209件中 31 - 40件表示
  • フョードル・アルトゥーロヴィチ・ケールレル

    フョードル・アルトゥーロヴィチ・ケールレルから見たシビリアン・コントロール文民統制

    11月初旬、ケールレルはウクライナ国ヘーチマン、P・P・スコロパードシクィイから軍の指揮を委ねたいという招聘を受けた。ケールレルはプスコーフ地区がドイツ=オーストリア軍に占領されたことを考慮に入れ、キエフに留まる決意をした。そして、11月5日にはシビリアン・コントロール下にあるウクライナ国軍の総司令官に就任した。ところが、11月13日には彼は解任されて新しい総司令官となった公爵A・N・ドルゴルーコフ将軍の補佐官に任命された。フョードル・アルトゥーロヴィチ・ケールレル フレッシュアイペディアより)

  • 破裂

    破裂から見た文民統制文民統制

    厚生労働省の役人・佐久間和尚は、進歩ばかりする医療のせいで超高齢社会となった日本の未来を憂え、医療のシビリアン・コントロールを目論む。佐久間が目を付けたのが、香村が研究する、心臓が破裂する副作用を持つペプタイド療法だった。老人に苦痛のない死を、と考えた彼は、老人抹殺計画とも取れる大規模な治験、通称・プロジェクト《天寿》を行っていく。破裂 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1776

    国際連合安全保障理事会決議1776から見た文民統制文民統制

    この結果、民主党の当初からの主張である国会の事前承認は文民統制の原理原則であって、当初英米との給油先がフランス、ドイツ、パキスタンなどを追加したことは国会が関与せず、いわば、集団的自衛権行使の同盟国を国会の承認なく交換公文により拡大したことなる。国際連合安全保障理事会決議1776 フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの軍事

    エクアドルの軍事から見た文民統制文民統制

    エクアドル軍(西:Fuerzas Armadas de Ecuador)は、2007年時点で総員56,500人、予備役118,000人。エクアドル大統領の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍がある。エクアドルの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの軍事

    ベネズエラの軍事から見た文民統制文民統制

    ベネズエラ・ボリバリアーナ軍(西:Fuerza Armada Nacional Bolivariana de Venezuela)は、ベネズエラの軍事組織。2007年時点で四軍種の総員82,300人、予備役8,000人。ベネズエラ大統領の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍の他に、軍事作戦と法執行活動を行なう国家警備隊がある。ベネズエラの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ共和国参謀本部

    トルコ共和国参謀本部から見た文民統制文民統制

    また、参謀本部は、平時においても作戦および軍の管理に関する一切の権限を有しており、その責任を直接首相に負うものとされている。このため、内閣の一員として軍政部門を統括する国防相()は、作戦事項に関与する権限を有しておらず、その職掌は、参謀本部の策定する国防大綱に従って実施される、法制度整備、財務管理、徴兵、兵站、軍人恩給、軍事施設建設などに限られている。こうした点から、トルコにおける文民統制については、その有効性を疑問視されることが多い。トルコ共和国参謀本部 フレッシュアイペディアより)

  • トリニダード・トバゴの軍事

    トリニダード・トバゴの軍事から見た文民統制文民統制

    トリニダード・トバゴ国防軍()は、トリニダード・トバゴの軍事組織。2007年時点で総員2,700人。トリニダード・トバゴ大統領の指揮の下、国家安全保障大臣を通じて文民統制を受ける。国家安全保障省傘下の軍事組織で、陸軍であるトリニダード・トバゴ連隊、沿岸警備隊と航空警備隊および国防軍予備役がある。トリニダード・トバゴの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1265

    国際連合安全保障理事会決議1265から見た文民文民統制

    国際連合安全保障理事会決議1265(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1265、)は、1999年9月17日に国際連合安全保障理事会で採択された武力紛争下の文民保護に関する決議。略称はUNSCR1265。国際連合安全保障理事会決議1265 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1296

    国際連合安全保障理事会決議1296から見た文民文民統制

    国際連合安全保障理事会決議1296(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1296、)は、2000年4月19日に国際連合安全保障理事会で採択された武力紛争下の文民保護に関する決議。略称はUNSCR1296。国際連合安全保障理事会決議1296 フレッシュアイペディアより)

  • ロクタントラ・アンドラン

    ロクタントラ・アンドランから見た文民文民統制

    2005年2月1日、ギャネンドラ国王は政権奪取を強行した。これは国王自身が率いる政府の成立と、戒厳令の布告にまで進展した。国王は、文民政治家は毛沢東派の反乱(ネパール内戦)を制御できないと主張した。ロクタントラ・アンドラン フレッシュアイペディアより)

209件中 31 - 40件表示