33件中 11 - 20件表示
  • 内藤正久

    内藤正久から見た斎藤次郎斎藤次郎

    産業政策局長在任中の1993年、細川内閣が誕生するも、棚橋祐治次官時代から引き続いて情報・通信など次世代産業振興の目玉として「新社会資本整備」の新ビジョンを打ち出す。熊野英昭事務次官の下、消費税増税案の斎藤次郎大蔵次官ら大蔵省と共に、減税をセットとした協調案で共闘することとなる。このように当時の通産省は、大蔵省に属する財政、経企庁の経済計画の総合調整的立場をセットにしたマクロ政策視点からの行動が目立っていた。産業政策の担保として個別の業界間や業界政界間、官民間との「もちつ、もたれつ」の濃密な人的信頼関係と共に、通産省の役割としては本来的に産業構造論にあることから、1970年代の産業構造ビジョンで示した重化学工業化や知識集約化といった一律の産業政策はもはや時代にそぐわないとしても、産業区分を大きく分けた上で各各についてどういう制度基盤整備が可能かがその政策定立の背景にあった。内藤正久 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡實

    長岡實から見た斎藤次郎斎藤次郎

    1998年(平成10年)に巨人ファンということもあり、渡邉恒雄のバックアップも受けながらプロ野球セントラル・リーグ会長に内定しながら、当時1995年頃の大蔵スキャンダルの風潮もあったのか就任しなかった。さらにこの件は、府立一中の後輩で、その後同じく大蔵事務次官まで上り詰めた吉野良彦が日本銀行総裁就任を固辞したことと併せて、よく引き合いに出されもしたが、当時の斎藤次郎大蔵事務次官ら現役組が吉野、山口光秀、平澤貞昭らを推挙していたのに対して、長岡は当初から自身の次官時代に官房長を勤めた松下康雄を推挙していた。長岡實 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た斎藤次郎斎藤次郎

    日本郵政の新社長に斎藤次郎元大蔵次官を起用することを決定。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永みち子

    吉永みち子から見た斎藤次郎斎藤次郎

    『こうすれば学校を救える』保坂展人,斎藤次郎共著 風媒社ブックレット 2000吉永みち子 フレッシュアイペディアより)

  • 山口光秀

    山口光秀から見た斎藤次郎斎藤次郎

    のちの斎藤次郎次官時代に吉野良彦、平澤貞昭らの次官経験者らと共に日銀総裁候補となり、英会話の勉強も始めていたが、結局は松下康雄に収まった。現職時代から花柳界でも浮名を流すなどダンディで知られており、総裁人事の時期に週刊誌にリークされたのが致命傷となった。山口光秀 フレッシュアイペディアより)

  • 保田博

    保田博から見た斎藤次郎斎藤次郎

    これらの問題では、最終的に監督責任を取って橋本龍太郎蔵相、保田、松野允彦証券局長らが減給、訓告処分を受け、他に中平幸典証券局担当審議官、堀田隆夫証券局業務課長らも訓告処分を受けるなど、官界では異例の自らの行政の誤謬を認めた形となった。また橋本蔵相辞任の際、自らも辞意を表明したが慰留された。ただしこれらの一連の処分は、斎藤次郎主計局長、濱本英輔主税局長らを留任させ、小村武は経企庁官房長に栄転、涌井洋治は筆頭主計局次長に、中平幸典も国際金融局次長からミュンヘン・サミット後に局長に昇格させる一方、銀行局・証券局の主要人事は総入替したが、当時総務審議官から小川是を証券局長に起用するなど、省内“人材銀行”としての主計局出身者を中心とする人事には手をつけず、さらに戦力低下を招かぬよう実質的に巧妙に各局人事を強化したものだったといわれた。保田博 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た斎藤次郎斎藤次郎

    2009年10月20日、鳩山内閣は郵政民営化の見直しを閣議決定し、これにともない、亀井静香金融・郵政改革担当大臣の主導により日本郵政経営陣の刷新が行われ、同月28日に東京金融取引所社長の斎藤次郎が日本郵政の新社長へ就任した。この人事に関し、民主党は野党時代の2009年の衆議院選挙の公約で「天下りの全廃」を掲げ、日本銀行総裁などの国会同意人事に関し政府が提示した候補に対して「元官僚」という理由で反対していた経緯があり、元大蔵事務次官である斎藤の就任について党の元来の主張との整合性が問題とされた。また、斎藤が次官退任後に、大蔵省(現財務省)の外郭団体である研究情報基金理事長、国際金融情報センター顧問、東京金融先物取引所(現東京金融取引所)理事長などを歴任していることを挙げて、この人事はいわゆる「渡り」に該当すると批判する声がある。なお、斎藤の社長就任と同時に、副社長4名中2名に官僚OBが就任している。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 天下り

    天下りから見た斎藤次郎斎藤次郎

    2009年に民主党政権は官僚OBの独立行政法人への再就職について9月末に原則禁止を決定した。その一方で、2009年10月に民主党政権は元大蔵次官斎藤次郎を日本郵政社長にする内定人事や2009年11月に人事官に元厚生労働次官の江利川毅を起用したことなどが、「天下り原則禁止に反する」と批判された。民主党政権は「府省庁が退職後の職員を企業、団体などに再就職させること」が天下りであると定義をし、「我々の場合は政治家である大臣による選任であり、天下りに該当しない」と述べ、「元次官の起用が天下りではない」と主張した。しかし、大臣の斡旋は府省庁の斡旋になるので政府見解では法律論は成り立たないという批判や、天下った官僚OBが他の官僚OBを呼び寄せた場合は天下りに該当しないことになるのかという疑問、そして福田康夫元首相が元官僚3人を労働保険審査会や運輸審議会と公害健康被害補償不服審査会の各委員3人に選任した際、2007年11月14日に国会同意人事で天下りを理由に民主党など当時の野党が反対して不同意としたことについて「整合性がない」と指摘された。天下り フレッシュアイペディアより)

  • 土田正顕

    土田正顕から見た斎藤次郎斎藤次郎

    学習院初等科、学習院中等科、都立小石川高校を経て、1959年東京大学法学部卒業、大蔵省に入省。同期には斎藤次郎(日本郵政2代目社長、元大蔵事務次官)、公文宏(国土事務次官、内閣内政審議室長)等。土田正顕 フレッシュアイペディアより)

  • 小村武

    小村武から見た斎藤次郎斎藤次郎

    東京大学法学部卒業後の1963年、大蔵省入省。入省同期に、中平幸典、西村吉正、山口厚生(国税庁直税部長、農漁公庫理事)、佐藤孝志(高岡市長)、谷口孝(内閣審議官、ナショナル証券専務)、金子義昭など。経済企画庁長官官房長を経て、斎藤次郎次官の下で大蔵省大臣官房長を務めたように主計局主流の「斎藤組」の筆頭とされ、のち主計局長を経て、1997年(平成9年)7月、大蔵事務次官に就任。小村武 フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「斎藤次郎」のニューストピックワード