103件中 41 - 50件表示
  • 文学賞

    文学賞から見たフランツ・カフカ賞

    日本国外の著名文学賞の中でもで特に高い権威を持つ賞には、ブッカー賞、ゴンクール賞、ピューリッツァー賞 フィクション部門、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞、ノーベル文学賞などが上げられる。ブッカー賞はイギリスおよびアイルランド国内で英語で書かれたもの、ゴンクール賞はフランス国内でフランス語で書かれたもの、ピューリッツァー賞フィクション部門は米国で書かれたものと、前者3賞はその国内のその言語で書かれた小説を選考対象としている。後者3賞は言語や地域を問わず、特にノーベル文学賞は小説家(散文)に限らず、詩人や劇作家なども対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た新潮ドキュメント賞

    たとえば、評論や随筆などを対象とした小林秀雄賞、ノンフィクションを対象とした大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞、現代詩を対象としたH氏賞、戯曲を対象とした岸田國士戯曲賞などがある。これらは、それぞれの文学ジャンルにおいて方向性やトレンドを示す存在として重要視されている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た谷崎潤一郎賞

    中堅以上の作家やその作品に対して授与される文学賞として、谷崎潤一郎賞、読売文学賞、野間文芸賞、吉川英治文学賞などがある。これらの主要な文学賞の場合、単一の作品のみならず作家としての総合的な筆力も選考にあたっての評価対象となるため、受賞実績を積み重ねてゆくことで文壇における地位が確立され、やがて大家として認められるようになる。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見たエルサレム賞

    日本国外の著名文学賞の中でもで特に高い権威を持つ賞には、ブッカー賞、ゴンクール賞、ピューリッツァー賞 フィクション部門、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞、ノーベル文学賞などが上げられる。ブッカー賞はイギリスおよびアイルランド国内で英語で書かれたもの、ゴンクール賞はフランス国内でフランス語で書かれたもの、ピューリッツァー賞フィクション部門は米国で書かれたものと、前者3賞はその国内のその言語で書かれた小説を選考対象としている。後者3賞は言語や地域を問わず、特にノーベル文学賞は小説家(散文)に限らず、詩人や劇作家なども対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見たフランス

    日本国外の著名文学賞の中でもで特に高い権威を持つ賞には、ブッカー賞、ゴンクール賞、ピューリッツァー賞 フィクション部門、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞、ノーベル文学賞などが上げられる。ブッカー賞はイギリスおよびアイルランド国内で英語で書かれたもの、ゴンクール賞はフランス国内でフランス語で書かれたもの、ピューリッツァー賞フィクション部門は米国で書かれたものと、前者3賞はその国内のその言語で書かれた小説を選考対象としている。後者3賞は言語や地域を問わず、特にノーベル文学賞は小説家(散文)に限らず、詩人や劇作家なども対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た山本周五郎賞

    代表的なところでは芥川賞、野間文芸新人賞、三島由紀夫賞、山本周五郎賞などがある。直木賞も創設当初は既発表の大衆文学の新人作家の作品を対象とした賞という主旨であったが、近年では既に作家として一本立ちしている中堅以上の作家の作品への授賞が専らであり、新人賞とは呼べない性質のものになっている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た大宅壮一ノンフィクション賞

    たとえば、評論や随筆などを対象とした小林秀雄賞、ノンフィクションを対象とした大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞、現代詩を対象としたH氏賞、戯曲を対象とした岸田國士戯曲賞などがある。これらは、それぞれの文学ジャンルにおいて方向性やトレンドを示す存在として重要視されている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た『このミステリーがすごい!』大賞

    授与される記念品や賞金の額については賞ごとに異なり、近年では『このミステリーがすごい!』大賞、ポプラ社小説大賞など、公募新人賞にも1,000万円を超える高額賞金が懸けられたものが存在する。後述のように公募新人賞については雑誌掲載や単行本刊行など、受賞作品での商業作家としてのデビューを保証しているものが多い。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見たイギリス

    日本国外の著名文学賞の中でもで特に高い権威を持つ賞には、ブッカー賞、ゴンクール賞、ピューリッツァー賞 フィクション部門、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞、ノーベル文学賞などが上げられる。ブッカー賞はイギリスおよびアイルランド国内で英語で書かれたもの、ゴンクール賞はフランス国内でフランス語で書かれたもの、ピューリッツァー賞フィクション部門は米国で書かれたものと、前者3賞はその国内のその言語で書かれた小説を選考対象としている。後者3賞は言語や地域を問わず、特にノーベル文学賞は小説家(散文)に限らず、詩人や劇作家なども対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た星雲賞

    ジャンル別では推理小説では日本推理作家協会賞や本格ミステリ大賞、SFでは星雲賞や日本SF大賞などがあり、その他にも数多くの分野ごとに最高峰とされる賞が存在する。文学賞 フレッシュアイペディアより)

103件中 41 - 50件表示

「文学賞」のニューストピックワード