文学 ニュース&Wiki etc.

文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。文芸ともいう。それらを研究する学問も文学と称されるが、これについては文芸学で扱う。狭義には、詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「文学」のつながり調べ

  • イスラム美術

    イスラム美術から見た文学

    芸術家は宗教以外のさまざまな源泉を用いており、中でも文学との関係が深い。フェルドウスィーにより10世紀初頭に作られた国民的叙事詩『シャー・ナーメ』(『王書』)や、ニザーミーの『5つの詩』(もしくは『ハムサ』。12世紀)といったペルシア文学が写本芸術のみならず美術品(陶芸、絨毯など)のモチーフの源となっている。特に、権力者たちは自分の伝記物語よりも『シャー・ナーメ』の豪華な写本を作らせるのが常であった。神秘主義の詩人サアディーとジャーミーの作品を表現したものも多い。14世紀初頭に宰相ラシードゥッディーンにより編纂された『集史』(『歴史集成』)はイスラーム世界全体で数多くの表現の支えとなっている。ペルシア語はムガル帝国やオスマン帝国でも宮廷語となっており、ペルシア文学の写本が作られた。(イスラム美術 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ文学

    ドイツ文学から見た文学

    ドイツ文学(ドイツぶんがく)は、ドイツ語による文学のこと。またその作品や作家を対象とする学問領域も指す。ドイツ国内で書かれた文学のみではなく、オーストリア文学やスイス文学などドイツ以外のドイツ語圏の文学も含む。広義の文学には言語芸術以外の、文筆家としての創作行為も含まれる。すなわち歴史的記述、文学史、社会学・哲学的著作、もしくは日記や往復書簡などである。(ドイツ文学 フレッシュアイペディアより)

「文学」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「文学」のニューストピックワード

  • 箸袋でジャパニーズ・チップ! テーブルのうえで見つけたいろんな形

  • ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来

  • 伝統を大切に継承していく部分と、新しい表現を融合させたい