1435件中 11 - 20件表示
  • グノーシス文書

    グノーシス文書から見た文学文学

    グノーシス文書(グノーシスぶんしょう、英語:Gnostic Scriptures)とはグノーシス主義における教典であり、またグノーシスの神話・文学作品等を記した文書である。『ナグ・ハマディ写本』に収載されている文書の大部分はグノーシス文書である。グノーシス文書 フレッシュアイペディアより)

  • 博士(文学)

    博士(文学)から見た文学文学

    博士(文学)(はくし ぶんがく)は、博士の学位である。人文科学(哲学、史学、文学を含む広義での文学)に関する専攻分野を修めることによって、1991年以降に日本で授与されるものである。博士(文学) フレッシュアイペディアより)

  • 芳村玲好

    芳村玲好から見た文学文学

    『世界のオカルト文学 幻想文学・総解説』 由良君美・監修 自由国民社芳村玲好 フレッシュアイペディアより)

  • 文体論

    文体論から見た文学文学

    文体論(ぶんたいろん、)は、文章(文体)を扱う応用言語学および文学の部門。文体の分類によって扱い方が異なる。文体論 フレッシュアイペディアより)

  • 文芸学

    文芸学から見た文学文学

    文芸学(ぶんげいがく)は、文学を研究の対象とする学問である。ドイツ語Literaturwissenschaftの訳語とされる場合もあり、英語ではliterary criticismと重なるが、それぞれと一致するものではない。文芸学 フレッシュアイペディアより)

  • 影

    から見た文学文学

    影(かげ、英語:shadow、ドイツ語:Schatten)は、物体や人などが、光の進行を遮る結果、壁や地面にできる暗い領域である。影は、その原因となる物体や人の輪郭に似たものとなるが、壁や地面など、影ができる面の角度に応じて、普通、歪んだ像となる。比喩的な意味でも使われ、文学や心理学の概念としても使用される。 フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・エスピネル

    ビセンテ・エスピネルから見た文学文学

    ビセンテ・エスピネル (、1550年12月28日‐1624年2月4日)はスペインの芸術的黄金世紀の人で、文学及び音楽に多彩に活躍した。ビセンテ・エスピネル フレッシュアイペディアより)

  • 現代文芸論研究室

    現代文芸論研究室から見た文学文学

    現代文芸論研究室(げんだいぶんげいろんけんきゅうしつ、英称:Contemporary Literary Studies)は、翻訳論・批評理論・世界文学・越境文学といった従来の文学研究ではあまり取り扱われなかった領域を現代的な観点から研究・教育を行う大学の研究施設。現代文芸論研究室 フレッシュアイペディアより)

  • 濱田泰三

    濱田泰三から見た文学文学

    1967年、早稲田大学に転じ、法学部の講師に就任した。それ以来、早稲田大学にて教鞭を執ることになり、助教授を経て教授に昇任した。法学部では、主としてフランス語や文学を講じた。また、1982年には早稲田大学図書館の館長に就任し、4年に渡って務めた。館長在任中には「学術情報システム基本構想書」を発表し、「学内の全ての学術情報の二次データベースを構築し、『早稲田大学総合目録』を完成させる」と宣言した。館内に所蔵された洋書30万冊の情報のデータベース化に着手し、1985年7月からは外部業者も交えて入力作業を推進した。蔵書の情報を遡及して入力するため、その作業は難航したが、Online Computer Library Centerの機械可読目録を活用するなどして、最終的にデータベース化に目途がついた。さらに、早稲田大学を設置・運営する「学校法人早稲田大学」の常任理事を務めた。1997年、早稲田大学を退職した。早稲田大学での勤続年数は30年に達し、うち教授としての在任年数は22年に及んだ。なお、「教授として満20年以上在職し、教育または学術上の功績が顕著」であることを理由に、同年4月1日付で早稲田大学より名誉教授の称号が贈られている。濱田泰三 フレッシュアイペディアより)

  • スコモローフ

    スコモローフから見た文学文学

    ノヴゴロドでは、教会がスコモローフに対して比較的寛容な立場を取り、キエフ・ルーシやモスクワ・ルーシに見られたような厳しい弾圧を加えなかったこともあって、暴露的な風刺文学のジャンルも発達した。こうしたなかで、『鳴れ、私のヴォリンカ』、『ヴィヴァーロ』といった音楽風刺の文献が見つかっている。スコモローフ フレッシュアイペディアより)

1435件中 11 - 20件表示

「文学」のニューストピックワード