前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た斎藤次郎斎藤次郎

    1994年(平成6年)、小沢と大蔵事務次官の斎藤次郎が中心となり、消費税を廃止し7%の福祉目的税を創設するという「国民福祉税」構想を決定した。2月3日未明、細川は突如、「国民福祉税」構想を発表し、世論の激しい反発を受けた。また、社会・さきがけ・民社各党の批判に合い、翌日、細川は「国民福祉税」構想を白紙撤回するに至った。内閣官房長官の武村は、公然と「国民福祉税構想は事前に聞いていない」と発言、小沢との対立はますます先鋭化した。武村か小沢かの選択を迫られた細川は小沢に軍配を上げ、武村外しを目的とした内閣改造を目論むも頓挫、政権の主導権を奪われた武村や武村率いるさきがけは与党内で孤立し、武村と細川の仲も急速に冷却する。一連の動きに嫌気がさした細川は突然辞意を表明した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本保孝

    宮本保孝から見た斎藤次郎斎藤次郎

    上野寛永寺輪王殿で行われた告別式には、三重野康(元日本銀行総裁)、武藤敏郎(日銀副総裁)、岩田一政(日銀副総裁)、小村武(日本政策投資銀行総裁)、斎藤次郎(東京金融先物取引所理事長)、薄井信明(国民金融公庫総裁)、前田晃伸(全国銀行協会会長)、鏡味徳房(第二地銀協会長)、五味廣文(金融庁長官)らが参列、弔辞は長野幸彦(信金中金会長・全信協会長)、大前孝治東信協会長、大場智満(国際金融情報センター理事)が読んだ。()内は当時の役職。宮本保孝 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤正久

    内藤正久から見た斎藤次郎斎藤次郎

    産業政策局長在任中の1993年、細川内閣が誕生するも、棚橋祐治次官時代から引き続いて情報・通信など次世代産業振興の目玉として「新社会資本整備」の新ビジョンを打ち出す。熊野英昭事務次官の下、消費税増税案の斎藤次郎大蔵次官ら大蔵省と共に、減税をセットとした協調案で共闘することとなる。このように当時の通産省は、大蔵省に属する財政、経企庁の経済計画の総合調整的立場をセットにしたマクロ政策視点からの行動が目立っていた。産業政策の担保として個別の業界間や業界政界間、官民間との「もちつ、もたれつ」の濃密な人的信頼関係と共に、通産省の役割としては本来的に産業構造論にあることから、1970年代の産業構造ビジョンで示した重化学工業化や知識集約化といった一律の産業政策はもはや時代にそぐわないとしても、産業区分を大きく分けた上で各各についてどういう制度基盤整備が可能かがその政策定立の背景にあった。内藤正久 フレッシュアイペディアより)

  • 小村武

    小村武から見た斎藤次郎斎藤次郎

    東京大学法学部卒業後の1963年、大蔵省入省。入省同期に、中平幸典、西村吉正、山口厚夫(国税庁直税部長、農漁公庫理事)、佐藤孝志(高岡市長)、谷口孝(内閣審議官、ナショナル証券専務)、金子義昭など。経済企画庁長官官房長を経て、斎藤次郎次官の下で大蔵省大臣官房長を務めたように主計局主流の「斎藤組」の筆頭とされ、のち主計局長を経て、1997年(平成9年)7月、大蔵事務次官に就任。小村武 フレッシュアイペディアより)

  • 西村吉正

    西村吉正から見た斎藤次郎斎藤次郎

    この時、保田博と共に二年間経企庁に留め置かれたことから、のちに保田が事務次官退官時に後任の斎藤次郎新次官に西村の銀行局長への就任を託したとされている。西村吉正 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野良彦

    吉野良彦から見た斎藤次郎斎藤次郎

    大蔵省にあっては財政再建強硬派として有名であり、1994年、日本銀行総裁候補に大蔵事務次官・斎藤次郎のラインで推されたが、自ら固辞したこともあり、松下康雄にお鉢が回った。吉野良彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見た斎藤次郎斎藤次郎

    10月21日 -日本郵政の次期社長に 斎藤次郎東京金融取引所理事長(元大蔵事務次官)を内定。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉明

    米倉明から見た斎藤次郎斎藤次郎

    1959年に東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省し主税局で勤務する。大蔵省での同期に斎藤次郎、土田正顕らがいる。米倉明 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡實

    長岡實から見た斎藤次郎斎藤次郎

    1998年(平成10年)に巨人ファンということもあり、渡邉恒雄のバックアップも受けながらプロ野球セントラル・リーグ会長に内定しながら、当時1995年頃の大蔵スキャンダルの風潮もあったのか就任しなかった。さらにこの件は、府立一中の後輩で、その後同じく大蔵事務次官まで上り詰めた吉野良彦が日本銀行総裁就任を固辞したことと併せて、よく引き合いに出されもしたが、当時の斎藤次郎大蔵事務次官ら現役組が吉野、山口光秀、平澤貞昭らを推挙していたのに対して、長岡は当初から自身の次官時代に官房長を勤めた松下康雄を推挙していた。長岡實 フレッシュアイペディアより)

  • 土田正顕

    土田正顕から見た斎藤次郎斎藤次郎

    学習院初等科、学習院中等科、都立小石川高校を経て、1959年東京大学法学部卒業、大蔵省に入省。同期には斎藤次郎(日本郵政2代目社長、元大蔵事務次官)、公文宏(国土事務次官、内閣内政審議室長)等。土田正顕 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「斎藤次郎」のニューストピックワード