94件中 41 - 50件表示
  • 文学賞

    文学賞から見た星雲賞

    ジャンル別では推理小説では日本推理作家協会賞や本格ミステリ大賞、SFでは星雲賞や日本SF大賞などがあり、その他にも数多くの分野毎に最高峰とされる賞が存在する。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見たノンフィクション

    たとえば、評論や随筆などを対象とした小林秀雄賞、ノンフィクションを対象とした大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞、現代詩を対象としたH氏賞、戯曲を対象とした岸田國士戯曲賞などがある。これらは、それぞれの文学ジャンルにおいて方向性やトレンドを示す存在として重要視されている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見たフランス語

    日本国外の著名文学賞の中でもで特に高い権威を持つ賞には、ブッカー賞、ゴンクール賞、ピューリッツァー賞 フィクション部門、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞、ノーベル文学賞などが上げられる。前者3賞はその国内のその言語で書かれた小説、ブッカー賞はイギリスおよびアイルランド国内で英語で書かれたもの、ゴンクール賞はフランス国内でフランス語で、ピューリッツァー賞フィクション部門は米国で書かれたものを選考対象としている。後者3賞は言語や地域を問わず、特にノーベル文学賞は小説家(散文)に限らず、詩人や劇作家なども対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見たノーベル文学賞

    日本国外の著名文学賞の中でもで特に高い権威を持つ賞には、ブッカー賞、ゴンクール賞、ピューリッツァー賞 フィクション部門、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞、ノーベル文学賞などが上げられる。前者3賞はその国内のその言語で書かれた小説、ブッカー賞はイギリスおよびアイルランド国内で英語で書かれたもの、ゴンクール賞はフランス国内でフランス語で、ピューリッツァー賞フィクション部門は米国で書かれたものを選考対象としている。後者3賞は言語や地域を問わず、特にノーベル文学賞は小説家(散文)に限らず、詩人や劇作家なども対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た日本推理作家協会賞

    ジャンル別では推理小説では日本推理作家協会賞や本格ミステリ大賞、SFでは星雲賞や日本SF大賞などがあり、その他にも数多くの分野毎に最高峰とされる賞が存在する。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た小松左京賞

    名称については、出版社・レーベル名や主催者の名前を直接冠したものがまず多いが、それ以外では文学史・文壇やそのジャンルの歴史において重要な足跡を残した物故者の作家の名を冠したものも多い。この様な人名を冠した賞の場合、故人の多大な功績を記念・顕彰する文学賞という主旨になるのが基本であるが、大江健三郎賞や小松左京賞などは創設時点で存命かつ現役の大家の名を冠し、その作家自身も選考・選評・表彰などで携わっている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見たアイルランド

    日本国外の著名文学賞の中でもで特に高い権威を持つ賞には、ブッカー賞、ゴンクール賞、ピューリッツァー賞 フィクション部門、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞、ノーベル文学賞などが上げられる。前者3賞はその国内のその言語で書かれた小説、ブッカー賞はイギリスおよびアイルランド国内で英語で書かれたもの、ゴンクール賞はフランス国内でフランス語で、ピューリッツァー賞フィクション部門は米国で書かれたものを選考対象としている。後者3賞は言語や地域を問わず、特にノーベル文学賞は小説家(散文)に限らず、詩人や劇作家なども対象としている。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た評論家

    選考委員は主に中堅・ベテランの著名作家、評論家、レーベル・旗艦誌の編集部の編集長クラスの人物が務めるが、メフィスト賞のように編集部と編集者の内部選考によって授賞を決定する賞もある。公募新人賞を受賞したことをきっかけに文壇にデビューして後に人気作家となった人物が、後年大成してからその賞の選考委員を委嘱されて授賞する側に回るケースも少なくない。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た面白半分

    風変わりな所では、1970年代の雑誌『面白半分』において、宣伝の為に書籍の下部に巻かれる腰巻(帯)に書かれるキャッチコピーを対象とした日本腰巻文学大賞という賞が開催されたこともある。この場合、腰巻というものの性質上、文章を製作した受賞者・選考対象者が編集者ということも珍しくなかった。文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文学賞

    文学賞から見た地位

    多くの文学賞では受賞者に対して副賞として賞金が支払われるだけではなく、授賞する側に属する選考委員を委嘱される著名作家にも選考料などの名目で少なからぬ金額の謝礼が支払われ、概して賞の権威の高さと比例する形で謝礼も高額となり、選考会議にしても1日とはいえ長時間に渡る会議となり高級料亭での食事付きというものもある。そのため、文学賞の選考委員は著名作家の体のいいアルバイトと揶揄されることもある。高い権威を持つ文学賞になると選考委員という地位それ自体も文壇政治におけるポストのひとつに等しく、作家にとっても文芸の世界での自身の権威や発言力の向上にも繋がる。だがその反面、特に選考委員について任期は設けず出処進退は自らわきまえるべしという姿勢を取る賞では、一度委嘱されればその後は自発的に退任するか、あるいは病気などで家族の意向という形で退任でもしない限り、亡くなるまでその地位に長年にわたり居続けることも可能であり、また高齢の大ベテランになると文壇・選考委員の重鎮としての存在感や発言力と裏腹に言動・選評が時代にそぐわないものになるばかりか、選考や賞自体の中長期的な方向性や究極的には賞の価値にまで悪影響を及ぼしてしまうことも起きかねず、そのような選考委員の高齢化や地位の長期独占は、時にその授賞選考などにも絡んで批判の対象となる。文学賞 フレッシュアイペディアより)

94件中 41 - 50件表示

「文学賞」のニューストピックワード