1435件中 41 - 50件表示
  • 高知県の文学史

    高知県の文学史から見た文学文学

    高知県の文学史(こうちけんのぶんがくし)では、高知県における文学の歴史、すなわち高知の人々、あるいは高知を訪れた人々の手になる文学作品を通史的に解説する。高知県の文学史 フレッシュアイペディアより)

  • アグスティン・バリオス

    アグスティン・バリオスから見た文学文学

    少年時代から音楽と文学に熱中する。バリオスはグアラニー語とスペイン語の二つを話したが、さらに3つの言語(フランス語、英語、ドイツ語)を読むことが出来た。バリオス少年が音楽に目覚めたきっかけは、ポルカやバルスを含むパラグアイのフォルクローレであった。十代にならないうちから楽器に興味を持つようになり、とりわけギターを好んだ。アグスティン・バリオス フレッシュアイペディアより)

  • ロシアのクラシック音楽史

    ロシアのクラシック音楽史から見た文学文学

    19世紀末から1920年前後にかけてのロシアでの詩の隆盛期は「銀の時代」と呼ばれる。これは、19世紀初頭のプーシキンを中心とする年代を「黄金(金の)時代」としたことに対するもので、「銀の時代」には、詩(文学)に限らず、絵画、演劇、音楽を含む芸術全般、思想、哲学がいっせいに開花した。それらを一括して「ロシア・ルネサンス」と呼ぶこともある。ロシアのクラシック音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た文学文学

    明治維新後、西洋の思想や文化を取り入れる文明開化が推進され、文学にも大きな影響を与えた。言文一致運動もその一つである。言文一致の結果、日本語の書き言葉は、それまで日本文学において重きをおかれていた漢文の伝統から切り離され、明治中期には現代の日本語の書き言葉に直接連なる文体(「だ・である」調と、「です・ます」調)が確立した。文学という語自体、翻訳語として創り出されたものであり、この頃に現在一般に使われ私たちが考える文学という概念が生まれた。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • エックハルト・トール

    エックハルト・トールから見た文学文学

    ウルリッヒ・レオナルド・トール(Ulrich Leonard Tolle)として、1948年、ドイツのに生まれる。本人によると、子供時代、とりわけドイツにいた小さい頃は不幸だった。両親は喧嘩をして結局は別れてしまい、敵意に満ちた学校では完全に孤立していた。第二次世界大戦の連合軍の爆撃で破壊された建物のなかで遊ぶうちに、トールは「国家のエネルギー場の痛み」を感じてひどく落ち込んだという。13歳の時、スペインへ移住して父と暮らした。トールの父は、高校へ通うように無理に勧めなかったので、トールは文学、天文学と語学を自宅で学習する道を選んだ。エックハルト・トール フレッシュアイペディアより)

  • ガッサーン・カナファーニー

    ガッサーン・カナファーニーから見た文学文学

    カナファーニーは、現代アラビア語文学の主要な作家の一人であり、代表的なパレスチナ人作家としても認知されている。パレスチナ解放闘争という、故郷と自身の自由の追求という苦闘の中で生まれた彼の作品は、主としてパレスチナの解放闘争を主題とし、しばしばパレスチナ難民としての自身の経験にも触れたものとなっている。ガッサーン・カナファーニー フレッシュアイペディアより)

  • 目加田誠

    目加田誠から見た文学文学

    『詩経・楚辞』 〈中国古典文学全集 第1巻〉 平凡社 1960年目加田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 詩

    から見た文学文学

    詩(し、うた、; ; )は、言語の表面的な意味(だけ)ではなく美学的・喚起的な性質を用いて表現される文学の一形式である。多くの地域で非常に古い起源を持つ。多くは韻文で一定の形式とリズムを持つが、例外もある。一定の形式に凝縮して言葉を収め、また効果的に感動・叙情・ビジョンなどを表すための表現上の工夫(修辞技法)が多く見られる。詩は独立したものとして書かれる場合も、詩劇・聖歌・歌詞・散文詩などに見られるように他の芸術表現と結び付いた形で書かれる場合もある。 フレッシュアイペディアより)

  • アダム・スミス

    アダム・スミスから見た文学文学

    グラスゴー大学卒業後、オックスフォード大学に進んだが中退し、1748年にエディンバラ大学で文学と法学の講義を始めた。1751年にはグラスゴー大学の論理学教授に就任し、翌年道徳哲学教授に転任した。スミスは1750年頃に哲学者ヒュームと出会い、ヒュームが他界する1776年まで親交を続け、『人間本性論』に代表されるヒュームの啓蒙思想からも大きな影響を受けている。1759年には主著『道徳感情論』を出版している。アダム・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 陰翳礼讃

    陰翳礼讃から見た文学文学

    谷崎潤一郎は、1933年(昭和8年)当時の西洋近代化に邁進していた日本の生活形態の変化の中で失われていく日本人の美意識や趣味生活について以下のように語りながら、最後には文学論にも繋がる心情を綴っている。陰翳礼讃 フレッシュアイペディアより)

1435件中 41 - 50件表示

「文学」のニューストピックワード

  • Love or Not 2

  • 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

  • LOVEあいちサポーターズ あいち親善大使