前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1145件中 1 - 10件表示
  • 森川展男

    森川展男から見た文学文学

    「豊かさの中の『文学』?文学のおもしろさ?」森川展男 フレッシュアイペディアより)

  • ケータイ小説

    ケータイ小説から見た文学文学

    携帯電話からのブラウジングを明確に意識した小説を、独自に発表したという意味においてYoshiが祖であると言われる。ケータイ小説はゼロ年代に誕生した若者文化として注目され、文学・社会学・教育・マーケティング論・メディア論など各種方面から言及された。ケータイ小説 フレッシュアイペディアより)

  • 巖谷國士

    巖谷國士から見た文学文学

    第1に、作家アンドレ・ブルトンや画家マックス・エルンスト、マン・レイなどを中心とする20世紀のシュルレアリスムの文学・美術・写真・映画と、その国際的・歴史的展開。それらについて多くの研究書・解説書・翻訳書を発表している。巖谷國士 フレッシュアイペディアより)

  • 児童文学

    児童文学から見た文学文学

    児童文学(じどうぶんがく)は0歳から10代、概ね12歳頃までの読み手や聞き手を対象にした文学作品およびジャンルである。イラストレーションが添えられている場合が多い。児童文学 フレッシュアイペディアより)

  • 中国文学

    中国文学から見た文学文学

    中国文学(ちゅうごくぶんがく)とは、中国の文学、または中国語で書かれた文学のこと。それらの作品や作家を研究する学問のこと。中国文学 フレッシュアイペディアより)

  • スコモローフ

    スコモローフから見た文学文学

    ノヴゴロドでは、教会がスコモローフに対して比較的寛容な立場を取り、キエフ・ルーシやモスクワ・ルーシに見られたような厳しい弾圧を加えなかったこともあって、暴露的な風刺文学のジャンルも発達した。こうしたなかで、『鳴れ、私のヴォリンカ』、『ヴィヴァーロ』といった音楽風刺の文献が見つかっている。スコモローフ フレッシュアイペディアより)

  • アグスティン・バリオス

    アグスティン・バリオスから見た文学文学

    少年時代から音楽と文学に熱中する。バリオスはグアラニー語とスペイン語の二つを話したが、さらに3つの言語(フランス語、英語、ドイツ語)を読むことが出来た。バリオス少年が音楽に目覚めたきっかけは、ポルカやバルスを含むパラグアイのフォルクローレであった。十代にならないうちから楽器に興味を持つようになり、とりわけギターを好んだ。アグスティン・バリオス フレッシュアイペディアより)

  • グノーシス文書

    グノーシス文書から見た文学文学

    グノーシス文書(グノーシスぶんしょう、英語:Gnostic Scriptures)とはグノーシス主義における教典であり、またグノーシスの神話・文学作品等を記した文書である。『ナグ・ハマディ写本』に収載されている文書の大部分はグノーシス文書である。グノーシス文書 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル

    ブルーギルから見た文学文学

    サンフィッシュ類は北米大陸に広く分布し、現地では多くの種が生息し、ごく一般的な淡水魚であるため、文学作品にもしばしば登場する。しかしマンボウの英名が"ocean sunfish"で、こちらも単に"sunfish"とも呼ばれるため、英語圏の文学書を日本語に翻訳した際に、淡水産のサンフィッシュ類をマンボウと誤訳していることがある。英文学の和訳作品で、湖沼、河川といった陸水域の場面で「マンボウ」が登場したら、ほぼブルーギルなどのサンフィッシュ類の誤訳とみてよい。ブルーギル フレッシュアイペディアより)

  • 文体論

    文体論から見た文学文学

    文体論(ぶんたいろん、)は、文章(文体)を扱う応用言語学および文学の部門。文体の分類によって扱い方が異なる。文体論 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1145件中 1 - 10件表示

「文学」のニューストピックワード

  • モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ

  • 正論1月号

  • 古舘伊知郎トーキングヒストリー 〜忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況〜