257件中 41 - 50件表示
  • トウ光養カイ

    トウ光養カイから見た文民統制文民統制

    日本の研究者の間では、「韜光養晦」路線のゆらぎあるいは変化の背景として、以下のような要因を挙げる見解が存在する。まず、新藤後掲書は、鄧小平の「韜光養晦」戦略以降の外交戦略と中国の官僚制政治モデルの力学との関係に着目すべきとする。すなわち、冷戦終結後、グローバル通商大国化の中で芽生え始めた中国政策決定コミュニティ内の海軍力拡大路線と海軍力限定路線との潜在的対立が、国際関係の動きと連動し合う力学が、「韜光養晦」戦略以降の外交戦略に関連し合っていたとする。2000年代中葉に、江沢民政権下、「和平崛起」論(平和的装いの下で大国として積極的外交を求める自己主張的な外交論)の台頭で揺り戻しを見せた。その揺り戻しが、2000年代後半以降、胡錦濤政権下で後退を余儀なくされ、平和的発展と協調外交を軸とした「調和(和諧)外交」路線へと、再度の軌道修正をはかった。中国外交の微妙な揺れの繰り返しである。その「ぶれ」がグローバル通商大国化への変貌と符合して、いま人民解放軍の軍官僚制利益を後ろ盾としながら、海軍力近代化とグローバル軍事外交戦略化の展開に乗り出している。その展開が今日、対外特に対日関係の展開と相関し合って、対外危機の勃発を期に排外的ナショナリズムの台頭を促している。また、清水後掲論文は、強硬路線は中国人民解放軍がリードしていると見ている。その代表例を2010年3月に起きた韓国海軍哨戒艦沈没事件を北朝鮮の魚雷攻撃と断定したアメリカと韓国が、事件現場の黄海で計画した合同軍事演習を中国軍が阻んだことにみる。当時、政府の態度表明に先立ち、軍人が中国メディアに盛んに登場し、「中国の玄関先に米空母が侵入するような軍事演習に反対する」という意見を広めた。これを受けインターネットには軍人の発言を支持する意見が広がった。こうした動きに対し、中国外交部高官は「軍が外交に口を出すべきでない」との憂慮をもった。しかし、それを公然と口に出すのはタブーであった。中国外交界の重鎮である呉建民は、軍人のメディアへの登場を戒める発言をしたが、逆にインターネットで「売国奴」と激しく攻撃された。中国革命を導いた毛沢東や鄧小平の時代と異なり、江沢民、胡錦濤という軍歴のない指導者が中央軍事委員会主席に就任してから、軍人をいかに統制し服従させるかは常に問題だった。中国革命の時代、紅軍は中国共産党に任命された政治委員と指令員がそれぞれ部隊の指揮権を持つ独特の文民統制を行ってきた。しかし建国後は、部隊を構成するメンバーは全て職業軍人となり、待遇や装備などで独自の利害を共有することになった。結局、江沢民や胡錦濤は20年以上連続で国防費を10パーセント以上増額させたり、将官の昇進を乱発したりするなど、軍の主張や要求に迎合することで最高指導者の地位を保つことに腐心してきた。このような国防費の増額や待遇、装備の充実を指導部に迫る軍隊に対し、指導部は文民統制の徹底を欠いたままで、さらにナショナリズムを高めた民衆の支持が相まって、中国の対外強硬論を助長しているとする。トウ光養カイ フレッシュアイペディアより)

  • 政治将校

    政治将校から見た文民統制文民統制

    政治将校(せいじしょうこう、)とは、主に一党独裁国家において、政府および一体となる党が軍隊を統制する為に各部隊に派遣した将校のことを指す。政府の政治原則を逸脱する命令を発する軍司令官を罷免する権限を有していることもある。軍とはまったく異なる指揮系統に属し、プロパガンダ、防諜、反党思想の取り締まりを担う軍隊内の政治指導を任務とし、広義のシビリアンコントロールである。なお、政治士官 、コミッサール(イラク・バアス党の様に体制派寄りの非軍人(文官官僚)が担った例もある) 、または軍隊以外の組織に置かれるものを含めて政治委員(ポリトルーク)、政治指導員、政治指導官と呼ばれる場合もある。政治将校 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカサイバー軍

