257件中 81 - 90件表示
  • 国家緊急権

    国家緊急権から見た文民統制文民統制

    緊急権とは立憲主義、議会制民主主義、文民統制を基調とする国家において、国家の平和と独立を脅かす急迫不正の事態または予測される事態に際して、一刻も早い事態対処が必要と判断される場合において、憲法の一部を停止し、「超法規的措置」によってこれらの危機を防除しようとする権能である。多くの国家の憲法、特に大陸法をとる国のほとんどの憲法には緊急権の規定があり、存在していない憲法は少数派である。国家緊急権 フレッシュアイペディアより)

  • 兵頭二十八

    兵頭二十八から見た文民統制文民統制

    戦前の日本政府が軍部を統制できなくなったのは統帥権問題の他に、外国には必ずある政府直属の武装警察が日本には存在せず、政府に逆らう軍人を文民の武力で抑止できなかった(文民統制欠如)からだと主張している。兵頭二十八 フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・H・ベーカー・ジュニア

    ハワード・H・ベーカー・ジュニアから見た文民文民統制

    ベーカーは1984年に上院議員としての功績からアメリカ合衆国文民に与えられる最高の栄誉である大統領自由勲章を授けられている。また2008年には、桐花大綬章(旧勲一等旭日桐花大綬章)の叙勲を受けた。ハワード・H・ベーカー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 独立民主連合

    独立民主連合から見た文民文民統制

    1983年、アウグスト・ピノチェト軍事政権下で結成。当初の名称は 独立民主連合運動()といい、そのとき中心となったのはハイメ・グスマン(Jaime Guzmán、のち民主化移行中の1991年にチリ共産党指導下のマヌエル・ロドリゲス愛国戦線によって暗殺される)で、カトリック社会教説(Catholic social teaching)に影響を受けたギルド的なGremialismoが思想の柱であった。この団体はピノチェト軍事政権の(文民部門の)政治的な支柱として中間層や下層階級、農村部に支持を広げていった。独立民主連合 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た文民文民統制

    現存するタイ最古の政党で、1946年(タイ仏暦2483年)設立。新聞サヤーム・ラット紙の創設者であり、小説家、芸能人でもあるククリット・プラーモートや戦後に二度首相を務めたクワン・アパイウォンが中心となって設立された。傾向としては立憲君主制、文民政治、中道リベラルなど穏健派の色彩が強かった。アジア地域のリベラル政党からなるアジア・リベラル民主評議会に参加している。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 岡田春夫

    岡田春夫から見たシビリアンコントロール文民統制

    1965年、第2次朝鮮戦争を想定して、防衛庁制服組幹部と防衛庁背広組幹部により極秘裏に進められていた三矢研究(「昭和38年度総合防衛図上研究」)の極秘文書を暴露し、政府与党を揺さぶった。政府は研究自体の存在を否定することはなかったが、秘密漏洩を理由に防衛次官らが処分された。シビリアンコントロールの形骸化の現状に一石を投じたとして評価する声が社会党や共産党にある一方、有事研究が立ち遅れる要因となったという批判的な見方もある。岡田春夫 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見

    核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見から見た文民統制文民統制

    裁判所は、核兵器の威嚇または使用が国際人道法の原則・規則に「一般的に」違反することを明示し、2つの原則を挙げた。第1は、戦闘員と非戦闘員を区別を確立する原則で、非戦闘員たる文民を攻撃の対象としてはならず、逆に戦闘員と非戦闘員を区別することができない兵器は使用してはならないという原則である。第2は戦闘員に不必要な苦痛を与える兵器を使用してはならないという原則である。裁判所は核兵器の特性に鑑み、その甚大な破壊力により戦闘員と非戦闘員を区別することが困難で、攻撃対象を戦闘員に限ったとしても放射線により不必要な苦痛を与えうる核兵器の威嚇または使用が「一般的に」これらの原則に違反していると判断した。しかし、「一般的に」という修飾語は例外の存在、つまり核兵器の威嚇または使用が違法ではない場合の存在を示唆しているとも言える。例えば、攻撃対象を戦闘員に限ることができるように威力の小さい核兵器を開発した場合、そうした核兵器の威嚇または使用が合法となる可能性も考えられる。判事ヒギンズは反対意見の中で、そうした例外についての十分な検討をすることなくそのような表現を用いたことを批判している。核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見 フレッシュアイペディアより)

  • 永野茂門

    永野茂門から見た文民統制文民統制

    翌1994年4月、細川護煕首相の突然の辞任を受け、新生党党首の羽田孜が内閣総理大臣に就任し、羽田内閣で法務大臣に任命される。この際、陸上幕僚長を経験した職業自衛官出身の大臣の誕生に対し、文民統制の観点から異議を唱える声も一部から上がった。法相就任直後、毎日新聞のインタビューにおいて「私は、あの直後に南京に行っている。南京大虐殺はでっち上げだと思う」と発言。事実上更迭される形で在任わずか11日で法務大臣を辞任した(戦後大臣通算在任記録では、2007年に遠藤武彦農林水産大臣の在任が8日間となるまで、同じ法務大臣を1988年暮れに4日間で辞任した長谷川峻に次ぐ最短記録である)。法相在任期間が短かったため、死刑執行起案書はまわってこなかった。永野茂門 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル民主運動党

    ブラジル民主運動党から見た文民文民統制

    1985年には21年ぶりの文民大統領としてタンクレード・ネーヴェスを当選させ、ブラジルの民主化に貢献した。しかしネーヴェスは就任直後に死去した。ブラジル民主運動党 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の分割統治計画

    日本の分割統治計画から見た文民統制文民統制

    4(政治) 他国の権利と国際義務を尊重する政府を日本に樹立することが、アメリカの国益である。軍国主義から解放された新政府は、平和維持のための文民統制政府となる。よって(1)陸海軍から政治的特権を剥奪する、(2)新聞とラジオを通して、民主主義国と知的コミュニケーションの自由を確立する(3)節度のある政治分子を強化する日本の分割統治計画 フレッシュアイペディアより)

257件中 81 - 90件表示

「文民統制」のニューストピックワード