165件中 81 - 90件表示
  • 追っかけ

    追っかけから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    高校野球の夏の甲子園大会で活躍した選手の中に、アイドル的な人気が出た選手が多くの女性ファンから追っかけられることがしばしばあった。その選手がプロ入りした際、自主トレやキャンプが行われている場所にファンが押し寄せる様子が報道されている。これまでは太田幸司、定岡正二、原辰徳、荒木大輔、斎藤佑樹などが挙げられる。追っかけ フレッシュアイペディアより)

  • 転々

    転々から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    劇中、文哉(オダギリジョー)が使うハンカチは、ハンカチ王子が甲子園で使っていたハンカチと同じである。転々 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本啓

    岡本啓から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    言葉をよく噛む事から「噛み様」や、ハンカチ王子に因んで「カミカミ王子」という不名誉な愛称を付けられている。岡本啓 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本賢

    宮本賢から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    和泉実・早稲田実業学校高等部硬式野球部監督の手記によると、の選抜高校野球大会で打ち込まれた「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹(早大、当時同校硬式野球部・後にプロでチームメイトになる。)に当時の早大主将だった宮本が助言をし、これを受けて斎藤は膝を折り曲げて腰の位置を強制的に落とす投球フォームに改造した。これによって重心が安定してコントロールが良くなったことが夏の大会での優勝につながったという。宮本賢 フレッシュアイペディアより)

  • 須田幸太

    須田幸太から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    高校卒業後は早稲田大学に進学して野球部に所属。2年までは未勝利だったが、3年春にエースナンバーの背番号11を背負って斎藤佑樹と先発2本柱となり、3勝1敗を挙げ優勝に導いた。大学4年の春には最優秀防御率のタイトルを獲得している。大学通算成績は8勝3敗。大学の同級生にはバッテリーを組んだ細山田武史・松本啓二朗(いずれもDeNA)、上本博紀(阪神)がいる。須田幸太 フレッシュアイペディアより)

  • 松山竜平

    松山竜平から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    鹿児島県大崎町出身。小学3年生の時にソフトボールを始め、中学時代は硬式野球部に入部し、鹿屋中央高校では1年生からエースで4番だった。九州国際大に進学し、1年春から出場。6月の全日本大学野球選手権大会では、2回戦に早大の斎藤佑樹から二塁打を放ち注目された。4年間で首位打者2回、本塁打王1回、打点王3回に輝き、通算安打は122本で、九州六大学リーグの新記録を作る。大学通算打率.412、通算三振数は18(1試合平均0.24個)。2007年11月19日のプロ野球大学生・社会人ドラフト会議で広島東洋カープに4巡目で指名された。同年11月26日に契約金5000万円、年俸1000万円(推定)で仮契約。松山竜平 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲谷修也

    鷲谷修也から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    1年夏までは「落ちこぼれ組」だったが、香田誉士史監督のアドバイスで打撃が向上し秋の明治神宮野球大会で初めてベンチ入りする。2005年の第87回全国高等学校野球選手権大会に出場、優勝メンバーとなる。翌2006年春には不振となり一時ベンチ入りメンバーからも外れたが、夏の南北海道大会では2打席連続本塁打、第88回全国高等学校野球選手権大会にはレギュラーとして出場し3回戦の青森山田戦でも本塁打を放つ。早稲田実業と対戦した決勝と再試合では斎藤佑樹に対し6打数0安打3三振。再試合の途中で代打を送られたこともあって自信をなくし、卒業後は野球から離れることにした。鷲谷修也 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本 勉

    岩本勉から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    岩本が引退した後の2年間、背番号18は欠番となっていたが、2008年・2009年はヤクルトから移籍してきた藤井秀悟がつけ、2010年は再び欠番となっていたが、2011年からは斎藤佑樹がつけている。岩本勉 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    4年生となった、應武監督もコーチ陣に加わった第4回世界大学野球選手権日本代表には早大から上本、細山田の他、2年後輩の斎藤佑樹と共に選出される。主に3番打者として起用され、予選リーグ6試合では2本塁打を放つ活躍で決勝トーナメント進出に貢献した。アメリカとの決勝戦では、延長12回表1死1・2塁のピンチで右前打を許した日本チームだったが、ライト松本からの本塁へのダイレクト返球で補殺を成立させた。試合はこの直後に1点を先制され0-1で惜敗。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • タイガース&ファイターズキャンプTV

    タイガース&ファイターズキャンプTVから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2011年度はそれぞれキャンプフラッシュとインタビュー「全力トーク」に加え、タイガースは亀山の解説が付く亀山目線のコーナー、ファイターズは斎藤佑樹を追いかける「斎佑記」がある。また、クールの休日ごとに、それまでのクールを再放送している。日本ハムに限り、練習試合、オープン戦を不定期で放送している。(タイガースはsky・A sports+が生放送の中継権を持っている。)タイガース&ファイターズキャンプTV フレッシュアイペディアより)

165件中 81 - 90件表示

「斎藤佑樹」のニューストピックワード