209件中 51 - 60件表示
  • 国際連合安全保障理事会決議1738

    国際連合安全保障理事会決議1738から見た文民文民統制

    国際連合安全保障理事会決議1738(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1738、)は、2006年12月23日に国際連合安全保障理事会で採択された武力紛争における文民の保護、とくにジャーナリスト等報道関係者への攻撃に関する決議。略称はUNSCR1738。国際連合安全保障理事会決議1738 フレッシュアイペディアより)

  • 凡人

    凡人から見た文民文民統制

    文官 - 文民 - 英語の の訳案の一つに「凡人」が上がっている。凡人 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見

    核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見から見た文民統制文民統制

    裁判所は、核兵器の威嚇または使用が国際人道法の原則・規則に「一般的に」違反することを明示し、2つの原則を挙げた。第1は、戦闘員と非戦闘員を区別を確立する原則で、非戦闘員たる文民を攻撃の対象としてはならず、逆に戦闘員と非戦闘員を区別することができない兵器は使用してはならないという原則である。第2は戦闘員に不必要な苦痛を与える兵器を使用してはならないという原則である。裁判所は核兵器の特性に鑑み、その甚大な破壊力により戦闘員と非戦闘員を区別することが困難で、攻撃対象を戦闘員に限ったとしても放射線により不必要な苦痛を与えうる核兵器の威嚇または使用が「一般的に」これらの原則に違反していると判断した。しかし、「一般的に」という修飾語は例外の存在、つまり核兵器の威嚇または使用が違法ではない場合の存在を示唆しているとも言える。例えば、攻撃対象を戦闘員に限ることができるように威力の小さい核兵器を開発した場合、そうした核兵器の威嚇または使用が合法となる可能性も考えられる。判事ヒギンズは反対意見の中で、そうした例外についての十分な検討をすることなくそのような表現を用いたことを批判している。核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見 フレッシュアイペディアより)

  • 規制が議論されている兵器

    規制が議論されている兵器から見た文民文民統制

    特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)議定書IIIにおいて、文民や人口密集地周辺への使用が制限されている。規制が議論されている兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 軍属

    軍属から見たシビリアンコントロール文民統制

    「自衛隊の隊員」には、自衛官以外にも、防衛事務官・防衛技官等が含まれるが、「軍属」などといった自衛官以外の自衛隊の隊員を総称する語は使用されていない。シビリアンコントロールを前提とする日本では、国家安全保障の計画立案における中心は「国民の代表者」たる「政治家」(文民)であり、「背広組・官僚」(文官)と「制服組」(自衛官)は専門家として助言等を行うことになる。軍属 フレッシュアイペディアより)

  • 軍属

    軍属から見た文民文民統制

    「自衛隊の隊員」には、自衛官以外にも、防衛事務官・防衛技官等が含まれるが、「軍属」などといった自衛官以外の自衛隊の隊員を総称する語は使用されていない。シビリアンコントロールを前提とする日本では、国家安全保障の計画立案における中心は「国民の代表者」たる「政治家」(文民)であり、「背広組・官僚」(文官)と「制服組」(自衛官)は専門家として助言等を行うことになる。軍属 フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・レーガン自由賞

    ロナルド・レーガン自由賞から見た文民文民統制

    ロナルド・レーガン自由賞(ロナルドレーガンじゆうしょう、)は、私設団体であるロナルド・レーガン大統領財団によって文民に与えられる最高の勲章。「自由を世界中に広めるために、多大かつ継続的な貢献をした」人物に与えられる。ロナルド・レーガン自由賞 フレッシュアイペディアより)

  • 石田捨雄

    石田捨雄から見た文民統制文民統制

    海上幕僚長時代には、防衛研究所に入校中の学生が発表した論文が問題となる一幕があった。これは当時、バイカル・アムール鉄道(第2シベリア鉄道)の建設に日本政府が援助をするかどうかの問題について、防衛上の見地から資材等の援助には慎重であるべき、との内容であった。これを当時の防衛庁長官は問題視し石田海幕長を呼び出して当該人物を処分せよと迫ったが、これは学生の研究成果であるとして拒否。なおも長官から処分を求められるも断固として拒否の姿勢を示し続け、政治家による人事への不当な介入と防衛上の研究に対する政治の過度の干渉または妨害から文民統制のあるべき姿を守ろうとした。石田捨雄 フレッシュアイペディアより)

  • 独立民主連合

    独立民主連合から見た文民文民統制

    1983年、アウグスト・ピノチェト軍事政権下で結成。当初の名称は 独立民主連合運動()といい、そのとき中心となったのはハイメ・グスマン(Jaime Guzmán、のち民主化移行中の1991年にチリ共産党指導下のマヌエル・ロドリゲス愛国戦線によって暗殺される)で、カトリック社会教説(Catholic social teaching)に影響を受けたギルド的なGremialismoが思想の柱であった。この団体はピノチェト軍事政権の(文民部門の)政治的な支柱として中間層や下層階級、農村部に支持を広げていった。独立民主連合 フレッシュアイペディアより)

  • 栗栖弘臣

    栗栖弘臣から見た文民統制文民統制

    1978年7月、「週刊ポスト」誌上で「現行の自衛隊法には穴があり、奇襲侵略を受けた場合、首相の防衛出動命令が出るまで動けない。第一線部隊指揮官が超法規的行動に出ることはありえる」と有事法制の早期整備を促す“超法規発言”を行う。これが政治問題化し、記者会見でも信念を譲らず、同様の発言を繰り返したため、文民統制の観点から不適切として、時の防衛庁長官・金丸信に事実上解任された。が、福田赳夫首相が閣議で有事立法・有事法制の研究促進と民間防衛体制の検討を防衛庁に指示。国防論議のタブーが破られ、以後多くの国防論議が巻き起こるきっかけとなった。栗栖弘臣 フレッシュアイペディアより)

209件中 51 - 60件表示