前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示
  • 早稲田大学野球部

    早稲田大学野球部から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2005年に野村が勇退したが、後を受けた應武篤良が就任早々春のリーグで慶應との優勝決戦を制して優勝を果たす。2006年秋に38回目、続く2007年には斎藤佑樹ら前年夏の早稲田実業の甲子園優勝メンバーほか多数の有望新人が入部し、早くも8人が神宮でプレー、秋春連覇を果たすと第56回全日本大学野球選手権大会でも33年ぶりとなる3回目の優勝を達成、大学創立125周年となる記念の年に華を添え、日頃から目標としていた「文武両道日本一」を実現した(大学選手権での東京六大学勢の優勝も12年ぶりのことだった)。さらに同年秋のリーグ戦では慶應との優勝決戦を制して40回目の優勝を果たし、(4連覇を含めて)3回目となる3連覇を達成した。21世紀に入ってからの優勝回数は11回と群を抜き(法政・明治・慶應を合わせて12回)、法政に最大で8回差まで離されていた優勝回数も岡村猛監督就任3季目の2012年春季リーグ戦で優勝を果たし、25年ぶりに並んだ。早稲田大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    東京六大学野球連盟春のリーグ戦が開幕。早大が開幕戦の東大戦で昨年の夏の甲子園優勝投手の斎藤佑樹投手を先発させた。連盟事務局調べでは、1年生が春季リーグ開幕戦で先発するのは史上6度目で、1930年の東京帝大(現東大)・高橋一投手以来77年ぶり。試合は8?0で早大が勝利し、斎藤が大学1勝目を挙げた。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    史上2校目の夏3連覇が懸かった夏の甲子園では大会直前から体調を崩したが、チームは決勝に進出。早稲田実業との決勝戦では3回途中からリリーフ登板して延長15回まで1失点。しかし早実の斎藤佑樹も1失点で完投し、37年ぶりの決勝引き分け再試合となった。再試合でも1回途中からリリーフしたが、最後の打者として斎藤に三振で討ち取られ3-4で敗れた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 第88回全国高等学校野球選手権大会

    第88回全国高等学校野球選手権大会から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    第41号:斎藤佑樹(早稲田実)第88回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    28日 - 【NPB】プロ野球ドラフト会議が開催。早稲田大学の大石達也投手は横浜・楽天・広島・オリックス・阪神・西武の6球団が競合の末、西武が交渉権を獲得。また、斎藤佑樹投手はヤクルト・日本ハム・ロッテ・ソフトバンクの4球団が競合し、日本ハムが交渉権を獲得。同じく、早大の福井優也投手は大石の外れ1位で広島が交渉権を獲得。ちなみに、早大から3投手が1位指名されたが、同じチームから3投手が1位指名されたのはドラフト会議史上初。中央大学の澤村拓一投手は巨人の単独指名となった。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    投手:13石井裕也、16乾真大、17ブライアン・ウルフ、18斎藤佑樹、19増井浩俊、21武田久、25宮西尚生、29八木智哉、32根本朋久、33矢貫俊之、34吉川光夫、36中村勝、38武田勝、42木田優夫、47森内壽春、48谷元圭介、62ダスティン・モルケン、65多田野数人2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 齊藤悠葵

    齊藤悠葵から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2006年、ウエスタン・リーグで防御率2点台という安定した投球を評価され、高卒ルーキーながら1軍昇格を果たす。10月1日の対巨人22回戦で5回を被安打3・無四球無失点の好投で初勝利。これはドラフト制導入以降、球団初の高卒新人による初登板初先発初勝利で、史上4人目の「対巨人戦初登板初先発初勝利」でもある。同年の高校野球で活躍し、「ハンカチ王子」の愛称で呼ばれていた斎藤佑樹と名前の読みが同じだったことから、マスコミには「赤いハンカチ王子」と名づけられ、ヒーローインタビューでは赤いタオルで汗を拭くパフォーマンスをしてみせた。初勝利を挙げた巨人戦はナイターだったが、くしくも同日の昼間に行われた「のじぎく兵庫国体」の高校野球・硬式(公開競技)の2回戦で早実の「サイトウユウキ」斎藤佑樹も福知山成美高校を相手に完封勝利を収めた。齊藤悠葵 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    8月20日 - 第88回全国高等学校野球選手権大会の決勝戦で、早稲田実業と駒大苫小牧が対戦したが、延長15回でも決着がつかず決勝戦としては37年ぶりの引き分け再試合に。翌日の決勝再試合で早稲田実業が勝利し大会初優勝。斎藤佑樹(早実)と田中将大(駒大苫小牧)の両投手の対決が注目を集めた。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 東京六大学野球連盟

    東京六大学野球連盟から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2007年春季、人気の斎藤佑樹が早大に入学したことにより試合中継数が一気に増加。民放放送各局が連盟と放映権獲得を巡り交渉した末、日本テレビが獲得し六大学の試合中継を再開することとなった。BS日テレでは早稲田戦の10試合を、CS放送の日テレG+では全試合を中継し(なお9月24日、25日は神宮球場内でのテレビ中継をしたが、CS・BS・地上波では未放送に終わった)、地上波では斎藤佑樹が1年生開幕投手を務めた4月14日の東大?早稲田戦を中継した(1回表裏のみ)。また5月12日には2007年春季リーグの模様を中心に六大学野球の歴史を紹介した2時間の特別番組を放送した。ちなみにラジオ中継はニッポン放送が放送権を獲得。東京六大学野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    8月21日 - 第88回全国高等学校野球選手権大会第16日は決勝戦の再試合が行われ、早稲田実業が駒大苫小牧を4-3で下し出場27回目で初優勝。この2日間の決勝戦で早実の斎藤佑樹と駒大苫小牧の田中将大の投げ合いに大きな注目が集まった。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示