179件中 51 - 60件表示
  • 第61回国民体育大会

    第61回国民体育大会から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    高校硬式野球は阪神甲子園球場がプロ野球などの試合日程の都合から使用されず、また、各市町村の開催バランスを取って高砂市野球場で行われた。この年の夏の甲子園大会での活躍で人気となった早稲田実業の斎藤佑樹投手などの出場で、試合前から高砂市に問い合わせが殺到。早稲田実業の試合には連日観戦客の徹夜組も登場するなど試合前日から長蛇の列ができ、当日も観客が殺到し多くの警備員による厳戒態勢のもと異例の入場整理券が発行され入場制限が行われるなど国体史上稀にみる盛り上がりを見せた。さらに決勝戦は37年ぶり引き分け再試合となったこの年の甲子園大会決勝戦の再現となる早稲田実業対駒大苫小牧の試合となり、盛り上がりに拍車をかけた。結果は1対0で早稲田実業の勝利。第61回国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 岳野竜也

    岳野竜也から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    福岡大学に入学後、その素質をさらに開花させ、大学3年時の秋季リーグ戦では最優秀選手賞を獲得。九州の大学ナンバー1捕手という呼び声も高かった。のドラフト会議にて西武に5位で指名され仮契約した後に九州3連盟代表として出場した第39回明治神宮野球大会では、初戦で斎藤佑樹を擁する早稲田大学と対戦。敗れたものの5番キャッチャーで4打数2安打1打点と活躍した。岳野竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 高砂市野球場

    高砂市野球場から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2006年の国民体育大会・のじぎく兵庫国体で行われた高校野球・硬式(公開競技)では、同年の全国高等学校野球選手権大会で優勝投手となった早稲田実業学校高等部の斎藤佑樹、準優勝の駒澤大学附属苫小牧高等学校投手・田中将大らを一目見ようと、平日に行われた試合でも前日からの徹夜組が出るほどのフィーバーぶりを見せた。10月4日の決勝戦では甲子園を再現するかのように再びこの両校が対戦し、1?0で早実が勝利。夏の甲子園に続いて優勝を手にした。余談だが、この決勝戦は同日午後から朝日放送が、近畿圏ローカルでテレビ録画中継を行った。国体の高校野球が中継されるのは極めて異例のケースである。高砂市野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 上柳昌彦 ごごばん!

    上柳昌彦 ごごばん!から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    プロ野球・北海道日本ハムに新入団した斎藤佑樹投手の春季キャンプでの様子をサンケイスポーツプロ野球担当記者が中継で伝える。上柳昌彦 ごごばん! フレッシュアイペディアより)

  • コアックマ

    コアックマから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    12月9日 - 札幌ドームの日本ハムファイターズ斎藤佑樹入団会見にまんべくんとゲリラ※失敗コアックマ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹が開幕戦の対西武戦(札幌ドーム)で9対1でプロ入り初完投勝利。開幕戦での初完投勝利はプロ野球史上50年ぶり、パ・リーグでは62年ぶり2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 丸毛謙一

    丸毛謙一から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    大阪桐蔭高校では2年秋からベンチ入り。3年時に出場した夏の甲子園では、2回戦で斎藤佑樹を擁する早稲田実業に敗退した。丸毛謙一 フレッシュアイペディアより)

  • 塚田晃平

    塚田晃平から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    早稲田実業高時代は、2年時春の第78回選抜高等学校野球大会と、夏の第88回全国高等学校野球選手権大会に1学年先輩の斎藤佑樹の控え投手として甲子園に出場。春は関西高戦の引き分け再試合で先発を任され2回を無安打無失点に抑えた。夏は初戦の鶴崎工業高戦で大量得点差のついた9回裏にリリーフ登板するも制球が定まらず2者連続で四球を与え降板した。3年時の夏は、初登板となった西東京予選3回戦の堀越高戦で初回にライト場外への満塁本塁打を被弾し降板、チームも6-9で敗退した。塚田晃平 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年12月

    スポーツ 最近の出来事 2010年12月から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    (プロ野球)日本ハムにドラフト1位で指名された斎藤佑樹投手は、推定で契約金1億円+出来高払い5000万円、年俸1500万円で球団と仮契約した。背番号は18番に決まった。日刊スポーツスポーツ 最近の出来事 2010年12月 フレッシュアイペディアより)

  • 第88回全国高等学校野球選手権大会決勝

    第88回全国高等学校野球選手権大会決勝から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    第88回全国高等学校野球選手権大会の決勝は、1931年(昭和6年)から1933年(昭和8年)に中京商業学校が成し遂げた夏3連覇という記録を史上2校目、73年ぶりに達成しようとした田中将大擁する駒澤大学附属苫小牧高等学校と、投手の斎藤佑樹を中心に、(昭和55年)に荒木大輔らを擁して以来26年ぶりの決勝進出で、初優勝を狙う早稲田実業学校高等部との対戦であった。第88回全国高等学校野球選手権大会決勝 フレッシュアイペディアより)

179件中 51 - 60件表示

「斎藤佑樹」のニューストピックワード