前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
209件中 1 - 10件表示
  • 軍部

    軍部から見た文民統制文民統制

    この「軍部」が用いられるのは、文民政府との関係を論じる文脈で、軍部による政治介入、軍部クーデターによる文民政府の倒壊、軍事専門職集団である軍部に対する文民統制、アジア・ラテンアメリカの権威主義体制下における民政移管など、いわゆる「政軍関係 civil-military relations 」を論じる場合である。軍部 フレッシュアイペディアより)

  • 「真の近現代史観」懸賞論文

    「真の近現代史観」懸賞論文から見た文民統制文民統制

    田母神本人や自民党の一部の国会議員や雑誌が「自衛官にも言論の自由がある」と主張したが、シビリアンコントロールの上で、「専守防衛」という政府の方針(田母神論文は自衛隊の攻撃的兵器保有の必要性や集団的自衛権行使のための憲法改正の必要性を主張している)に反する主義主張は「叛乱の意思」とみなされかねないものであり、表現の自由も制約される場合もあるとされている。実際に1992年に幹部自衛官がクーデター容認論に基づいた論文を月刊誌『文藝春秋』に発表して懲戒免職になった前例がある。ただし、シビリアンコントロールと一口に言っても、その定義は曖昧で複雑な上、憲法に規定されているものではない。また自衛官が軍人であるか否かについて賛否両論がある。また保守言論誌『Will』2009年2月号が田母神論文を全面的に支持する論陣を張ったが、小林よしのりが「憲法に書かずに文民統制もへったくれもない」と主張したほか、田母神を最優秀に選んだ渡部昇一は「ヒトラーも文民だった」と、文民統制など当てにならないと事実上開き直りとも受け取れる反論をした。「真の近現代史観」懸賞論文 フレッシュアイペディアより)

  • 軍隊

    軍隊から見た文民統制文民統制

    現代の軍隊は、しばしばその高度な専門性から政治とは切り離され、プロフェッショナルである職業軍人により組織されているが、軍事的行動は文民政治家によって統制されるという文民統制の体制に置かれていることが多い。本来その目的は近世まで続いてきた政治家(王や貴族)による軍隊の直接統制を廃止し、軍人と政治家を切り離すことで政治が軍事に過剰に干渉せず、軍人がより専門化を推し進める体制を整えることにあった。また、議会制民主主義の浸透により、軍隊が政治の動向とは無関係に行動することを監督する機能もでてきた。そのため今日、軍隊の指揮系統の最上部にあたる最高指揮官は、プロフェッショナルの政治家である国家元首や国防大臣・国防長官である場合が多い(文民統制を参照)。軍隊 フレッシュアイペディアより)

  • 軍部大臣現役武官制

    軍部大臣現役武官制から見た文民統制文民統制

    軍部大臣現役武官制(ぐんぶだいじんげんえきぶかんせい)とは、軍部大臣(陸軍大臣、海軍大臣)の補任資格を現役の武官(軍人)に限る制度。現役武官に限るため、文官はもちろん予備役・後備役・退役の武官には、補任資格がない。文民統制の対義語として用いられることもある。軍部大臣現役武官制 フレッシュアイペディアより)

  • 空軍士官学校 (アメリカ合衆国)

    空軍士官学校 (アメリカ合衆国)から見た文民文民統制

    1949年に新設空軍の要求に見合う士官を育成するため、文民指導層や軍事教育家の評議委員会が設立された。この評議委員会は、空軍士官に必要な資質を育成するのに、陸軍士官学校や海軍兵学校の教育内容を拡張しただけでは不可能だと考え、空軍士官専門の士官学校を設立すべきだと提言した。これにより、当時の空軍長官であるウィリアム・S・サイミントンが、1949年に空軍士官学校の候補地選考会を設立した。その後、1954年4月1日にアイゼンハワー大統領(当時)が空軍士官学校の設立を認定、候補地選考会は候補地を45州の580か所を検討し、3候補に絞った。1954年の夏、空軍長官のハロルド・タルボットが、コロラド州コロラドスプリングスを選定した。空軍がその土地を購入する際、コロラド州は100万ドルの寄付をしている。1955年7月に空軍士官学校の建設工事が開始され、第1期生がデンバー・ロウリー基地に設立された仮設校舎に入学した。1958年8月に士官学校が完成、士官候補生達は移駐した。建造費は1億4,200万ドルであった。空軍士官学校 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 社会行動党

    社会行動党から見た文民文民統制

    1974年、学者であったククリット・プラーモートの指導下で民主党から分裂する形で創設。翌年からククリットは約1年間、タイの首相を務めた。タイ政治では軍事政権が続き、軍部の影響力が大きいなか、文民保守系の政党として活動した。「社会」と党名についているが左寄りの政党ではなく、社会保守主義的な政党であった。しかし党内では内紛が絶えなかった。社会行動党 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛不祥事

    防衛不祥事から見た文民統制文民統制

    7月 - 栗栖弘臣統合幕僚会議議長、有事法制の制定を求める「超法規行動の可能性」発言を週刊ポスト誌上で行う。文民統制に悖るものとして解任。防衛不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 災害派遣

    災害派遣から見た文民統制文民統制

    阪神・淡路大震災までの一時期、文民統制の原則から、都道府県知事等の要請がなければ絶対に災害派遣行動はできないという考え方が主流となっており(独断専行を容認することはクーデターに繋がるとする意見がある)、緊急を要する場合は訓練名目での派遣や近傍派遣の名目で行なわれたこともあったが、阪神・淡路大震災での反省を踏まえ、現在では「自主派遣」に関する基準が明確化されており、法制定の趣旨に沿った活動が行われている。災害派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 押し付け憲法論

    押し付け憲法論から見た文民統制文民統制

    指摘: 大西洋憲章には民族自決権が謳われているが、降伏条件として国体護持を出し、日本国の最終の政治の形態は日本国民が自由に表明した意思で決めるとしたにもかかわらず、憲法改正を指示したり極東委員会による文民条項についての干渉(ソビエトの意向から極東委員会、GHQというラインを通じた干渉)をおこなっており、極東委員会とマッカーサー総司令部はポツダム宣言及び降伏文書に違反している。押し付け憲法論 フレッシュアイペディアより)

  • 「真の近現代史観」懸賞論文

    「真の近現代史観」懸賞論文から見たシビリアンコントロール文民統制

    田母神本人や自民党の一部の国会議員や雑誌が「自衛官にも言論の自由がある」と主張したが、シビリアンコントロールの上で、「専守防衛」という政府の方針(田母神論文は自衛隊の攻撃的兵器保有の必要性や集団的自衛権行使のための憲法改正の必要性を主張している)に反する主義主張は「叛乱の意思」とみなされかねないものであり、表現の自由も制約される場合もあるとされている。実際に1992年に幹部自衛官がクーデター容認論に基づいた論文を月刊誌『文藝春秋』に発表して懲戒免職になった前例がある。ただし、シビリアンコントロールと一口に言っても、その定義は曖昧で複雑な上、憲法に規定されているものではない。また自衛官が軍人であるか否かについて賛否両論がある。また保守言論誌『Will』2009年2月号が田母神論文を全面的に支持する論陣を張ったが、小林よしのりが「憲法に書かずに文民統制もへったくれもない」と主張したほか、田母神を最優秀に選んだ渡部昇一は「ヒトラーも文民だった」と、文民統制など当てにならないと事実上開き直りとも受け取れる反論をした。「真の近現代史観」懸賞論文 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
209件中 1 - 10件表示