1435件中 81 - 90件表示
  • スレチコ・コソヴェル

    スレチコ・コソヴェルから見た文学文学

     コソヴェルは、中学校で文学サークルや校内新聞の出版活動を開始し、雑誌レパ・ヴィダ(Lepa Vida)を創刊して多くの若者の心を掴んだが、負債が重なり廃刊を余儀なくされた。1920年には生涯の親友となるルドヴィク・ムルゼル(Ludvik Mrzel)と出会う。同年トリエステの国民会館に火を放ったイタリアのファシスト政権に対して憤りを持って決然と抗議した。1922年にレアルカを卒業後、リュブリャーナ大学哲学部においてスラヴ学とロマンス学と教育学を専攻した。当時コソヴェルはノヴォ・メスト(Novo mesto)で1921年に創刊された前衛的な雑誌トリイェ・ラブディ(Trije labdi)の出版にも携わっていた。また、リュブリャーナやザゴリエ(Zagorje)では労働者を対象に劇や文学の夕べを開催するサークルも立ち上げた。1925年にはサークル仲間たちと共に雑誌ムラディナ(Mladina)を購読した。さらにズラティ・チョルン(Zlati čoln)という短編集も構想していたが、出版されることはなかった。スレチコ・コソヴェル フレッシュアイペディアより)

  • ハスカーラー

    ハスカーラーから見た文学文学

    世俗的文学・哲学を受容し、またイディッシュ語(西方、東方関わらず)を無視する傾向がある。東部ヨーロッパにおいては抵抗があったハスカーラー フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・ベルナイス

    ミヒャエル・ベルナイスから見た文学文学

    まず法律を学び、後にボン大学、ハイデルベルク大学で文学を学ぶ。1873年から1890年までミュンヘン大学教授。文学史を大学の科目に加えることに貢献をした。カールスルーエにて没。ミヒャエル・ベルナイス フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム百科事典

    イスラーム百科事典から見た文学文学

    新版は旧版同様ブリル学術出版より英仏語(ドイツ語版は省かれた)で各巻分冊形式で発行されているが、第1巻第1分冊が刊行されたのが1954年である。その後1960年までに第1巻分がすべて刊行された。地図、図版を含み、旧版にもまして文献表の完備が目指されている。ほかに地理、文学、科学、美術の分野、および地域的に中東以外の項目を大幅に増補している。また概念的な大項目などでは、各地域各時代ごとに章を設けて、専門家が執筆しており非常に詳細である。全体の量も膨大であり、本巻および補遺をあわせて全12巻、総計約20,000ページ、見出し語14,000語前後に及ぶ。その知識の海の圧倒的量により、ほとんど絶対的な評価を確立しているのである。刊行には約半世紀を要し、最終12巻の補遺が発刊されたのが2004年のことである。膨大さゆえに見出し語だけでは十分な検索が期待できないため、ほかに語彙索引などが3冊刊行されており、2006年初頭現在、付録などのさらなる刊行が予定されている。また2002年にCD-ROM版が頒布、2003年以降、オンライン版が運用されている。イスラーム百科事典 フレッシュアイペディアより)

  • 連作歌曲

    連作歌曲から見た文学文学

    連作歌曲(れんさくかきょく、, )は、各曲の間で文学的・音楽的な関連性をもって構成された歌曲集のこと。連作歌曲 フレッシュアイペディアより)

  • サラブレッド血統事典

    サラブレッド血統事典から見た文学文学

    山野はこの作品を出版する前から、競馬血統研究家として数多くの著書を出しているが、この作品は競馬の文学作品としては異例の10万部近い売り上げでベストセラー作品となり、山野を競馬文学の第一人者に育て上げる記念すべき作品となった。サラブレッド血統事典 フレッシュアイペディアより)

  • ギリシア神話と西洋芸術

    ギリシア神話と西洋芸術から見た文学文学

    ギリシア神話は、欧州にあっては、キリスト教の広範囲な受け入れによってもなお、美術、音楽、文学などの分野におけるその人気と活発な二次的創作が、妨げられることはなかった。ルネッサンスにおける古典古代の文物の再発見と共に、オウィディウスの詩作品は、詩人や芸術家のイマジネーションに対し大きな影響を与え、この後、数世紀にあって、ギリシア神話の普及と認知に対し根本的な影響力を維持した。ギリシア神話と西洋芸術 フレッシュアイペディアより)

  • チリ文学

    チリ文学から見た文学文学

    チリ文学では、チリ共和国の文学について述べる。チリでは詩作が盛んであり、ラテンアメリカ初のノーベル文学賞受賞者となったガブリエラ・ミストラルと、同じくノーベル文学賞受賞者となったパブロ・ネルーダは共に詩人である。チリ文学 フレッシュアイペディアより)

  • ジャマイカ英語

    ジャマイカ英語から見た文学文学

    ジャマイカでの書き言葉も標準英語でなされる。これは私的な文書や手紙も含まれる。ジャマイカ・クレオール語には標準化された綴りがあるが、最近では一部の学校で教えられるのみであった。その結果、ジャマイカ人の大多数は、標準英語のみを読み書くことができ、書かれた方言(作者が読みやすさに妥協せずに、異なった度合いで独特な構文と発音を反映させようとしたもの)を解読するのには苦労を要する。書かれたクレオール語は主に文学、特に民俗学的な「方言詩」、ユーモアを込めた新聞のコラム、特に最近では、若い世代のジャマイカ人たちによるインターネットでの言葉として現れる。彼らは親よりも積極的に自身の言語を使用しているように見受けられる。ジャマイカ英語 フレッシュアイペディアより)

  • キューバ文学

    キューバ文学から見た文学文学

    キューバ文学では、キューバ共和国の文学について述べる。キューバ文学 フレッシュアイペディアより)

1435件中 81 - 90件表示

「文学」のニューストピックワード