35件中 11 - 20件表示
  • 森毅

    森毅から見た斎藤次郎斎藤次郎

    元気が出る教育の話 学校・世の中・自分 斎藤次郎対談 中公新書 1982森毅 フレッシュアイペディアより)

  • 篠沢恭助

    篠沢恭助から見た斎藤次郎斎藤次郎

    理財局長、大臣官房長、主計局長を経て、1995年(平成7年)大蔵事務次官に就任。斎藤次郎が任期を2ヶ月残して辞任した後を受けて次官に就任したが、中島義雄・田谷廣明ら主計局幹部による過剰接待問題や、大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件における銀行局(西村吉正局長)と国際金融局(榊原英資局長)の米国側への通報が遅れた事で問題とされた件、住専国会を経て住専への公的資金投入など、これら一連の「大蔵スキャンダル」でマスコミや政界、国民などの大きな反発を受けていたため、歴代大蔵次官では最短となる在任7ヶ月での辞任となった(但し、のちに小村武が次官在任6ヶ月で辞任した)。篠沢恭助 フレッシュアイペディアより)

  • 大連立構想 (日本 2007)

    大連立構想 (日本 2007)から見た斎藤次郎斎藤次郎

    その後、大連立騒動の舞台裏が徐々に明らかになってきた。テレビ朝日など複数のメディアの報道によれば、渡邉以外に元大蔵事務次官の斎藤次郎が騒動に関与していた。また『FACTA』は、今回の大連立の目的は消費税増税であり、増税が行われたあかつきには新聞に関しては消費税増税の対象から外すなどの見返りがあったとしている。大連立構想 (日本 2007) フレッシュアイペディアより)

  • 山口光秀

    山口光秀から見た斎藤次郎斎藤次郎

    のちの斎藤次郎次官時代に吉野良彦、平澤貞昭らの次官経験者らと共に日銀総裁候補となり、英会話の勉強も始めていたが、結局は松下康雄に収まった。現職時代から花柳界でも浮名を流すなどダンディで知られていた。山口光秀 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚耕平

    大塚耕平から見た斎藤次郎斎藤次郎

    郵政改革に関連して、斎藤次郎元大蔵次官を日本郵政社長に起用する人事について「どの企業グループとも関係ない人が、この局面を担うのが適切。ベストとは言わないがベターな選択だ」と述べ、民主党の掲げる「天下り根絶」に反するという批判に「外形上は反する形になった。国民にしっかり説明しないといけない」と述べた。郵政改革法案の策定に際して、与党政策会議等のプロセスを丁寧に進めたことが、与党議員や全特、JP等の関係者の信頼を高めた。法案の内容については、竹中平蔵元総務大臣等とテレビ討論で論争を演じた。大塚耕平 フレッシュアイペディアより)

  • 松下康雄

    松下康雄から見た斎藤次郎斎藤次郎

    神戸一中、旧制一高を経て、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に入省。大蔵省では、主計・主税・銀行畑を満遍なくこなし、順調に出世の階段を上り詰めて行った。1982年には大蔵事務次官に就任。「大物事務次官」の条件とされる、2年間の任期を全うする。退官後は、日本開発銀行・日本輸出入銀行への天下りという「ロイヤル・ロード」を歩まず、民間の太陽神戸銀行に進み、1987年には同行頭取に就任。在任中に三井銀行との合併(太陽神戸三井銀行誕生)をやってのけ、世間を驚かせた。その後、三重野康日本銀行総裁の後継者レースの候補として名前が浮上し、大蔵事務次官経験者の吉野良彦・山口光秀・平澤貞昭を制して第27代同行総裁に就任。この時、斎藤次郎ら大蔵省現役幹部の意中の人は吉野であったが、吉野が総裁就任を固辞した為、松下にお鉢が回ってきたと言われている。松下康雄 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た斎藤次郎斎藤次郎

    日本郵政の新社長に斎藤次郎元大蔵次官を起用することを決定。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た斎藤次郎斎藤次郎

    2009年10月20日、鳩山内閣は郵政民営化の見直しを閣議決定し、これにともない、亀井静香郵政改革担当大臣の主導により日本郵政経営陣の刷新が行われ、同月28日に東京金融取引所社長の斎藤次郎が日本郵政の新社長へ就任した。この人事に関し、民主党は野党時代の2009年の衆議院選挙の公約で「天下りの全廃」を掲げ、日本銀行総裁などの国会同意人事に関し政府が提示した候補に対して「元官僚」という理由で反対していた経緯があり、元大蔵事務次官である斎藤の就任について党の元来の主張との整合性が問題とされた。また、斎藤が次官退任後に、大蔵省(現財務省)の外郭団体である研究情報基金理事長、国際金融情報センター顧問、東京金融先物取引所(現東京金融取引所)理事長などを歴任していることを挙げて、この人事はいわゆる「渡り」に該当すると批判する声がある。なお、斎藤の社長就任と同時に、副社長4名中2名に官僚OBが就任している。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 小川是

    小川是から見た斎藤次郎斎藤次郎

    篠沢恭助の任期途中での辞任(篠沢の7ヶ月という任期は、戦後次官では最短だったが、小川の次の小村武が6ヶ月で更新した)を受けて、大蔵事務次官に就任。小川の次官就任には、自社さ政権下、斎藤次郎らを筆頭とする大蔵省主計局組の独走を危惧していた加藤紘一自民党幹事長らが合理的で緻密な小川を推したことも大きかったと言われる。また次官在任中の1997年4月から、薄井信明主税局長の下で消費税が3%→5%に引上げられる。インヴォイス方式は見送られる。小川是 フレッシュアイペディアより)

  • 薄井信明

    薄井信明から見た斎藤次郎斎藤次郎

    キャリアの多くにおいて税制畑を歩み、竹下内閣時代の1986年に主税局税制第二課長として消費税導入に尽力したことから、同期では竹島と並んで次官レースの先頭に立った。国税庁長官を経て次官に就任。時に斎藤次郎ら「主計人脈」の凋落が云われていた。東大法学部以外の出身で大蔵事務次官に就任したのは池田勇人以来。また、経済学部出身の大蔵(財務)事務次官は山際正道以来である。政策研究大学院大学教授、2003年国民生活金融公庫総裁を経て、2008年より株式会社日本総合研究所理事長、現在は退任している。薄井信明 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「斎藤次郎」のニューストピックワード