209件中 71 - 80件表示
  • 占領

    占領から見た文民文民統制

    占領地における被占領国の主権は占領国の監督下や制限下におかれるものとされ、領有権が占領国に移行したわけではない。従って占領は、領有あるいは国家の併合を意味するものではない。同じように主権の制限が伴う場合でも、文民支配を前提とした被保護国や保護領、従属国、植民地などとも区別される。占領 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル民主運動党

    ブラジル民主運動党から見た文民文民統制

    1985年には21年ぶりの文民大統領としてタンクレード・ネーヴェスを当選させ、ブラジルの民主化に貢献した。しかしネーヴェスは就任直後に死去した。ブラジル民主運動党 フレッシュアイペディアより)

  • みずほ型巡視船

    みずほ型巡視船から見た文民統制文民統制

    しかし、海上保安庁の船艇が邦人救出、資源輸送ルートの安全確保にあたることは、法制上、またシビリアンコントロールの観点から問題があると国会で議論となったことから、その使用目的を遠洋での警備救難、海洋汚染・漁船の不法操業への監視取締りに絞って再設計したものがみずほ型巡視船である。みずほ型巡視船 フレッシュアイペディアより)

  • ハリソン・シュミット

    ハリソン・シュミットから見た文民文民統制

    彼は、アポロ宇宙船で月を訪れ、足跡を残した最後の人物である。ただし、彼は友人のユージン・サーナンよりも後にアポロ月着陸船を出たが、先に戻ってしまったため、真に最後まで月に留まっていたのはサーナンということになった。また、アメリカ軍出身者以外で月へ行ったのはシュミットが初めてで、また現在までのところ唯一である。ただし、ニール・アームストロングは1969年の月への到着前に軍を辞めていたため、最初の文民という訳ではない。ハリソン・シュミット フレッシュアイペディアより)

  • コロンビアの軍事

    コロンビアの軍事から見た文民統制文民統制

    コロンビア軍(西:Fuerzas Armadas de Colombia)は、コロンビアの軍事組織。2007年時点で三軍種の総員208,600人、予備役61,900人。コロンビア大統領の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍がある。コロンビアの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 軍部大臣現役武官制

    軍部大臣現役武官制から見た文民文民統制

    1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法には、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。」(9条)と定め、さらに「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。」(66条2項)と定めた。これにより、軍隊がないために武官も軍部大臣も存在せず、仮に武官がいたとしても国務大臣には就けないこととなった。しかし、その後の国際情勢の変転に伴い、1950年(昭和25年)には、軍隊に匹敵する装備を持つ警察予備隊が創設され、この事務を掌理するため警察予備隊本部が置かれた。この警察予備隊本部の長官は国務大臣ではなく、警察予備隊担当の国務大臣が置かれた。軍部大臣現役武官制 フレッシュアイペディアより)

  • 統合作戦

    統合作戦から見た文民統制文民統制

    また、集団安全保障体制の重要性が高まり、軍隊内の意思疎通を万全にして連合作戦する必要性が出てきたことがある。また軍隊に対する政治統制の希求、徹底した合理化、効率性と経済性の追求なども理由として大きい。統合作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・コワリ

    ジョルジュ・コワリから見た文民文民統制

    日本降伏後、コワリは軍曹として除隊した。この頃、グゼンコという名のソ連のスパイが米国側に寝返り、マンハッタン計画の秘密がソ連に漏れていることを米国に報告した。これによって米国の施設の警戒が一段と厳しくなったため、デリマルが逮捕される危険は劇的に増大した。GRUはデリマルに対し文民としてデイトンに残るよう説得し続けたが、コワリは謝絶し、モスクワの妻のもとへ戻ることを許してもらうよう懇願した。1948年、彼はこうしてソ連への帰国を許された。ジョルジュ・コワリ フレッシュアイペディアより)

  • 君が衛生兵で歩兵が俺で

    君が衛生兵で歩兵が俺でから見た文民文民統制

    東北大学法学部を卒業し、幹部候補生として入隊した元自衛官であるが、現在は除隊した文民であり、衆院議員。連立与党のトップを務めている。君が衛生兵で歩兵が俺で フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国軍

    タイ王国軍から見た文民文民統制

    国王の下には首相が置かれている。首相は国王の命令の下で早急な必要性があると認めた場合は内閣と国家政策会議の承認に基づいてあらゆる命令を発令することが可能となる。軍事行政機関として国防省が置かれている。なお国防大臣は2004年現在文民のみがなることが出来る(ただし、退役軍人は文民と見なされている)。国防省の補佐役として大臣秘書室があり、関連の独立機関として退役軍人会(在郷軍人会)がある。タイ王国軍 フレッシュアイペディアより)

209件中 71 - 80件表示