1145件中 11 - 20件表示
  • 高知県の文学史

    高知県の文学史から見た文学文学

    高知県の文学史(こうちけんのぶんがくし)では、高知県における文学の歴史、すなわち高知の人々、あるいは高知を訪れた人々の手になる文学作品を通史的に解説する。高知県の文学史 フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・エスピネル

    ビセンテ・エスピネルから見た文学文学

    ビセンテ・エスピネル (、1550年12月28日‐1624年2月4日)はスペインの芸術的黄金世紀の人で、文学及び音楽に多彩に活躍した。ビセンテ・エスピネル フレッシュアイペディアより)

  • 竹添敦子

    竹添敦子から見た文学文学

    竹添 敦子(たけぞえ あつこ、1953年(昭和28年) - )は、津市立三重短期大学法経科所属の教授である。共通科目を担当している。ドイツ語学者で比較研究をする比較文学者及び比較文化学者。日本近代文学研究者として有名な山本周五郎の研究者である。女性学学者でもある。和歌山県出身者。竹添敦子 フレッシュアイペディアより)

  • 文学部

    文学部から見た文学文学

    文学部の学部名に冠せられた文学とは、「文学作品」という意味での文学 (Literature) のことではない。文字 (Letters) によって顕著に現れる人間精神 (Humanity) ・文化 (Culture) の探求、すなわち人文学である。ただし、学校によっては、文学Literatureの研究のみをおこなっていることもありうる。文学部 フレッシュアイペディアより)

  • 国語教育

    国語教育から見た文学文学

    日本の学校教育においては、教科「国語」において、読む・書く・聞く・話すといった日本語に関する技能や言語感覚の育成を目的にして教育がなされる。とりわけ、低学年の頃には漢字や語彙の学習とともに音読に力がおかれ、学年があがるにつれて文学鑑賞の比重が高くなる傾向にある。中学校以降は古典文学(古文と漢文)も登場し、それらを読む能力を養うことが含まれるようになる。平成20年改定の小学校学習指導要領により、平成23年度から小学校においても古典教材を扱うことになった。そこでは伝統的な言語文化に触れることが重要であるとされている。国語教育 フレッシュアイペディアより)

  • 放送問題用語

    放送問題用語から見た文学文学

    原則的に放送しないとされている言葉であっても、その言葉、あるいは表現を含む文学、芸術作品などを取り上げる場合、あるいは、差別・侮蔑用語そのもの(言葉の暴力の問題に関する内容など)を取り上げる場合などでは、その必要性から用いることがある。ただしその内容、放送時間帯などには特別な配慮がなされ、また、同じものでも番組により扱いが異なる。放送問題用語 フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝に捧げた命

    皇帝に捧げた命から見た文学文学

    サンクトペテルブルクでは、詩人ヴァシーリー・ジュコーフスキー(1783年 - 1852年)の貴族的な文学サロンに出入りした。グリンカは、ロシアの国民的テーマによるオペラの着手を考え、ジュコーフスキーに相談した。このときグリンカの念頭にあったのはジュコーフスキーの短編『マリーの森』だったが、ジュコーフスキーはイヴァン・スサーニンの物語を使うよう助言した。「私がロシア語のオペラを作りたいという抱負を語ると、ジュコーフスキーはそれに心から賛同し、『イヴァン・スサーニン』の題材を勧めてくれた。森の場面が深く私の印象に残り、私はそこにロシア独自の特徴的な性格を見出した」とグリンカは後に『回想録』に記している。皇帝に捧げた命 フレッシュアイペディアより)

  • 詩

    から見た文学文学

    詩(し、うた、; ; )は、言語の表面的な意味(だけ)ではなく美学的・喚起的な性質を用いて表現される文学の一形式である。多くの地域で非常に古い起源を持つ。多くは韻文で一定の形式とリズムを持つが、例外もある。一定の形式に凝縮して言葉を収め、また効果的に感動・叙情・ビジョンなどを表すための表現上の工夫(修辞技法)が多く見られる。詩は独立したものとして書かれる場合も、詩劇・聖歌・歌詞・散文詩などに見られるように他の芸術表現と結び付いた形で書かれる場合もある。 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアのクラシック音楽史

    ロシアのクラシック音楽史から見た文学文学

    19世紀末から1920年前後にかけてのロシアでの詩の隆盛期は「銀の時代」と呼ばれる。これは、19世紀初頭のプーシキンを中心とする年代を「黄金(金の)時代」としたことに対するもので、「銀の時代」には、詩(文学)に限らず、絵画、演劇、音楽を含む芸術全般、思想、哲学がいっせいに開花した。それらを一括して「ロシア・ルネサンス」と呼ぶこともある。ロシアのクラシック音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • ガッサーン・カナファーニー

    ガッサーン・カナファーニーから見た文学文学

    カナファーニーは、現代アラビア語文学の主要な作家の一人であり、代表的なパレスチナ人作家としても認知されている。パレスチナ解放闘争という、故郷と自身の自由の追求という苦闘の中で生まれた彼の作品は、主としてパレスチナの解放闘争を主題とし、しばしばパレスチナ難民としての自身の経験にも触れたものとなっている。ガッサーン・カナファーニー フレッシュアイペディアより)

1145件中 11 - 20件表示

「文学」のニューストピックワード