257件中 71 - 80件表示
  • アレクサンデル・セウェルス

    アレクサンデル・セウェルスから見た文民文民統制

    それまで皇帝の失脚はしばしば起きたが、ほとんどは元老院の決議や民衆蜂起、あるいは近衛隊による暗殺の結果であった。軍の反乱で皇帝が倒されたことは、元老院議員、あるいは市民の支持に立脚した文民統治が終わりを迎えたことを意味した。この時から、プリンキパトゥス(終身元首制)は役目を終え始めたのである。ただしその後の軍人皇帝時代(3世紀の危機)においても、形式的には元老院や民衆の支持を得る態度が続けられている。明確に終焉するのは、それらを大義名分としてすら必要としないドミナートゥス(専制君主制)が確立されるディオクレティアヌスの時代である。アレクサンデル・セウェルス フレッシュアイペディアより)

  • セイニ・クンチェ

    セイニ・クンチェから見た文民文民統制

    1981年、クンチェは最高軍事評議会に文民を受け入れ、1982年には憲法上の政治体制を変更し1983年1月24日には首相に文民のママヌ・ウマルを任命した。1983年10月には軍部内でみたびクーデターが起きたが、クンチェは軍の多数派を掌握しており、このクーデターも程なく鎮圧された。1984年には憲法の前段となる文書である国民憲章を発表した。この憲章では国と地方に選挙に拠らない諮問機関を設けることとなっていた。セイニ・クンチェ フレッシュアイペディアより)

  • 大陸軍 (アメリカ)

    大陸軍 (アメリカ)から見た文民統制文民統制

    大陸軍は試行錯誤の末に、多くは人命を犠牲に、実効性と成功率を高めた。ワシントン将軍と他の傑出した士官達が結束を固めるための有益な指導者となり、戦争の8年間を通じて学び、適応し、規律を保っていった。1777年から1778年にかえての冬は、プロイセン出身のストイベン男爵が加わり大陸軍を訓練して大きくその能力が改善された(バレーフォージの冬として知られる)。ワシントンは軍隊を常に一時的な手段として見ており、第二次大陸会議と同様に軍隊の文民統制を心がけたが、その実行方法については小さな意見の不一致があった。大陸軍 (アメリカ) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国家安全保障会議

    アメリカ国家安全保障会議から見たシビリアンコントロール文民統制

    国家安全保障会議は1947年に国家安全保障法(National Security Act of 1947)によって創設された。冷戦時、共産主義の脅威は政治、軍事、経済、文化など広範囲に及んだこと、さらにシビリアンコントロールの観点から、軍だけでなく各省の政策を統合、調整する組織が求められた。そこで第二次大戦時にアメリカ陸海軍と国務省の調整を担った国務・陸軍・海軍3省調整委員会やイギリスの帝国防衛委員会(CID)をモデルとしてNSCを設立することが決定された。さらに、戦略の立案に必要なインテリジェンスを供給するため、各情報機関の活動を調整する機関として中央情報局(CIA)が設立され、NSCの指示の下におかれた。アメリカ国家安全保障会議 フレッシュアイペディアより)

  • 国家憲兵隊 (フランス)

    国家憲兵隊 (フランス)から見た文民文民統制

    2011人の事務官(文民スタッフ)は国家公務員と契約職員からなる。国家憲兵隊 (フランス) フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール・クシュネル

    ベルナール・クシュネルから見た文民文民統制

    1999年7月から2001年1月にかけて、国連高等代表としてコソボの統治にあたる。この任務は国際連合安全保障理事会が『国際文民統括』機関による統治を認めた第1244号決議を受けてのことである。戦争で荒廃した地域において、人道的援助、市民生活の統治、経済政策、民主主義機構の発展の4種の活動の指揮を取ることになり、彼自身の理論を実践する場となった。ベルナール・クシュネル フレッシュアイペディアより)

  • 久間章生

    久間章生から見た文民統制文民統制

    元外交官で、政府批判を行う作家としても知られる天木直人は、久間の頭越しに自衛官幹部との接触を表明したチェイニー及び米国の対応はシビリアンコントロールに反しており、外務省はこのような日程を断じて認めてはならないと自身のブログで批判した。しかし、訪日したチェイニーは、当初の予定通り自衛官幹部のみと懇談した。久間章生 フレッシュアイペディアより)

  • 坊門清忠

    坊門清忠から見た文民統制文民統制

    文民統制 - 正成(武官)の献策を否定した清忠(文官)の発言が、文民統制失敗の故事として取り上げられることがある。坊門清忠 フレッシュアイペディアより)

  • タイ軍事クーデター (2006年)

    タイ軍事クーデター (2006年)から見た文民統制文民統制

    クーデターの結果、粛軍の名目でタクシン派は一掃され、クーデター以後は軍部の政治的発言権が増大し、文民統制が及ばなくなった。タイ軍事クーデター (2006年) フレッシュアイペディアより)

  • サイクロン作戦

    サイクロン作戦から見た文民文民統制

    ただし、ピーター・ベーゲンの著書「聖戦株式会社」によると、軍事訓練を受けたり、ムジャヒディンに直接接したアメリカ人はいなかったという。「PBSUCCESS作戦のように批判を浴びるのを恐れた」ため、CIAが実行した作戦は10にも満たないが、国務省から派遣された文民やCIAは当時、アフガニスタンとパキスタンの国境付近をしばしば訪れ、合衆国はアフガン難民を支援すること度々であった。サイクロン作戦 フレッシュアイペディアより)

257件中 71 - 80件表示

「文民統制」のニューストピックワード