196件中 71 - 80件表示
  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た関西高等学校

    、春の甲子園大会(第78回選抜大会)に出場。2回戦で関西高校を引き分け再試合の末勝利を収めるも、準々決勝で横浜高校に敗退。同年夏(3年時)の西東京大会では、決勝で三たび日本大学第三高校と対戦。延長戦の末サヨナラ勝ちを収め、夏の甲子園大会出場を決めた。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見たサンデーモーニング

    打者に応じてタイミングを微妙に変える投球術に長けると評され、野球解説者の大沢啓二からは『サンデーモーニング』(TBSテレビ)にて「球威そのものはあまりないが、頭がよく駆け引きがうまい」と評され、メジャーリーグを代表する左腕投手のヨハン・サンタナは斎藤の投球を見て「打者へのアプローチが違う。すごい!いつの日かこっちでプレーするのを見たい」と語った。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た名護市

    2011年、1月11日、千葉県鎌ケ谷市の合宿所『勇翔寮』に入寮する際、約500人のファンや報道陣が集まり、その様子がワイドショーで生中継された。ファイターズスタジアムでの自主トレの期間はスタジアムに連日約2,000人ものファンが押し寄せ、史上初めて観客席が開放された。さらに1月16日に行われた『新入団選手歓迎式典・交流会』ではスタジアム史上最高の約11,000人(前年は512人)のファンが集まり、上空には取材ヘリが8機飛ぶ中、入団記念グッズ(Tシャツ・フェイスタオル・ストラップ)が発売され販売開始約1時間で完売。球場のある鎌ケ谷市には大きな経済効果がもたらされ、テレビ報道による同市のPRとしては約160億円の広告効果があった。2月1日から沖縄県名護市で行われた春季キャンプにも、那覇空港に1,000人以上が出迎え、キャンプ初日には400人以上の報道陣が集まり、その一挙手一投足が連日マスコミで報道された。このキャンプ期間中に名護市のキャンプ地を訪れた観客数は計27,150人と、前年の11,550人の2倍以上になった。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見たカレンダー

    この春季リーグ戦の早稲田大学戦に訪れた観客の総数は11試合で約22万8000人、1試合平均2万727人集まり、前年度に比べ3倍近くに膨れあがった。2008年から史上初めて東京六大学野球のカレンダーとベースボールカードが発売されることとなった。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た釣り

    趣味は釣り。実家に帰った時には渓流釣りを楽しむ。好きな武将は織田信長。父親の所属や出身地もあってスバルの車を「ベンツよりポルシェより、いつかスバル車に乗りたい」というほど愛好している。愛車はスバル・レガシィアウトバックとスバル・BRZ。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た百貨店

    2006年、夏の甲子園大会で早稲田実業が勝ち進むにつれて、斎藤が試合中にマウンド上で丁寧にたたんだ青いハンカチで顔の汗を拭く姿が話題となり、「ハンカチ王子」と呼ばれるようになる。インターネット発祥と言われたこの愛称はその人気とともにマスコミによって一気に広まった。世間ではこの青いハンカチに対する関心が高まり、早稲田実業にはこのハンカチに関する問い合わせが殺到、Yahoo!オークションでは定価400円の同じ種類のハンカチに対し、一時的に1万円を超える値がついた。百貨店ではハンカチの売り上げが急増し、ジャスダックに上場するハンカチメーカー・川辺の株が値上がりした。後にそのハンカチはニシオ株式会社が製造・販売していた『GIUSEPPE FRASSON(ジョゼッペ・フラッソン)』というブランドのものだと判明したが、その時はすでに販売が終了していたため、その後ニシオはサンリオとタイアップし『幸せの青いハンカチ』と銘打ってハローキティの顔をあしらった青いハンカチを販売し約65万枚、約3億円を売り上げた。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た群馬県立前橋工業高等学校

    家族は父・母・兄・祖母がいる。父はかつて群馬県立前橋工業高校や富士重工業硬式野球部に所属し、野球の練習に厳しかったという。3歳違いの兄は群馬県立桐生高校の一番打者として県大会ベスト4に進出している。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た徳島県立徳島商業高等学校

    同年夏の甲子園(第88回選手権大会)では、2回戦の大阪桐蔭高校戦で、後にプロ野球でチームメイトとなる中田翔と対戦。4打数無安打3三振に封じている。同大会で早実は26年ぶりに決勝戦に進出(荒木大輔を擁した1980年以来)。8月20日の決勝戦では、夏の甲子園大会で3連覇を目指す駒大苫小牧高校のエースに成長した田中との投手戦になり、延長15回でも決着がつかず、1969年夏(第51回選手権大会)の松山商業高校対三沢高校戦以来37年振りの決勝引き分け再試合となった(→第51回全国高等学校野球選手権大会決勝)。翌日の再試合でも斎藤は自ら先発を志願し4連投、最後は田中を三振に打ち取って13奪三振で接戦を制し、早実を初の夏の甲子園大会優勝に導いた。この大会の全試合で先発し、2回戦から決勝再試合までただ1人で投げ抜き、田中との投げ合いは甲子園大会の歴史に残るものとなった。この大会での投球回69、投球数948はどちらも一大会における記録としては史上1位。一大会における奪三振78は、1958年の板東英二(徳島商業高校)の83個に次いで歴代2位となった。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た福岡ソフトバンクホークス

    10月28日に開催されたプロ野球ドラフト会議にて、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。同会議では早稲田大学の同期生である大石達也と福井優也も、それぞれ埼玉西武ライオンズと広島東洋カープに1位で指名され(大石は広島を含む他5球団との競合)、プロ野球ドラフト会議において同一大学の投手3人が1位指名を受けたのは同会議史上初、ポジションに関わらず3人が1位指名されたのは、の青山学院大学(井口忠仁、澤崎俊和、清水将海)以来となった。10月30日から早慶戦を控えていたため当日には記者会見は行われず、早慶優勝決定戦翌日の11月4日に大石、福井とともに会見が開かれ、プロ入りへの意気込みを語った。12月6日に日本ハムとの初交渉に臨み、新人としては最高評価の年俸1500万円、契約金1億円、出来高5000万円(金額は推定)で仮契約した。12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われた。会見には監督の梨田昌孝と球団社長の藤井純一が同席し、背番号「18」のユニフォーム姿をお披露目した。その後、梨田が捕手となりマウンドでプロ第一球を披露し、トークショー、サインボール投げ入れなどのセレモニーが行われた。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た早稲田大学系属早稲田実業学校初等部・中等部・高等部

    、推薦入試で早稲田実業学校高等部に進学。実家を離れ、東京で兄と二人暮しを始める。野球部では和泉実監督の指導を受け、1年からベンチ入り。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

196件中 71 - 80件表示