文学 ニュース&Wiki etc.

文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品の事をいう。それらを研究する学問も文学と称されるが、これについては文芸学で扱う。狭義には、詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。 (出典:Wikipedia)

「文学」Q&A

  • Q&A

    文学作品のタイトルが思い出せません。 何年か前に高校の国語の授業で教わった小説か…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月22日 18:50

  • Q&A

    皆さんの中にhattori9000の質問がうざいと思っている人がいたら、理由を教えて…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年2月22日 15:10

  • Q&A

    大学の学部選びについて相談です。 こんなことを知恵袋で聞くのはどうかと思いますが、1…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年2月21日 22:40

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「文学」のつながり調べ

  • 貴種流離譚

    貴種流離譚から見た文学

    貴種流離譚とは、折口信夫が一連の「日本文学の発生」をめぐる論考のなかで、日本における物語文学(小説)の原型として論じた概念である。(貴種流離譚 フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・デ・ウナムーノ

    ミゲル・デ・ウナムーノから見た文学

    スペイン、バスク地方のビルバオの生まれ。厳格なカトリック教徒の家庭で育つ。1880年にマドリード大学へ入学。文学・哲学・言語学を学ぶ。1883年に博士号を取得。この頃はイギリスのハーバート・スペンサーの合理主義的な思想に深い関心を示していた。大学教授の座を目指すも彼の考えと大学との溝が埋まらず、しばらく個人教授として生計を立てることになった。この頃に社会主義に深く傾倒する。1891年にコンセプシオン・リサラガと結婚。同年にサラマンカ大学でギリシア語の教授につく。1895年に『生粋主義について』を発表。これは、スペインの歴史を振り返り、真のスペイン思想やスペイン国家とは何かを説いた著作で大きな反響を呼ぶ。この頃にアンペル・ガニベトを知り、真のスペイン思想の追求という点で意気投合する。(ミゲル・デ・ウナムーノ フレッシュアイペディアより)

「文学」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「文学」のニューストピックワード