165件中 51 - 60件表示
  • 岳野竜也

    岳野竜也から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    福岡大学に入学後、その素質をさらに開花させ、大学3年時の秋季リーグ戦では最優秀選手賞を獲得。九州の大学ナンバー1捕手という呼び声も高かった。2008年のドラフト会議にて西武に5位で指名され仮契約した後に九州3連盟代表として出場した第39回明治神宮野球大会では、初戦で斎藤佑樹(現日本ハム)を擁する早稲田大学と対戦。敗れたものの5番キャッチャーで4打数2安打1打点と活躍した。岳野竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾体育会野球部

    慶應義塾体育会野球部から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2000年秋季には早稲田との優勝を懸けた決戦を制して20世紀最後のリーグ覇者に就き、翌2001年秋季には喜多隆志が東京六大学のリーグ新記録となる打率.535をマークするなど、開幕から8連勝の破竹の快進撃で通算優勝回数を30回の大台に載せた。2004年秋季リーグ戦では鬼嶋一司監督のもと31回目のリーグ優勝を飾り、2007年には加藤幹典の好投で春・秋とも慶早戦に優勝を懸けるところまで来たが、いずれのシーズンも斎藤佑樹らを擁する早稲田にわずかに及ばなかった。慶應義塾体育会野球部 フレッシュアイペディアより)

  • まんべくん

    まんべくんから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    12月9日 - 札幌ドームゲリラwithコアックマ・アックマ ※失敗(日本ハムファイターズ斎藤佑樹入団会見)まんべくん フレッシュアイペディアより)

  • 2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    第88回全国高等学校野球選手権大会でハンカチ王子旋風を起こした早稲田実業の斎藤佑樹の動向が注目され、9月11日に異例の進学表明会見を行った。2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • コアックマ

    コアックマから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    12月9日 - 札幌ドームの日本ハムファイターズ斎藤佑樹入団会見にまんべくんとゲリラ※失敗コアックマ フレッシュアイペディアより)

  • アックマ

    アックマから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    12月9日 - 札幌ドームの日本ハムファイターズ斎藤佑樹入団会見にまんべくんと出没アックマ フレッシュアイペディアより)

  • 月刊ベースボールTV!

    月刊ベースボールTV!から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    月刊ベースボールTV!(げっかんベースボールてぃーびぃー!)は、日本テレビで2007年に放送されていたプロ野球情報番組。主に読売ジャイアンツや斎藤佑樹に関することが放送された。月刊ベースボールTV! フレッシュアイペディアより)

  • 會澤翼

    會澤翼から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本格的に捕手としての楽しさや奥深さを覚えたのは高校の頃だという。中里中学校では野球部員15人という少人数で活動。高校進学後、1年夏からベンチ入りし、秋には早くも正捕手となる。打線では先輩の春田剛と中軸を担った。高校3年春には、ハンカチ王子こと早実・斎藤佑樹投手と練習試合で対戦し、二塁打を含む2安打を放ったこともあった。高校通算35本塁打。會澤翼 フレッシュアイペディアより)

  • 榎下陽大

    榎下陽大から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    鹿児島工業高では3年夏の甲子園(・第88回選手権大会)に出場し、3回戦の香川西高戦で本塁打を打っている。準決勝で同大会の優勝校である早稲田実業高と対戦し、打線が同校のエース投手・斎藤佑樹に無得点に抑えられて敗れた。その試合では5回裏二死から登板し最後まで投げ切ったが、斎藤に適時二塁打を打たれている。榎下陽大 フレッシュアイペディアより)

  • 市川和正

    市川和正から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    引退後は、台湾球界への移籍も視野に入れていたが、ソニー生命に就職した。またプロ野球マスターズリーグにも参加し、東京ドリームスに参加した。市川の長男も東海大学野球部に所属し、公式戦で斎藤佑樹の最後の打者として対戦している。市川和正 フレッシュアイペディアより)

165件中 51 - 60件表示

「斎藤佑樹」のニューストピックワード