179件中 91 - 100件表示
  • 1988年のスポーツ

    1988年のスポーツから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    6月6日 - 斎藤佑樹(群馬県、野球)1988年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 須田幸太

    須田幸太から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    高校卒業後は早稲田大学に進学して野球部に所属。2年までは未勝利だったが、3年春にエースナンバーの背番号11を背負って斎藤佑樹と先発2本柱となり、3勝1敗を挙げ優勝に導いた。大学4年の春には最優秀防御率のタイトルを獲得している。大学通算成績は8勝3敗。大学の同級生にはバッテリーを組んだ細山田武史(元福岡ソフトバンクホークス)、松本啓二朗(横浜DeNAベイスターズ)、上本博紀(阪神タイガース)がいた。須田幸太 フレッシュアイペディアより)

  • 先発ローテーション

    先発ローテーションから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    高校野球はトーナメントのため、決勝が近づくと試合日程が過酷になるが、一番手投手と二番手以下の投手の力の差が大きいことや、ベンチ入りできる人数が少ないことなどから、1人から3人程度の投手で回すことが多い。そのため、しばしばエースの投げ過ぎが問題視されることがある。近年では、2006年度夏の甲子園で優勝した早稲田実業の斎藤佑樹が1回戦、2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝、決勝(延長15回引き分け)、決勝再試合の7試合・69回を全て1人で投げきった(正確には1度だけリリーフ投手と交代したが、その投手がひとつのアウトも取れず斎藤が再登板した)ことが話題となった。先発ローテーション フレッシュアイペディアより)

  • ハンカチ

    ハンカチから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    斎藤佑樹 - 早稲田実高校3年生時、甲子園球場で試合中マウンド上で折り畳んだハンカチで汗を拭う仕草をした事から、マスコミ各社が挙って「ハンカチ王子」と呼び集めた。ハンカチ フレッシュアイペディアより)

  • 福田秀平

    福田秀平から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    同学年の斎藤佑樹(日本ハム)とは高校時代からの友人でもあり、プロになってからも遠征先で会食をする仲である。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ノンフィクション

    ザ・ノンフィクションから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    ハンカチ世代 - 2006年夏の甲子園大会の優勝投手である斎藤佑樹と同学年の元高校球児たち。ザ・ノンフィクション フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のテレビ (日本)

    2010年のテレビ (日本)から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    3日 - NHK総合にて、東京六大学野球秋季リーグ優勝決定戦「早大×慶大」(明治神宮野球場)を中継、斎藤佑樹投手が先発した早大が優勝。16時から『全日本剣道選手権』の中継のため、デジタル放送ではサブチャンネルにて放送を継続したが、アナログ放送ではそのまま放送終了となり、NHKに対し苦情が殺到する形となった。2010年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    高校野球で活躍した斎藤佑樹の「ハンカチ王子」や男子プロゴルフで活躍した石川遼の「ハニカミ王子」をはじめとして、スポーツ界のみならず様々な分野で活躍する男性に対して「○○王子」という呼称が流行した。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ワンダーボーイ (音楽ユニット)

    ワンダーボーイ (音楽ユニット)から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    ワンダーボーイは日本の覆面音楽ユニットである。2006年夏の全国高校野球選手権大会で活躍した斎藤佑樹選手のためだけに結成。複数のスタジオ・ミュージシャンが参加している。ワンダーボーイ (音楽ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のテレビ (日本)

    2011年のテレビ (日本)から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    プロ野球パ・リーグ公式戦『日本ハム対ロッテ』戦(札幌ドーム)を北海道テレビ放送(HTB)が生中継。日本ハムの新人斎藤佑樹投手の初登板ということもあり注目度も高く、キー局・テレビ朝日でも急遽放送された。2011年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

179件中 91 - 100件表示

「斎藤佑樹」のニューストピックワード