230件中 11 - 20件表示
  • 文民統制

    文民統制から見た二・二六事件

    逆に、五・一五事件の時、大衆から将校たちへの寛恕を求める請願があり、結果として甘い処分で済ませたことが軍紀を緩ませ、軍人の驕慢を許して二・二六事件につながった。政治家は軍人の反乱に対しては断固として鎮圧し、徹底して調査し処分して軍部独裁を阻止する事が正しいという主張もある。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た政治家

    文民統制(ぶんみんとうせい、シビリアン・コントロール、)とは、文民たる政治家が軍隊を統制するという政軍関係における基本方針であり、軍事に対する政治の優先を意味する。「文民()」の語義を明確にする意図から「政治統制()」という表現を用いることもある。また、「文民優越()」とも言う。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た国防

    シビリアンコントロールにおいては、職業的軍事組織は軍事アドバイスを行い、これを受けて国民の代表が総合的見地から判断・決定を行い、その決定を軍事組織が実施するということが原則となる。国防・安全保障政策の基本的判断や決定は、選挙で選出された国民の代表が行う。これは、彼らが軍人や文官官僚より優秀ということではなく、国民の代表という正当性を体現するからである。そして、何よりも国民の代表は、国民に対し説明責任を持ち、したがって、国民は、彼らの決定に不服があれば、選挙を通じて彼らを排除出来るからである。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た栗栖弘臣

    1978年、当時統合幕僚会議議長の栗栖弘臣が週刊誌のインタビューで「(日本が奇襲攻撃を受けた場合、自衛隊の)現地部隊はやむにやまれず、超法規的行動をとることになるでしょう。法律がないから何もできないなどと言っちゃいられないような事態が将来、起こりえる。」と発言した。有事法制の必要性を指摘するものだったが、当時の金丸信防衛長官は「真意はともあれ、自衛隊が現行法制を無視して行動する可能性があるかのごとき誤解を与える。」として議長を解任し、栗栖は勧奨退職に応じた。(懲戒処分は行われていない。)文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見たダグラス・マッカーサー

    朝鮮戦争時においては、国連軍の司令官であったダグラス・マッカーサーが軍事的合理性から、核兵器の使用を含めた中華人民共和国への攻撃を示唆した。これに対し、トルーマン大統領は、中国への攻撃は、軍事面からは必要かもしれないが、全体的な国際情勢の観点から不利益となりうると考え、マッカーサーと意見が対立したために彼を罷免した。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た軍事

    文民統制(ぶんみんとうせい、シビリアン・コントロール、)とは、文民たる政治家が軍隊を統制するという政軍関係における基本方針であり、軍事に対する政治の優先を意味する。「文民()」の語義を明確にする意図から「政治統制()」という表現を用いることもある。また、「文民優越()」とも言う。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た小林宏晨

    小林宏晨、『国防の論理』、日本工業新聞社。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た佐道明広

    佐道明広、『戦後日本の防衛と政治』、吉川弘文館、2003年。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た野村吉三郎

    なお、過去の日本において「文民」と言う場合に「旧職業軍人の経歴を有しない者」と規定するか、あるいは、「旧職業軍人の経歴を有する者であって軍国主義的思想に深く染まっている者でない者」とするか、については、意見が分かれていた時代もある(1965年(昭和40年)5月31日衆議院予算委員会 高辻正己・内閣法制局長官答弁など)。野村吉三郎(元海軍大将、太平洋戦争開戦時の駐米大使)の入閣が検討された際に、「文民」規定の問題から断念している。ポツダム宣言受諾時にすでに職業軍人であり、その後自衛隊に入った永野茂門が法務大臣になった時、元自衛官の中谷元・森本敏が防衛閣僚(防衛庁長官・防衛大臣)となった時にも問題視する意見が出た。ただしこの見解は国際的な基準があるわけではなく、例えば米国の国防長官も文民であることが条件であるが、軍人も退役してから10か年が経過すると文民として扱われる。また、英国では、文民かつ政治家(=国会議員)であることを要する。森本敏については非国会議員であったため、むしろ国会議員の地位をもたない者が防衛大臣に就任することは文民統制の理念に反するのではないかとの指摘が出た。文民統制 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た橋本龍太郎

    平成9年01月30日 参議院予算委員会において橋本龍太郎内閣総理大臣が「確かに私は、今までシビリアンコントロールという言葉が誤解され、内局の同行なしに制服の幹部の人たちが例えば国会あるいは総理官邸に来れないといった雰囲気が議員御在職のころにはあったのかなと改めて思いました。私は今そういう空気は変えようといたしております。そして、そう変えようとしていることは統幕議長あるいは三幕僚長たちには受けとめていただいていると思います。これが定着てきるかどうかわかりません。しかし、そういう努力はいたしていくつもりでありますし、またシビリアンコントロールというのは、内局がそばにいることが、そして発言をコントロールすることがシビリアンコントロールだとは私は思っていない。」と述べている。文民統制 フレッシュアイペディアより)

230件中 11 - 20件表示

「文民統制」のニューストピックワード