257件中 51 - 60件表示
  • 中期業務見積り

    中期業務見積りから見たシビリアン・コントロール文民統制

    1回目の見直しとして、56中業は昭和56年度(1981年4月から1982年3月)および昭和57年度前半に作業して作成され、昭和56年4月28日に防衛庁長官が事務当局に対して長官指示を発し、主要事業の見積りを行い庁内の業務計画に役立て、防衛大綱に示された水準の達成を基本に作成し、財政負担の軽減に留意しつつ装備の近代化に邁進させ、作成作業を1年で終了させるとした。対象期間は昭和58年度(1983年4月)から昭和60年度(1986年3月)までを対象とした防衛庁内限りの計画。56中業は前回の見積りと異なり日本の防衛力整備に対して内外の関心の高まりを受けて、シビリアン・コントロールの観点から国防会議に付議されることになる。中期業務見積り フレッシュアイペディアより)

  • ヤングガン・カルナバル

    ヤングガン・カルナバルから見たシビリアン・コントロール文民統制

    防衛庁長官。「独眼竜」とあだ名される。現代のシビリアン・コントロールを覆そうとする危険人物。アニメ好き。ヤングガン・カルナバル フレッシュアイペディアより)

  • 大臣 (日本)

    大臣 (日本)から見た文民文民統制

    狭義の国務大臣は内閣総理大臣に任命され、また、内閣総理大臣に任意に罷免される(憲法68条)。国務大臣の任免には、天皇の認証を要する(同7条5号)。国務大臣の過半数は国会議員でなければならず(同68条)、全員が文民でなければならない(同66条2項)。国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない(同75条)。国務大臣の数は14人以内とされ、特別に必要がある場合には3人まで増員することができ、17人以内とすることができる(内閣法2条2項)。大臣 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガルの軍事

    ポルトガルの軍事から見た文民統制文民統制

    ポルトガル軍(ポルトガルぐん、ポルトガル語:Forças Amadas de Portugal)は、ポルトガルの軍事組織である。2007年時点で現役兵総員43,960人、予備役210,930人。形式上はポルトガル大統領が最高指揮官とされるが、実際には内閣を構成する国防大臣を通じて文民統制を受けている。国防省傘下の陸海空の三軍の他に、準軍事組織として共和国国家警備隊がある。ポルトガルの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省設置法

    防衛省設置法から見た文民統制文民統制

    国家公務員の定員については行政機関の職員の定員に関する法律、行政機関職員定員令(政令)、さらに各省の定員規則(省令)により定められ、防衛省職員についても同法・同令に記載があるが、一方で国会による自衛隊への文民統制を担保する観点から、自衛官の定数については政令・防衛省令に委任せず防衛省設置法に規定する条文(第6条)が設けられており、国会が直接的に関与できる形となっている。防衛省設置法 フレッシュアイペディアより)

  • ハリソン・シュミット

    ハリソン・シュミットから見た文民文民統制

    彼は、アポロ宇宙船で月を訪れ、足跡を残した最後の人物である。ただし、彼は友人のユージン・サーナンよりも後にアポロ月着陸船を出たが、先に戻ってしまったため、真に最後まで月に留まっていたのはサーナンということになった。また、アメリカ軍出身者以外で月へ行ったのはシュミットが初めてで、また現在までのところ唯一である。ただし、ニール・アームストロングは1969年の月への到着前に軍を辞めていたため、最初の文民という訳ではない。ハリソン・シュミット フレッシュアイペディアより)

  • 進歩のための同盟

    進歩のための同盟から見た文民統制文民統制

    1960年代のラテンアメリカにおいては、合法的に成立した13もの政府が軍事独裁政権に取って代わられてしまう。ピーター・スミスのような一部作家によると、これこそ進歩のための同盟の失敗であった。スミスは「進歩のための同盟の最も衝撃的な失敗は、政治分野で起こっている。1960年代は改良主義的な文民統制を促したり強化したりするのではなくて、多数の軍事クーデターを生み出している。(中略)独裁者は1968年までに複数の国を支配するに至った。」としている。進歩のための同盟 フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・コレマツ

    フレッド・コレマツから見た文民文民統制

    1998年にコレマツは、アメリカにおける文民向けの最高位の勲章である大統領自由勲章を受章した。ホワイトハウスにおいて執り行われた勲章を授与するための式典において、クリントン大統領は「我が国の正義を希求する長い歴史の中で、多くの魂のために闘った市民の名が輝いています。プレッシー、ブラウン、パークス…。その栄光の人々の列に、今日、フレッド・コレマツという名が新たに刻まれたのです」と述べた。フレッド・コレマツ フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備隊

    海上警備隊から見た文民統制文民統制

    一方、もともと海軍が担っていた日本周辺海域における法秩序維持任務はしばらく宙に浮くことになったが、治安悪化や輸入感染症の流行に伴い、不法入国船舶監視本部を経て、1948年(昭和23年)、連合国軍占領下の日本において洋上警備・救難および交通の維持を担当する文民組織として、運輸省(現在の国土交通省)の外局として海上保安庁が設立されることとなった。このとき、第二復員局から掃海業務を引き継いでいた運輸省海運総局掃海管船部掃海課(田村久三課長)も、保安局掃海課として海上保安庁に移管されることとなった。ただし創設当時は、武装した海上保安機構に対する極東委員会での反発を考慮したGHQ民政局の指示を受け、巡視船が軍事用ではないと明示するため、排水量・武装・速力に厳しい制限が課されていた。海上警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・イワノフ

    セルゲイ・イワノフから見た文民文民統制

    セルゲイ・ボリソヴィチ・イワノフ(、ラテン文字転写の例:、1953年1月31日 - )は、ロシアの政治家。ロシア最初の文民出身の国防相として知られるほか、ほかに大統領府長官、安全保障会議書記、第一副首相、副首相を歴任している。セルゲイ・イワノフ フレッシュアイペディアより)

257件中 51 - 60件表示

「文民統制」のニューストピックワード