257件中 21 - 30件表示
  • 第170回国会

    第170回国会から見た文民統制文民統制

    11月13日 - 同委員会において文民統制に関する集中審議が行われる。第170回国会 フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・サウサード

    サミュエル・サウサードから見た文民統制文民統制

    サウサードは海軍長官として、アメリカ海軍の拡張と管理体制の改善を図った。サウサードはアメリカ合衆国で最初の海軍病院を建設するために用地の購入を行い、また最初の海軍ドック建設を開始した。その他、北アメリカ大陸近海の調査にも乗り出し、特に太平洋方面への調査を促進した。デイヴィッド・ポーターら有力な海軍将校はサウサードの呼びかけに応え、文民統制をアメリカ合衆国の伝統として強く裏付けた。サウサードの管理下においてアメリカ海軍の人員と経費はおよそ5割ほど増加し、その行動範囲は過去の軍艦では訪れることができなかった海域にまで拡大した。サミュエル・サウサード フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥッラー2世国王設計開発局

    アブドゥッラー2世国王設計開発局から見た文民統制文民統制

    KADDBでは軍人と文民を合わせて約200人の社員を抱えており、同局の職員は2つある戦略事業単位に所属している。 社員の多くは、フセイン国王主要工場群(King Hussein Main Workshops、KHMW)の中にある技術事業部で働く。本社は首都アンマンの中心部に置かれており、3つの事業部に分かれて組織されている。即ち、技術事業部、製造事業部、事業計画部である。アブドゥッラー2世国王設計開発局 フレッシュアイペディアより)

  • 軍人と国家

    軍人と国家から見た文民統制文民統制

    一方で文民統制(シビリアン・コントロール)という見地から軍隊を見れば軍人倫理に関連して二種類の形態があることがわかる。一つは主体的文民統制であり、これは文民の権力を軍部に対して極大化した形態である。もう一つの形態としての客体的文民統制は軍事プロフェッショナリズムの極大化である。つまり将校団の専門性を最大限発揮するのに都合の良い政治権力の配分である。この両方に共通する政治的要素は軍の権力を最小化するということである。客体的文民統制はその前提として軍事プロフェッショナリズムが出現しなければ実現は不可能であるが、軍人と文民とを同一化することで軍事プロフェッショナリズムを損なう主体的文民統制と比較してより好ましい。客体的文民統制は軍人に軍人倫理を遵守させることで国家の道具とすることが可能である。軍人と国家 フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン正義運動

    パキスタン正義運動から見た文民統制文民統制

    1996年4月25日、ラホールにおいて、クリケット選手として国民的英雄であり篤志家でもあるイムラン・カーンによって創設された。反汚職、現状打破、共同体主義、イスラーム的かつ現代的な福祉国家の建設などを掲げ、中道で穏健なスタンスながら反体制政党の色彩が濃い。ほかに封建主義の根絶、完全な司法権の独立、脱中央集権、パキスタン軍への文民統制などを掲げるが、パキスタンの核兵器については維持を主張、また対テロ戦争についてはアメリカ軍のパキスタン領内での活動を拒否し、カシミール問題についても強硬な姿勢をみせるなど、パキスタン民族主義的かつポピュリスト的な面もある。パキスタン正義運動 フレッシュアイペディアより)

  • 武装商船

    武装商船から見た文民文民統制

    商船の船員は、一般的な文民とは異なる扱いがジュネーヴ条約などで定められ、軍人と同様に捕虜とすることが認められている。ただし、禁止される自衛以外の戦闘行為を行った場合には重罪とされ、捕虜に保障された諸権利を失うと言われる。なお、船員以外の乗客は文民としての扱いを受け保護される。武装商船 フレッシュアイペディアより)

  • シヴィリアンコントロール

    シヴィリアンコントロールから見た文民統制文民統制

    シヴィリアンコントロール フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国国防副長官

    アメリカ合衆国国防副長官から見た文民文民統制

    さらに同条(a)項によれば、国防副長官に任命される者は文民でなければならず、さらに退役軍人については「現役任務を退いてから7年以内の者は任命されてはならない。」と規定されている。アメリカ合衆国国防副長官 フレッシュアイペディアより)

  • バターン号

    バターン号から見たシビリアン・コントロール文民統制

    ロッキードVC-121Aコンステレーションで、1950年9月から1951年4月まで使用した。シリアルNo.は48-613。1951年4月16日、朝鮮戦争における中華人民共和国に対する核兵器使用発言などを含む一連の反シビリアン・コントロールが問題となってハリー・トルーマン大統領から国連軍総司令官を解任され、日本を去ったときの乗機はこのバターン3号機である。バターン号 フレッシュアイペディアより)

  • 西アフリカ諸国経済共同体監視団

    西アフリカ諸国経済共同体監視団から見た文民文民統制

    1999年には「紛争予防・管理・解決・平和維持・安全保障メカニズム」議定書の採択により、待機部隊(軍隊、準軍事組織、文民を含む)としての法的立場を確立し、国際社会からの支援も受け、関連活動を活発化させる西アフリカ諸国経済共同体監視団 フレッシュアイペディアより)

257件中 21 - 30件表示

「文民統制」のニューストピックワード