1145件中 61 - 70件表示
  • 古ノルド語入門

    古ノルド語入門から見た文学文学

    古ノルド語入門(An Introduction to Old Norse)とは1927年よりオクスフォード大学出版局(w:Clarendon Press)から出版された古ノルド語の学習書。著者はエリック・ヴァレンティン・ゴードン(Eric Valentine Gordon)。 版を重ね学生のテキストとしてよく用いられる。古ノルド語の文学作品の選集と簡単な文法の解説と単語集・人名索引の三篇からなる。古ノルド語入門 フレッシュアイペディアより)

  • 改造文庫

    改造文庫から見た文学文学

    社会科学書中心の第一部と文学書中心の第二部からなる。第一部は改造社の性格ゆえに社会主義関連の書目が多い傾向にある。第二部は日本の古典文学から翻訳作品まで多岐に亘るが、当時活躍中の歌人の自選歌集や菊池寛の大衆小説を含む著作集、アルツィバーシェフの著作など有名とは言い難い海外文学の翻訳などが特徴的なラインナップであり、既存の岩波文庫との重複・競合を避けようという意図がうかがえる。改造文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 西山正容

    西山正容から見た文学文学

    西山 正容(にしやま まさやす、1942年6月4日 - )は、英語学者、英文学者。シェイクスピア文学等が専門。博士 (文学)。皇學館大学名誉教授。西山正容 フレッシュアイペディアより)

  • 木村荘太

    木村荘太から見た文学文学

    1896年、東京浅草橋近くの小学校に入学。まもなく、同級生に「妾の子」と罵られたことから、自らの出生の謂れを知る。同級に後藤末雄(のちの仏文学者)や桜間弓川(のちの能楽師)がいた。1902年、小学校を卒業して京華中学校に入学。一同級生の感化で文学に目覚める。木村荘太 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤進 (フランス文学者)

    伊藤進 (フランス文学者)から見た文学文学

    愛知県出身。中世からルネサンス期にかけてのフランスにおける文学や表象論を専攻している。伊藤進 (フランス文学者) フレッシュアイペディアより)

  • 西本豊弘

    西本豊弘から見た文学文学

    西本 豊弘(にしもと とよひろ、1947年 - )は、日本の考古学者。専攻は動物考古学。国立歴史民俗博物館教授。学位は歴史学学士(早稲田大学)、文学修士(北海道大学)。西本豊弘 フレッシュアイペディアより)

  • 寺内寿太郎

    寺内寿太郎から見た文学文学

    この後、寺内は文学に挫折し、憂鬱症に陥り、家出を繰り返し、やがて失踪してしまった。敗戦後まもなく、品川駅で目撃されたのが最後の姿だった。寺内寿太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィディヤーダラ

    ヴィディヤーダラから見た文学文学

    ヴィディヤーダラ(Vidyadhara、発音としてはヴィデャーダラ)は、インドの文学に登場する比較的新しい半神族。神通力にすぐれ、飛行能力を持つ。すでに『マハーバーラタ』にも登場するが、『ブリハット・カター』の著者グナーディヤが導入したともいわれる。ヴィディヤーダラ フレッシュアイペディアより)

  • 王朝物語

    王朝物語から見た文学文学

    王朝物語(おうちょうものがたり)は、平安時代後期から室町時代前期ごろにかけて作られた小説・物語群のうち、和文と平仮名表記をもっぱらとし、王朝期の風俗や美意識・文学観念に依拠しつつ製作されたものを指す。一般的には作り物語を中心とする概念であるが、歌物語や歴史物語などをも広く含みつつ、中世・近世の小説・説話類と対置することも多い。王朝物語 フレッシュアイペディアより)

  • ねしょんべんものがたり

    ねしょんべんものがたりから見た文学文学

    『ねしょんべんものがたり』は、椋鳩十編の文学作品。寝小便にまつわる複数の作家のエッセーがオムニバス形式で掲載されている。1971年出版。ねしょんべんものがたり フレッシュアイペディアより)

1145件中 61 - 70件表示

「文学」のニューストピックワード