    アメリカサイバー軍から見た文民文民統制

    この種の懸念・懸案の1つとして挙げられるのが、「サイバー軍創設によって、国防総省とNSAが文民部門によるサイバー防衛へのいかなる努力・取り組みの効果も弱めてしまうのではないか。」というものである。アメリカサイバー軍 フレッシュアイペディアより)

  • 檄 (三島由紀夫)

    檄 (三島由紀夫)から見たシビリアン・コントロール文民統制

    さらに、それに対し黙って甘んじている自衛隊員への任務が、〈悲しいかな、最終的には日本からは来ない〉という現状と、〈英米のシヴィリアン・コントロールは、軍政に関する財政上のコントロールである。日本のやうに人事権まで奪はれて去勢され、変節常なき政治家に操られ、党利党略に利用されることではない〉ことを三島は指摘し、〈より深い自己欺瞞と自己冒涜の道を歩まうとする自衛隊は魂が腐つたのか。 武士の魂はどこへ行つたのだ。魂の死んだ巨大な武器庫になつて、どこへ行かうとするのか〉と疑問を投げかける。また、かつての五・五・三の不平等条約の再現かのような〈国家百年の大計にかかはる核停条約〉に対して〈抗議して腹を切るジェネラル一人、自衛隊からは出なかつた〉と嘆き、以下のように警告する。檄 (三島由紀夫) フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・アビラ・カマチョ

    マヌエル・アビラ・カマチョから見た文民統制文民統制

    アビラ・カマチョは政権を握ると、前カルデナス政権の急進的改革を少しずつ緩和し始めた。石油危機以来のアメリカとの関係を改善し、1941年に第2次世界大戦が始まると早々に連合国側に立っての参戦を決定した。1942年には徴兵制を実施した。また、農地改革のスピードを緩め、工業化と経済開発へと政権の基本線をシフトさせていった。社会保障の充実や教育の拡充をおこなった。軍事面においては、メキシコ革命党の軍事部会を1940年末に解散させ、軍の文民統制を実現した。1946年1月18日にはメキシコ革命党を制度的革命党に改組した。マヌエル・アビラ・カマチョ フレッシュアイペディアより)

  • トルコ共和国参謀本部

    トルコ共和国参謀本部から見た文民統制文民統制

    また、参謀本部は、平時においても作戦および軍の管理に関する一切の権限を有しており、その責任を直接首相に負うものとされている。このため、内閣の一員として軍政部門を統括する国防相()は、作戦事項に関与する権限を有しておらず、その職掌は、参謀本部の策定する国防大綱に従って実施される、法制度整備、財務管理、徴兵、兵站、軍人恩給、軍事施設建設などに限られている。こうした点から、トルコにおける文民統制については、その有効性を疑問視されることが多い。トルコ共和国参謀本部 フレッシュアイペディアより)

  • ムジカ・ノヴァ

    ムジカ・ノヴァから見た文民文民統制

    生粋のゾル人で、バッキ人(びと)(貴族 [パトリキ]、 かつ文民の市民を指す彼らの身分階級の呼称)のシャンタール(音楽家の意味。ラテン語の "Chantal" 「歌い手」から)の「歌い手」でゾル人の人格分担である「情報・判断・行動」のうち、情報を担当し、判断・行動を担当するムジエ(Musiere)・ムゼル(Muselle)と共に3人で1個人を形成する。ムジカ・ノヴァ フレッシュアイペディアより)

  • 第三共和国 (大韓民国)

    第三共和国 (大韓民国)から見た文民統制文民統制

    憲法上規定された政体を指す言葉であるが、韓国では第三共和政ではなく「第三共和国」と呼ばれている。1961年に成立した軍事政権である国家再建最高会議が、民政に復帰することにより成立した。この間、軍事政権の有力者であった朴正煕が、軍の要職を辞して文民として大統領職に就き、任期を重ねた。第三共和国 (大韓民国) フレッシュアイペディアより)

  • 文官

    文官から見た文民文民統制

    今日の日本では、防衛省職員のうち、政府の公式見解で文民ではないとされている自衛官等を除く常勤の職員、すなわち防衛事務次官、参事官、書記官、部員、事務官、技官等を「文官」と呼ぶ場合がある。文官 フレッシュアイペディアより)

  • 凡人

    凡人から見た文民文民統制

    文官 - 文民 - 英語の の訳案の一つに「凡人」が上がっている。凡人 フレッシュアイペディアより)

257件中 41 - 50件表示

「文民統制」のニューストピックワード