209件中 61 - 70件表示
  • ベルナール・クシュネル

    ベルナール・クシュネルから見た文民文民統制

    1999年7月から2001年1月にかけて、国連高等代表としてコソボの統治にあたる。この任務は国際連合安全保障理事会が『国際文民統括』機関による統治を認めた第1244号決議を受けてのことである。戦争で荒廃した地域において、人道的援助、市民生活の統治、経済政策、民主主義機構の発展の4種の活動の指揮を取ることになり、彼自身の理論を実践する場となった。ベルナール・クシュネル フレッシュアイペディアより)

  • 坊門清忠

    坊門清忠から見た文民統制文民統制

    文民統制 - 正成(武官)の献策を否定した清忠(文官)の発言が、文民統制失敗の故事として取り上げられることがある。坊門清忠 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングガン・カルナバル

    ヤングガン・カルナバルから見たシビリアン・コントロール文民統制

    防衛庁長官。「独眼竜」とあだ名される。現代のシビリアン・コントロールを覆そうとする危険人物。アニメ好き。ヤングガン・カルナバル フレッシュアイペディアより)

  • 国民クイズ

    国民クイズから見た文民統制文民統制

    国民クイズ省の内局には本選局や地方予選局のほか、保安局、情報調査局、海外派兵局などがある。この海外派兵局がロスの寿司屋の警備のために、原子力空母「大原麗子」やミサイル艦「島倉千代子」などを引き連れて戦争さながらの上陸作戦を敢行した。なお、海外派兵局は自衛隊とは別組織だが、文民統制に従い、局長会議でも採決に加わらないとするのが局長の主義で、クイズ合格者と事務次官には絶対服従。国民クイズ フレッシュアイペディアより)

  • トゥルグト・オザル

    トゥルグト・オザルから見た文民統制文民統制

    軍事政権下で経済閣僚を務めたオザルは、軍首脳陣との良好な関係を維持し、軍による政治介入を巧妙に回避した。1987年には、軍の推薦する候補者を退けて、ネジプ・トルムタイを参謀総長に任命したほか、湾岸戦争での対米協力に消極的な軍部の頭越しにアメリカと交渉を行うなど、文民統制が法的に保障されていないトルコにおいて、例外的に文民主導の政軍関係を構築することに成功した。トゥルグト・オザル フレッシュアイペディアより)

  • 高田晴行

    高田晴行から見た文民文民統制

    1982年専修大学卒業後、同年4月岡山県警察警察官に任官され、岡山東警察署や井原警察署等で勤務。機動隊に所属していた1992年10月、国際連合カンボジア暫定統治機構(UNTAC)の文民警察官に応募し、総理府の国際平和協力隊員に採用され、同年10月14日、カンボジア入りした。1993年5月、カンボジア北西部のバンテイメンチェイ州アンピル村でポルポト派とみられる身元不明の武装ゲリラの攻撃を受け殺害された。高田晴行 フレッシュアイペディアより)

  • 9月12日クーデター

    9月12日クーデターから見た文民統制文民統制

    軍政の影響下で制定された1982年憲法は、軍による政治介入を合法化しており、1997年には、軍部が国家安全保障会議を通して、イスラーム系政党の福祉党に圧力をかけ、同党のエルバカン内閣が転覆させられる事件も発生した(「2月28日過程」)。1980年のクーデターにより形成されたこうした政治体制は、近年のトルコと欧州連合(EU)との間の加盟交渉の中で、加盟国に要求される文民統制の基準に適合しないとしてEU側から批判の対象となっている。9月12日クーデター フレッシュアイペディアより)

  • 中期業務見積り

    中期業務見積りから見たシビリアン・コントロール文民統制

    1回目の見直しとして、56中業は昭和56年度(1981年4月から1982年3月)および昭和57年度前半に作業して作成され、昭和56年4月28日に防衛庁長官が事務当局に対して長官指示を発し、主要事業の見積りを行い庁内の業務計画に役立て、防衛大綱に示された水準の達成を基本に作成し、財政負担の軽減に留意しつつ装備の近代化に邁進させ、作成作業を1年で終了させるとした。対象期間は昭和58年度(1983年4月)から昭和61年度(1986年3月)までを対象とした防衛庁内限りの計画。56中業は前回の見積りと異なり日本の防衛力整備に対して内外の関心の高まりを受けて、シビリアン・コントロールの観点から国防会議に付議されることになる。中期業務見積り フレッシュアイペディアより)

  • アンティグア・バーブーダの軍事

    アンティグア・バーブーダの軍事から見た文民統制文民統制

    王立アンティグア・バーブーダ国防軍(英:Royal Antigua and Barbuda Defence Force、RABDF)は、アンティグア・バーブーダの軍事組織。2007年時点で全軍種の総員170人、予備役75人。首相の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省の下で陸軍である連隊、沿岸警備隊、支援部隊、軍事教練団がある。予備役を含めても全部で245人規模の世界最小の軍隊でもある。アンティグア・バーブーダの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・マクスウェル

    ロバート・マクスウェルから見た文民文民統制

    2006年には、マクスウェルは死の直前、1945年にドイツで起こした可能性のある事件(彼の部隊がドイツである町を占領しようとした際、マクスウェルが文民である市長を射殺した可能性がある)について、戦争犯罪の疑いで調査されていた事が明るみに出た。これは彼の死が事故ではなく自殺だったかもしれないという議論に新たな展望を与えた。2008年にはマクスウェルの妻エリザベスが回想録『A Mind of Her Own』を出版し、世界有数の富豪だったメディア王マクスウェルとの生活について語っている。ロバート・マクスウェル フレッシュアイペディアより)

209件中 61 - 70件表示