在として重要視されている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示

「文学賞」のニューストピックワード