1435件中 91 - 100件表示
  • 富士山検定

    富士山検定から見た文学文学

    自然・環境(地質、溶岩洞窟、樹海、湧水、富士五湖、植物、生物、天然記念物)、気象、歴史、文化・生活(伝説、修験道、富士講、富士山本宮浅間大社、文学、美術、重要文化財)、登山、観光・産業(交通、祭、名産品)の各分野から合計100問を出題。(3級および2級)富士山検定 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国国家芸術家

    タイ王国国家芸術家から見た文学文学

    タイ王国国家芸術家 ()とは、タイ王国文化省文化振興局がタイの著名な芸術家を毎年認定し、授与する栄誉称号。部門は、美術、文学、応用芸術(建築、デザイン)、芸能(タイ舞踊、国際舞踊、人形劇、影絵、タイ音楽、大衆音楽、演劇、映画)の4部門である。タイ王国国家芸術家 フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル語文学

    ポルトガル語文学から見た文学文学

    ポルトガル語文学は、ポルトガル語による文学である。ポルトガル語文学 フレッシュアイペディアより)

  • アラゴン方言

    アラゴン方言から見た文学文学

    この方言の、すでに使われていない別の名称としてbaturroがある。これらカスティーリャ語の方言は20世紀の文学や映画によって普及したが、伝統的にアラゴンの農村の範囲に結び付けられたため、baturroという名称は田舎くさい、無教養と同義語として使われる文脈において、軽蔑のニュアンスを得るに至った。アラゴン方言 フレッシュアイペディアより)

  • ムズズ大学

    ムズズ大学から見た文学文学

    言語学および文学(Languages and Literature)ムズズ大学 フレッシュアイペディアより)

  • 反復法 (修辞技法)

    反復法 (修辞技法)から見た文学文学

    反復法(はんぷくほう、repetition)とは、詩、文学、修辞学で、作者が同じ語・言葉・句を繰り返すことによって強調をもたらす修辞技法のこと。反復法 (修辞技法) フレッシュアイペディアより)

  • 史的現在

    史的現在から見た文学文学

    史的現在(してきげんざい、または歴史的現在、historical present)とは、言語学や修辞学で、過去の出来事を物語る時に現在時制を用いること。文学や、年代記などの歴史書以外でも、見出し、さらに日常会話でも使われる。英会話の中では、「tell(話す)」「write(書く)」「say(言う)」のような伝達動詞(あるいはくだけた「go(行く)」)と一緒に使われることがよくある。史的現在 フレッシュアイペディアより)

  • フランス・キュルチュール

    フランス・キュルチュールから見た文学文学

    フランス・キュルチュール(France Culture)はラジオ・フランス運営のチャンネル。文学・芸術・社会科学を含む文化に専門。1946年、公共放送局の唯一のチャネルとして創設。自立した1958年の後、1963年には現在の名になった。放送用語はフランス語。プログラムは100以上を放送する。ポッドキャスト提供は放送されるプログラムに限らず、2012年10月から「France Culture Plus」より講座の録音などを提供する。フランス・キュルチュール フレッシュアイペディアより)

  • インディヘニスモ

    インディヘニスモから見た文学文学

    インディヘニスモ()は、ペルー先住民(「インディオ」あるいは「インディヘナ」)の擁護と文化的、社会的復権を求める社会運動。19世紀から20世紀にかけてのペルーにおいて、思想や文学に大きな影響を与えたほか、ラテンアメリカの各地域に共通する思想として、メキシコやボリビアへも波及した。インディヘニスモ フレッシュアイペディアより)

  • コラード・アルバロ

    コラード・アルバロから見た文学文学

    1919年に文学の学位を修得し、ミラノ大学を卒業する。その後もジャーナリストとして国内及びトルコ、ギリシャ、ロシアを旅行した。コラード・アルバロ フレッシュアイペディアより)

1435件中 91 - 100件表示

「文学」のニューストピックワード