斎藤次郎 ニュース&Wiki etc.

斎藤 次郎(さいとう じろう 、1936年1月15日 - )は日本郵政前代表執行役社長。日本の元大蔵官僚、大蔵事務次官、東京金融取引所社長を歴任。本名・川上次郎(かわかみ じろう)(旧姓・斎藤) (出典:Wikipedia)

「斎藤次郎」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「斎藤次郎」のつながり調べ

  • 松下康雄

    松下康雄から見た斎藤次郎

    神戸一中、旧制一高を経て、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に入省。大蔵省では、主計・主税・銀行畑を満遍なくこなし、順調に出世の階段を上り詰めて行った。1982年には大蔵事務次官に就任。「大物事務次官」の条件とされる、2年間の任期を全うする。退官後は、日本開発銀行・日本輸出入銀行への天下りという「ロイヤル・ロード」を歩まず、民間の太陽神戸銀行に進み、1987年には同行頭取に就任。在任中の1990年に三井銀行との合併(さくら銀行誕生)をやってのけ、世間を驚かせた。その後、三重野康日本銀行総裁の後継者レースの候補として名前が浮上し、大蔵事務次官経験者の吉野良彦・山口光秀・平澤貞昭を制して第27代同行総裁に就任。この時、斎藤次郎ら大蔵省現役幹部の意中の人は吉野であったが、吉野が総裁就任を固辞した為、松下にお鉢が回ってきたと言われている。(松下康雄 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た斎藤次郎

    1994年(平成6年)、小沢と大蔵事務次官の斎藤次郎が中心となり、消費税を廃止し7%の福祉目的税を創設するという「国民福祉税」構想を決定した。2月3日未明、細川は突如、「国民福祉税」構想を発表し、世論の激しい反発を受けた。また、社会・さきがけ・民社各党の批判に合い、翌日、細川は「国民福祉税」構想を白紙撤回するに至った。内閣官房長官の武村は、公然と「国民福祉税構想は事前に聞いていない」と発言、小沢との対立はますます先鋭化した。武村か小沢かの選択を迫られた細川は小沢に軍配を上げ、武村外しを目的とした内閣改造を目論むも頓挫、政権の主導権を奪われた武村や武村率いるさきがけは与党内で孤立し、武村と細川の仲も急速に冷却する。一連の動きに嫌気がさした細川は、突然辞意を表明した。(小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

「斎藤次郎」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「斎藤次郎」のニューストピックワード