1145件中 21 - 30件表示
  • 黄順元

    黄順元から見た文学文学

    1966年、 (『文学』)黄順元 フレッシュアイペディアより)

  • 大学寮

    大学寮から見た文学文学

    学科は経(儒教)・算及び付属教科の書・音(中国語の発音)の四教科だったが、後に紀伝(中国史)・文章(文学)・明経(儒教)・明法(法律)・算道の学科構成となり、更に紀伝と文章が統合された(紀伝が文章に吸収統合されたと言うのは後世の誤りで、実際は博士号は「文章(博士)」、学科は「紀伝(道)」と称した)。また、学科の呼称に「○○道」という方式を用いたのは、貞観式制定前後であると考えられている。なお、音博士の音道と書博士の書道は、明経道の学習を補助するための学科であり、平安時代中期には明経道に実質的に統合されたと考えられている。大学寮 フレッシュアイペディアより)

  • 影

    から見た文学文学

    影(かげ、英語:shadow、ドイツ語:Schatten)とは、物体や人などが、光の進行を遮る結果、壁や地面にできる暗い領域である。影は、その原因となる物体や人の輪郭に似たものとなるが、壁や地面など、影ができる面の角度に応じて、普通、歪んだ像となる。比喩的な意味でも使われ、文学や心理学の概念としても使用される。 フレッシュアイペディアより)

  • エックハルト・トール

    エックハルト・トールから見た文学文学

    ウルリッヒ・レオナルド・トール(Ulrich Leonard Tolle)として、1948年、ドイツのリューネン(Lünen)に生まれる。本人によると、子供時代、とりわけドイツにいた小さい頃は不幸だった。彼の両親は喧嘩をして結局は別れてしまい、敵意に満ちた学校では完全に孤立していた。第二次世界大戦の連合軍の爆撃で破壊された建物のなかで遊ぶうちに、トールは「国家のエネルギー場の痛み」を感じてひどく落ち込んだという。13歳の時、スペインへ移住して父と暮らした。トールの父は、高校へ通うように無理に勧めなかったので、トールは文学、天文学と語学を自宅で学習する道を選んだ。エックハルト・トール フレッシュアイペディアより)

  • 小説

    小説から見た文学文学

    小説(しょうせつ、)とは、文学の一形式である。小説 フレッシュアイペディアより)

  • ホメーロス

    ホメーロスから見た文学文学

    ホメーロス( ラテン文字表記:Hómêros)は、紀元前8世紀末のアオイドス(吟遊詩人)であったとされる人物を指す。ホメロスとも表記されるが、古代ギリシア語の発音では「ホメーロス」の方がより正確となる。西洋文学最初期の2つの作品、『イーリアス』と『オデュッセイア』の作者と考えられている。「ホメーロス」という語は「人質」、もしくは「付き従うことを義務付けられた者」を意味する。古代人はホメーロスを「詩人」( ラテン表記:ho Poiêt?s)というシンプルな異名で呼んでいた。ホメーロス フレッシュアイペディアより)

  • 歌

    から見た文学文学

    また歌・歌謡は、文学における用語でもあり、詩の一形式または韻律文芸の総称で、和歌などを指す。これについても本項で述べる。 フレッシュアイペディアより)

  • 評論家

    評論家から見た文学文学

    評論家が対象とする事物には特に制限があるわけではなく、文学、政治、経済、言語などあらゆる事物が評論の対象になる。そのため、毎年のように新しい肩書きの評論家が登場してくる。評論家 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア文学

    ロシア文学から見た文学文学

    ロシア文学(ロシアぶんがく、)とは、ロシアの作家によって書かれた、あるいはロシア語で書かれた文学、及びそれらの作品や作家を研究する学問のこと。一般的には、旧ソビエト連邦体制下の作家を含む。ロシア文学 フレッシュアイペディアより)

  • 両性愛

    両性愛から見た文学文学

    教養的な社会における歴史的および文学的な記録は、古代より男性の両性愛が日常的なことであって、実際に望ましいことであったのだと示している。このような性的関係は一般に年齢的構造をとったり(古代ローマ帝国時代までの少年愛や、中世から近代の日本における衆道のようなもの)、もしくはジェンダー的構造を取ったり(同じ身体に2つの異なるジェンダーが存在すると考えた北アメリカに伝統的なものや、中央アジア地方のイスラム社会における少年愛のようなもの)していた。男性の異性愛や同性愛は記録に残ってはいるが、そのほとんどがむしろ例外的なものとして現れている(アブラハムの宗教のように、異性愛者を特権化し、同性愛や両性愛を強く弾圧する宗教に影響を受けている社会のように非常に特殊な例がまれに存在するが)。先の文化における男性「同性愛」の例としてしばしば引用されるものの多くは、実のところはどちらかというと両性愛に分類した方が適切であるのだ。両性愛 フレッシュアイペディアより)

1145件中 21 - 30件表示

「文学」のニューストピックワード