1435件中 31 - 40件表示
  • 皇帝に捧げた命

    皇帝に捧げた命から見た文学文学

    サンクトペテルブルクでは、詩人ヴァシーリー・ジュコーフスキー(1783年 - 1852年)の貴族的な文学サロンに出入りした。グリンカは、ロシアの国民的テーマによるオペラの着手を考え、ジュコーフスキーに相談した。このときグリンカの念頭にあったのはジュコーフスキーの短編『マリーの森』だったが、ジュコーフスキーはイヴァン・スサーニンの物語を使うよう助言した。「私がロシア語のオペラを作りたいという抱負を語ると、ジュコーフスキーはそれに心から賛同し、『イヴァン・スサーニン』の題材を勧めてくれた。森の場面が深く私の印象に残り、私はそこにロシア独自の特徴的な性格を見出した」とグリンカは後に『回想録』に記している。皇帝に捧げた命 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学東洋文化研究所

    東京大学東洋文化研究所から見た文学文学

    東洋の文化の総合的研究を目的として設置された研究所で、主に人文・社会科学の研究者が所属し、アジア地域の文学、歴史、社会、政治、経済などの研究・教育を行っている。また、附属施設に東洋学研究情報センターを置き、アジア研究に関する情報の発信を行うなど、日本のアジア地域研究の研究・情報センターを目指している。東京大学東洋文化研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 説経節

    説経節から見た文学文学

    ところが「説経」も「唱導」も本来は、仏法を説いて衆生を導く営み全般を指しており、仏典を講じてその教義を説くことを意味していたのであって、それ自体は文学でも芸能でもなかった。しかし、従来仏教の保護者であった朝廷や公家の衰退が著しい中世にあって、文字の読み書きのできない庶民への教化という動機から、しだいに音韻抑揚をともなうようになったものである。それはまた、比喩・因縁など説話の部分が庶民にとっては親しみやすく、そこから文学方面の関心を強めることにもつながり、これを「唱導文学」と称している。説経節 フレッシュアイペディアより)

  • 中国文学

    中国文学から見た文学文学

    中国文学(ちゅうごくぶんがく)とは、中国語で書かれた文学のこと。それらの作品や作家を研究する学問のこと。中国文学 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤裕子 (日本文学者)

    佐藤裕子 (日本文学者)から見た文学文学

    佐藤 裕子(さとう ゆうこ、1957年7月28日 - )は、日本文学研究者。フェリス女学院大学教授。博士(文学)。専門は、日本近現代文学、とくに夏目漱石。佐藤裕子 (日本文学者) フレッシュアイペディアより)

  • メロドラマ

    メロドラマから見た文学文学

    メロドラマ(melodrama)とは、扇情的かつ情緒的風合いの濃厚な、ドラマや文学の形式。登場人物は単純かつ判で押したよう(ステレオタイプ)に描かれることが多い。メロドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 英文学

    英文学から見た文学文学

    広義には、地域を問わず英語で書かれた文学すべてを意味する。英文学 フレッシュアイペディアより)

  • ホメーロス

    ホメーロスから見た文学文学

    ホメーロス(、、)は、紀元前8世紀末のアオイドス(吟遊詩人)であったとされる人物を指す。ホメロスとも。西洋文学最初期の2つの作品、『イーリアス』と『オデュッセイア』の作者と考えられている。「ホメーロス」という語は「人質」、もしくは「付き従うことを義務付けられた者」を意味する。古代人はホメーロスを「詩人」()というシンプルな異名で呼んでいた。ホメーロス フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル

    ブルーギルから見た文学文学

    サンフィッシュ類は北米大陸に広く分布し、現地では多くの種が生息し、ごく一般的な淡水魚であるため、文学作品にもしばしば登場する。しかしマンボウの英名が"ocean sunfish"で、こちらも単に"sunfish"とも呼ばれるため、英語圏の文学書を日本語に翻訳した際に、淡水産のサンフィッシュ類をマンボウと誤訳していることがある。ブルーギル フレッシュアイペディアより)

  • ロシア文学

    ロシア文学から見た文学文学

    ロシア文学(ロシアぶんがく、)とは、ロシアの作家によって書かれた、あるいはロシア語で書かれた文学、及びそれらの作品や作家を研究する学問のこと。一般的には、旧ソビエト連邦体制下の作家を含む。ロシア文学 フレッシュアイペディアより)

1435件中 31 - 40件表示

「文学」のニューストピックワード

  • 箸袋でジャパニーズ・チップ! テーブルのうえで見つけたいろんな形

  • ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来

  • 伝統を大切に継承していく部分と、新しい表現を融合させたい