179件中 11 - 20件表示
  • 宗佑磨

    宗佑磨から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    には、ウエスタン・リーグ公式戦の序盤から、主にクリーンアップで起用。3・4月度のファーム月間MVPを受賞した。さらに、通算で104試合に出場したことから、入団後初めて最終規定打席に到達。本塁打は1本にとどまったものの、34打点、8盗塁、リーグ6位の打率.279を記録した。一軍の公式戦でも、9月27日の対北海道日本ハムファイターズ戦(京セラドーム大阪)5回裏の打席で斎藤佑樹から一軍公式戦での初安打を放ったことを皮切りに、10試合の出場で1本の二塁打を含む5安打をマーク。しかし、走塁面では盗塁の成功までに至らず、3つの盗塁死を喫した。その一方で、レギュラーシーズンの終了後には、フェニックス・リーグの数試合で外野の守備を経験。秋季キャンプをはさんで、2年連続でAWBへの参加を予定していたが、キャンプ中に左肩を傷めたため参加を辞退した(代替選手はチームメイトの根本薫)。宗佑磨 フレッシュアイペディアより)

  • 東京六大学野球連盟

    東京六大学野球連盟から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2007年春季、前年夏の甲子園優勝投手で話題の斎藤佑樹が早大に入学したことにより試合中継数が一気に増加。民放放送各局が連盟と放映権獲得を巡り交渉した末、日本テレビが獲得し六大学の試合中継を再開することとなった。BS日テレでは早稲田戦の10試合を、CS放送の日テレG+では全試合を中継し(なお9月24日、25日は神宮球場内でのテレビ中継をしたが、CS・BS・地上波では未放送に終わった)、地上波では斎藤佑樹が1年生開幕投手を務めた4月14日の東大?早稲田戦を中継した(1回表裏のみ)。また5月12日には2007年春季リーグの模様を中心に六大学野球の歴史を紹介した2時間の特別番組を放送した。ちなみにラジオ中継はニッポン放送が放送権を獲得。東京六大学野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 東京六大学野球中継

    東京六大学野球中継から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2007年には前年夏の甲子園で優勝し、話題となった斎藤佑樹投手が早稲田大学野球部へ入部して注目されると民放も中継を再開。斎藤の初登板となった開幕戦はラジオ・ニッポン放送で生中継された(解説:関根潤三 法大OB)。また日本テレビは、地上波に加え、衛星放送の日テレG+・BS日テレやインターネットVODの第2日本テレビなど様々な形態で中継を行っていた。東京六大学野球中継 フレッシュアイペディアより)

  • 新保友映

    新保友映から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    その後、ハンカチ王子こと斎藤佑樹 やハニカミ王子こと石川遼の追っかけリポーターを務めた。また、東京ヤクルトスワローズのファンで、取材以外にも神宮球場へ足を運ぶ事もある。新保友映 フレッシュアイペディアより)

  • 熱闘甲子園

    熱闘甲子園から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    番組開始35周年に当たる2015年は、工藤が福岡ソフトバンクホークスの一軍監督へ就任したため、古田敦也を司会者に起用。前年から続投した山本とのコンビで、取材・進行を担当した。また、高校野球全国大会の開催が(前身である全国中等学校野球大会の第1回大会からの通算で)100年目に当たることを記念して、「高校野球100年 ことだま」という特集コーナーを編成。過去の大会を湧かせた著名な元・高校球児(松井や斎藤佑樹など)や監督経験者が事前収録で語った現在の球児へのメッセージを、連日放送している。熱闘甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 大野雄大

    大野雄大から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    高校では監督から「ちゃらんぽらんな人間」と言われ続けていたため、「野球人としても人間としても成長できる」と勧められた佛教大学に進学。1年春からベンチ入りし、秋の近畿大学戦では145km/hを記録。この頃から速球に自信を持ったという。真ん中に投げる練習を続けたことで球速が上がったと語っている。その結果四死球も減り、3年秋の京滋リーグでは44回で四死球2。単位を落としたため2年春から半年間は佛教大のルールにより練習や試合に出場できなかった。秋からは先発ローテーションに定着し、1年秋から4年春まで続く16連勝の活躍で3季連続でリーグMVPとベストナインを獲得する。4年時には6月の全日本大学野球選手権大会において初戦で強豪東北福祉大学を2安打完封し、大学No.1左腕として頭角を現す。京滋リーグでは通算で24試合に登板し18勝1敗の成績を残した。全国大会における活躍で斎藤佑樹、大石達也、澤村拓一とともに「大学球界BIG4」と称される。大野雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 野球

    野球から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    阪神甲子園球場で毎年8月に行われる全国高校野球選手権大会は夏の風物詩として定着しており、時に荒木大輔、松坂大輔、斎藤佑樹などの社会的関心を浴びるまでの高校球児が出現する事もある。野球 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    なお、優勝当日フジテレビジョンの新報道プレミアAでは、サンバイザーをつけている姿から「サンバイザー王子」と呼んでいたが、まったく定着しなかったため翌週から「ハニカミ王子」と呼んでいた。この愛称が定着した理由としては、すでに定着していた野球選手斎藤佑樹の愛称「ハンカチ王子」と響きが似ていたことも挙げられる。2007年の活躍などが評価され、「ハニカミ王子」が2007年の流行語大賞に選ばれる。しかし、父親は後に「遼は小学生の時から人前で目立ちたがっていた」とメディアで語っていた。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • タオルハンカチ

    タオルハンカチから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2006年、第88回全国高等学校野球選手権大会の優勝校早稲田実業のエース斎藤佑樹選手が青いタオルハンカチで汗を拭くことから、電子掲示板やマスコミにおいて「ハンカチ王子」と呼ばれ、青いハンカチが全国でブームになった。また日米高校親善野球に参加した愛媛県立今治西高等学校の宇高幸治選手が今治市の青いタオルハンカチを日本チームのメンバーに配ったことで今治のタオルメーカーに青いハンカチの注文が殺到し品切れや注文待ちのところまででるなど大きな効果を生んだ。タオルハンカチ フレッシュアイペディアより)

  • 佑ちゃん

    佑ちゃんから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    佑ちゃん フレッシュアイペディアより)

179件中 11 - 20件表示

「斎藤佑樹」のニューストピックワード